ZMPから材料【Financial Times選出】

今日、ZMPから材料が出たぞ。

【NEW!!2/16 18:40更新】
この材料要素について詳細及び今後の展開が非常に気になったため、本日の夕方、ZMP社及びFinancial Times社に個人的な電話取材を試みた。

ZMP上場分析

ZMPから材料発表!関連銘柄にも注目!

Financial Times ArcelorMittal Blodness in Buisiness Awardのテクノロジー部門にてファイナリストに選出されたという内容。

ZMPから出た材料の詳細はコチラから確認できる!

英語が読める方は、こちらの本家Financial Times ArcelorMittal Blodness in Buisiness Awardをチェックしよう!

これはZMP関連銘柄・自動運転関連銘柄に関するホットニュースだ。

早耳な投資家であれば即時チェックしていると思うが、自動運転車の雄として上場が期待されているZMP社から公式に材料が出たことはもちろん、最速で公開されたと思われるZMP関連のツイッターアカウントもチェックしているだろう。

俺はツイッター及びZMPのオフィシャルホームページの情報を頻繁にチェックしているぞ。

ZMP社に電話で確認した

この発表について気になったので、ZMPに直接聞くことにした。

その結果を下記に記していく。

まず、俺が確認したかったことは、

『今回、financial timesのアワードにて、ファイナリストにZMPが選出されたが、今後は実際に何かの賞の受賞選考などが行われるのか、そしてそのスケジュールはどういう日程になっているのか?』

『そもそも、Financial timesのアワードは、どのようなイベントで、ZMPの他にはどのような日本企業や海外企業が関わっているのか?そして選考基準はどういった基準なのか?』

といった点だ。

想像の展開にはなってしまうが、実際にこのアワードで今後ZMPが何らかの賞を受賞することになり、授賞式などに参加する流れになれば、当然、国内の各種メディアから

「ZMPが◯◯賞を受賞!ZMPの自動運転技術が…!」

といった報道が行われ、ネット上にもそのニュースが流れるだろう。

そして、権威のあるアワードとして評価されれば、世界からも日本の自動運転車技術、ZMPの自動運転車技術に対する評価が高まるだろう。

そうなれば当然、ZMPに出資を行っているZMP関連銘柄や、ZMPと提携してサービスの研究開発を行っている企業に注目が集まり、その株価上昇にも繋がっていく可能性がある。

他にも、ZMPというキーワードがニュースで報道される機会が増えていけば、必然的に株式投資市場はZMP関連銘柄や自動運転車関連銘柄に対する意識が強まり、本日の後場からの相場動向のように、ZMP関連銘柄が一時的に急騰する可能性も想定できる。

もちろん、瞬時に思いついたことなので確証は何もないが、だからこそ少しでも情報を多く手に入れるために、ZMP社とfinancial times社に電話を入れた。

ZMP社からの返答

予想はしていたが、残念なことに、Financial Japanが開催しているアワードのため、ZMPからは、オフィシャルホームページ上に発表されている内容以上のことは答えられないとのことだ。

アワードの主旨やスケジュール、選考基準などの詳細についても、主催しているFinancial Japanに聞いて欲しいとのことだった。

うーむ。。。確かにそうなるな。残念だが仕方ない。

Financial Timesからの返答

ということで、今回の件を調査するために、アワードを開催しているFinancial Timesに電話取材をすることにした。

調べてみると、Financial Times Japanという、日本支社を発見したので、そちらに電話をしてみることに。

電話に応対して頂いた担当の方と色々とお話をさせて頂いたが、現時点では、英語版のFinancial Timesのオフィシャルホームページ上に表記されている、

来月3月にロンドンで行われるイベントのこと

についてしか正確に答えられないということだった。

確証はないが、

「おそらくこれが授賞式など何かのイベントにあたるのでは…」

といったお話だった。

海外のFinancial Timesと、日本支社では全ての情報を常に共有しているわけではないようだ。

本日の現時点では、この件について読者のみなさんに伝えられることは以上となるが、さらに詳細がわかり次第お伝えしていきたいと思う。

Financial Times ArcelorMittal Blodness in Buisiness Awardとは?

ZMPが本日発表したFinancial Times ArcelorMittal Blodness in Buisiness Awardにてファイナリストに選ばれたということは、かなり簡単に解釈してしまえば、権威や影響力のあるアワードにおいて、ZMPの技術力が評価されたってことだろう。

さて、週明け月曜からZMP関連銘柄の値動きがどうなるか非常に楽しみだ。

ZMP関連銘柄・自動運転関連銘柄

改めて俺が注目しているZMP関連銘柄はこのあたりだ。

<2432>ディーエヌエー、<6632>JVCケンウッド、<9908>日本電計、<6301>コマツ、<4667>アイサンテクノロジー、<4310>ドリームインキュベーター、<8595>ジャフコ、<3663>アートスパークHD、<9883>富士エレクトロニクス、<7991>マミヤオーピー、<3676>ハーツユナイテッドグループ、<8022>ミズノ、<3741>セック、<6634>ネクスなどが、俺が注目している ZMP関連銘柄。

各銘柄の詳細分析や独自の見解、ZMP関連銘柄としての根拠はコチラのZMP関連銘柄特集のページをご覧頂けるとわかりやすいだろう。

ZMP関連銘柄の個別銘柄の詳細分析はコチラで無料で読める!

ZMP関連銘柄・自動運転車関連銘柄は中長期でみても主力テーマとしてまだまだこれからくるぞ!

LINE@

現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。
ブログだけでは明かせない独自の仮想通貨&株情報に加えオススメの仮想通貨や注目のICO、株銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

出川哲朗のTVCMでもお馴染みのコインチェックは使いやすさNo.1の仮想通貨取引所。
初めて仮想通貨を行う人でも直感的な操作ですぐに仮想通貨投資を始めることができる。
取り扱い通貨はビットコイン・リップル・イーサリアムを筆頭に10種類以上と豊富で、そのほとんどが大きく上昇しているのも大きな魅力。
保証サービスもついているため安心感は抜群。
初めての仮想通貨口座開設にまずコインチェックを開設しておこう。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内大手の仮想通貨取引所として大人気のビットフライヤーも忘れずに無料開設しておこう。
ビットフライヤーでは2017年に100倍の急騰を達成したモナコインを買うことができるのが魅力。その他にもこれから急上昇する可能性が高いコインが取り扱われている。
普段の買い物や旅行でもビットコインをもらうことができるお得なサービスもついているため、無料でビットコインを集めることもでき、安心の保証サービスもついている。
仮想通貨は取引所によって取扱のあるコインがそれぞれ違うため、複数の取引所のアカウントを持っているほうが絶対的に有利だ。



ザイフは他取引所と同じくビットコイン売買を中心とした取引も盛んであり、ザイフならではの独自機能としたモナコインによる信用取引やザイフトークンなどの売買も高い人気を集めている。



バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所だ。取扱コイン数の豊富さが魅力であり、日本国内の取引所ではまだ取扱われていない今後100倍期待の仮想通貨を購入することができる。たった数日で5倍から10倍に短期急騰するコインも数多くあるので、必ず口座開設はしておくべきだろう。



Kucoin(クーコイン)は、バイナンスを凌駕する勢いで1日10万人以上が新規口座開設をしている人気急上昇中の取引所。日本語対応にもなっており、初めて海外取引所を利用する初心者の方でも使いやすいと口コミ評価も高い。日本国内の取引所では売買することができない海外有望コインの売買をすぐに行うことができるので、今なら海外との情報格差の無い世界水準の利益を先回りして得ていくこともできる。仮想通貨はスピードが命。今のうちに必ずKucoinの無料口座開設はしておくべきだ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。