【1419】タマホーム!文春が反ワクチンを報道し急落!?

ごきげんよう。株王獅子丸だ。

個人投資家の兄弟達よ。調子はどうだ?

それにしても、最近はまた厳しい相場環境が続いているな。

日経平均は今日で5日続落とともに下げ幅は計1,328円となり、本日は直近安値を割り込み一段安が危惧される場面だ。

よりによって、記念すべき東京オリンピック開催を目前にして下落続きとは不運な話である。

いや、むしろ東京オリンピック開催による4連休を前にポジション整理の売りが出ているのだろうか。

いずれにせよ、目先は一旦の自律反発は見込めるかもしれないが、大筋では下落基調と読めるため注意した方が良いかもしれない。

さて、「厳しい」といえば、最近はタマホーム(1419)が何かと話題である。

【1419】タマホーム

タマホームといえば、今月12日(月)の引け後に発表の決算や中期経営計画が好感され、翌日から株価を急騰させている。

これだけなら業績良好な「良い話」として終わるのだが、残念ながら話題の中心は別にある。

それは、会社主導で半ワクチンの考えを従業員に押しつけているといった話だ。

事の発端となったのは、数々のツイートだろうか。

話をまとめると、タマホームの社長が社員に対し「ワクチンを打ったら解雇または無期限の無給在宅処分」を言い渡している模様。

これが話題となったことで、タマホームは先週15日(木)に「インターネット上における当社の新型コロナワクチン対応に関する誤った書き込みについて」を発表している。

その内容は噂を否定しつつ「新型コロナワクチンの接種につきましては、個人の判断に委ねております」としている。

仮に噂が事実であっても会社側が認めることは出来ないだろうから、これは予想通りの内容だろう。

正直、俺もこんなのは悪質なイタズラかデマの類と思っていたため、この発表時にはタマホームに同情していたのだが、どうやら完全なデマとは言いきれなくなってきた。

というのも、あの文春が本日、この一件を報じているのだ。

「接種したら無期限の自宅待機」タマホーム社長が社員に“ワクチン禁止令”

文春によると、6月初旬、玉木社長は幹部らが参加するオンライン会議で「世の中がなんと言おうとも、ワクチン接種に反対です!」と宣言。

さらには「5Gがコロナ感染を引き寄せる」など理解し難い発言まで飛び出すなど、なかなか香ばしい会議内容だったようだ。

また、7月6日付の社内資料には「感染拡大防止対策に関する社内ルールに違反した場合、自宅待機を命じる」「自宅待機期間中は欠勤(無給)扱いとする」など、正にツイッターで書かれている通りの内容が記載されていたようだ。

こうした報道が確認された影響か、本日タマホームの株価は値を下げる展開に。

ちなみに、PTSを見ても寄り付きから売り優勢の展開であり、3,000円割れどころか2,900円も割り込んでいる。

もちろん、ここ最近の強い反応を振り返れば、そろそろ利益確定売りによって押されても不思議はないのだが、このタイミングで下落となるとやはり悪材料視されていると見た方が自然かもしれない。

ちなみに、本日16時配信の「週刊文春 電子版」および7月21日(水)発売の「週刊文春」にて、さらに詳細な証言や玉木社長の人柄など報じているようだ。

気になる人はチェックしてみてほしい。

【初心者必見】1ヶ月で20~30万円儲けたい!

仕手株や怪しい噂よりも、堅実に儲けたいという人も多いのではないだろうか。

「ギャンブルもいいけど、もっと着実に取り組んで儲けたい」そんな人に試してほしい投資顧問がある。

それは「グラーツ投資顧問」だ。

グラーツ投資顧問は「ゲッツ!」のギャグでお馴染みの「ダンディー坂野」をイメージキャラクターに起用している。

投資顧問といえば、大抵は投資の世界に限り有名なアナリストなどを起用するケースは多いが、本物の芸能人とは珍しい。

もちろん珍しいというだけの話ではなく、イメージ商売である芸能人を起用できるということは、グラーツ投資顧問はクリーンな投資顧問ともいえるだろう。

その証拠の一つに、堂々と掲げている「推奨実績をALL公開中」の一文だ。

これも大抵の投資顧問は見栄えの良い上昇した実績だけを掲載しているが、グラーツ投資顧問は上昇銘柄だけでなく下落銘柄も隠さず公開している。

一見、地味に思えるかもしれないが、こういった部分でも誠実さが伺えるのではないだろうか。

なにより大事なお金を投じる株だからこそ、その成果=実績を知りたいと思うのは当然であり、そこを濁すような投資顧問は信用すべきでないと俺は思っている。

もう一つ特徴を付け加えるなら、グラーツ投資顧問は見やすくわかりやすいサイトで、株に不慣れな人や初心者でも利用しやすい点にある。

これも実際に登録してみて思ったのだが、ページのデザインや文字の大きさといった基本部分はもちろん、無料情報の内容などを見てもわかりやすく説明されているのだ。

この辺は俺の主観もあるかもしれないが、少なくとも色々な投資顧問があり悩んでいる人は試してみる価値はあるだろう。

ちなみに無料登録の方法も簡単で、名前とメールアドレスを入力するだけだ。

説明するまでもないほど簡単だから試してみると良いだろう。

最後にグラーツ投資顧問は登録後、大本命3銘柄を無料で知ることができる。

つまり無料で登録して、無料で即座に3つ銘柄情報を入手できるのだ。

これだけでも試してみる価値はあるだろう。

少しでも興味を持った人は、是非とも試してもらいたい。

グラーツ投資顧問の無料登録はコチラから!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です