ZMP関連銘柄の最新情報

ZMP関連銘柄 本命

当ブログでも特集を組んだZMPの上場時期や上場申請、時価総額への関心が高まるに連れ、ZMP関連銘柄に対する注目が高まってきている。

ZMP関連銘柄に関する最新情報を探している方に向けて、様々な角度から分析したZMP関連銘柄の情報をわかりやすくまとめてみたので、是非チェックして欲しい。

ZMP関連銘柄を徹底解析!!

ZMP関連銘柄1

株式投資市場において多くの個人投資家やプロ投資筋からも注目を集めているZMP関連銘柄を徹底分析してご紹介!

カーエレクトロニクス分野において自動運転関連銘柄・ITS関連銘柄とも密接な関係をもち、ZMP上場に併せて強烈な株価上昇を期待する事ができるZMP関連銘柄を把握しておこう。

ZMP関連銘柄とは?

ZMP関連銘柄2

ZMP関連銘柄とは、上場(IPO)が期待されているZMP社と事業提携や資本提携をしている企業や、ZMP上場への思惑や期待から株価に強い影響を受ける銘柄を指す。

ZMPが主事業とする自動運転関連(スマートカー関連)事業と色濃く関連する自動運転関連銘柄やITS関連銘柄、一部のロボット関連銘柄や人工知能関連銘柄などもZMP関連銘柄として注目されている。

ZMP関連銘柄の魅力

ZMP関連銘柄の魅力を分析

ZMP関連銘柄の魅力といえば、米googleも本格着手を行うことで世界的にも注目されている自動運転関連分野の高い成長性と強力な株価上昇が大きな魅力と言えるだろう。

また、ZMPが国内大手企業であるディーエヌエーとの提携によるロボットタクシー事業を展開していくなど、話題性も非常に豊富であることもZMP関連銘柄の魅力として捉えることができる。

その他にも、ZMP上場の際に起こり得るZMP祭りに乗じた短期的な株価急騰や、ZMP上場に対する思惑買いによる株価上昇など、ZMP関連銘柄は実に様々な魅力を秘めているといえる。

ZMP関連銘柄のリスク

ZMP関連銘柄のリスク

ZMP関連銘柄のリスクについても触れていきたい。

そのリスクとはやはり、ZMPの上場時期が伸びてしまうことだろう。

ZMPの上場時期が2015年秋から冬、2016年春から夏へと先延ばしになってしまった場合、ZMP上場への思惑から買われていたZMP関連銘柄の株価は停滞してしまう可能性が考えられる。

上述したように、ZMP関連銘柄は話題性や成長性も高く、2035年には販売台数が1180万台まで伸びる見通しで自動運転関連マーケットの経済的な拡大も見込まれており、株価も右肩上がりで伸びていく事が期待されているが、肝心のZMP社の上場時期の確定に関する公式発表がまだ報じられていないことに注意しておこう。

ZMP関連銘柄の成長性

ZMP関連銘柄の成長性

ZMP関連銘柄がもつ非常に高い成長性について説明したい。

まず、ZMP関連銘柄の中心的存在であるZMP社が得意とする「自動運転技術」は、Googleも積極的に開発を行っている分野であり、「Google Maps」や「Google 検索」などのサービスとの親和性がある技術として世界中から関心を集めている分野だ。

既にZMP社では、ドローンと画像データの処理技術を組み合わせたソリューションの開発や、荷物を運搬する台車型の物流支援ロボット「CarriRo」の開発など、ロボットタクシー以外にも様々な分野で活躍が期待される自動運転車やロボット技術の開発を高い次元で進めている。

ZMP社及びZMP社と提携するZMP関連銘柄は、これらの自動運転車マーケットにおいて、日本国内だけではなく、全世界に対してロボットカーの輸出や、培われた自動運転技術を広めていくことも期待することができ、2020年〜2030年頃には自動運転車が当たり前の存在として我々の日常生活に溶け込んでいることだろう。

ZMP社やZMP関連銘柄は、現在でいうトヨタのような超巨大自動車産業の中心的存在に成長していく可能性を充分に秘めているのだ。

ZMP関連銘柄一覧

ZMP関連銘柄リスト

ZMP関連銘柄に関する情報を探している方へ、合計16銘柄のZMP関連銘柄をリストアップしてまとめてみたので、ZMP関連銘柄について調べている方は、下記のZMP関連銘柄一覧をチェックしておくとよいだろう。

本命のZMP関連銘柄

ZMPへの出資や、ZMPとの業務提携や共同開発などを行うZMP関連銘柄は数多くあるが、その中から関連銘柄として有力視することができ、ZMP上場時に株価に影響が強くあらわれそうな本命のZMP関連銘柄をまとめた。

本命のZMP関連銘柄を紹介

ディーエヌエー【2432】

ZMP社との合併で、世界初の自動運転タクシーとなる「ロボットタクシー」を展開する会社を設立。

トヨタやニッサンとの対等な付き合いをテーマに、ドイツのボッシュ社やドイツのコンチネンタル社を理想のモデルとして、ZMPとの強力なパートナーシップを結んだディーエヌエー。

現実的な目標として、「2020年に開催される東京オリンピックまでにロボットタクシーを実際に走らせるというが、それよりもっと前にロボットタクシーを走らせる」と、ZMPの谷口社長は語っている。

将来、自動運転の無人タクシーがタクシー業界の主流となることを想像すると、ロボットタクシー事業の一番手の企業に成り得るディーエヌエーは、本命のZMP関連銘柄として注目することができる。

JVCケンウッド【6632】

ZMP関連銘柄として既にJVCケンウッドの株を保有している方も多いかと思う。

同社は、ZMP社へ出資を行っているだけではなく、ZMP社との合併会社である「株式会社カートモ」を設立。

これまでにも、自動運転技術の開発をZMP社と共に進めており、将来的に成長を望む事が出来るテレマティクス分野における事業開発をZMPと共同で行う。

自動運転技術、テレマティクスという2つの分野でZMPとガッチリ手を組んでいることからも、JVCケンウッドも本命のZMP関連銘柄となる。

日本電計【9908】

ZMP社製品の販売を行う販売契約を結んでいる日本電計も本命のZMP関連銘柄だ。

ZMP社が本領を発揮する自動運転システムや自動運転車の各種制御センサーなどの販売を日本電計が行っていく。

日本電計は電子計測機器のトップシェアを誇り、海外にも拠点をもつ企業であることからも、ZMP社の製品販売もグローバルに展開していくことも期待でき、非常に高い成長性があるZMP関連銘柄だ。
ZMP社製品の販売契約の詳細も確認しておこう。

その他にも、自動運転車用衝突防止システムなどに強みをもつキーコム株式会社の製品販売も行っていくことにも注目しておきたい。

テクノスジャパン【3666】

テクノスジャパンも本命のZMP関連銘柄として挙げておきたい。

理由として、テクノスジャパンの子会社であるテクノスデータサイエンスマーケティング株式会社がビッグデータ解析サービス分野でZMP社と共同開発を開始することが発表されており、ZMP社との密接にあることからも、ZMP上場の影響はもちろん、ZMP社の成長に伴った恩恵をテクノスジャパンが享受していくことが想定できる。

本命の人工知能銘柄+本命のZMP関連銘柄という2大要素をもつテクノスジャパンの長期的な株価上昇には強く期待している。

コマツ【6301】


コマツもZMP社へ出資を行っているZMP関連銘柄のひとつだ。

ICT、要素技術を活用したイノベーションによる成長戦略を推進する同社は、ZMPと共に鉱山機械の制御技術開発において協力関係を結んでいる。

様々な分野への事業拡大を目指すZMP社にとって強力なパートナーとなるコマツはZMP関連銘柄の中でも特に注目しておくべき銘柄だ。

ソニー【6758】


ZMPと密接な関係にあるソニーもZMP関連銘柄として監視しておきたい銘柄だ。

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社がZMPとの合併会社である「エアロセンス株式会社」を設立するなど、ZMPの自動運転やロボット技術とソニーがもつカメラやセンサー、通信ネットワークやロボット技術を活かしたトータルソリューションの展開に期待もでき、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを提供していくようだ。

ZMPと合併会社を新設しているZMP関連銘柄としてソニーをチェックしておこう。

アイサンテクノロジー【4667】


アイサンテクノロジーは、ZMPと共同で自動運転の公道実証実験に取り組んでいる点など、メディアにも取り上げられる機会が増えてきているZMP関連銘柄だ。

アイサンテクノロジーがもつMMSの技術によって測定された高精度地図を使用し、ZMPのステレオカメラによる画像認識技術をはじめとしたセンシング技術などが組合わさることで、高度な自動運転技術の開発に期待がもてる。

自動運転がキーワードとなる重要な本命のZMP関連銘柄として覚えておきたい。

ドリームインキュベーター【4310】


ドリームインキュベーターもZMPへ出資を行っているZMP関連銘柄だ。

業界の垣根を越えたビジネスプロデュース業で活躍する同社が向かうネットワーク事業、ZMPとの関連事業の大きな躍進に期待。

2014年12月に発足した「ロボティクスグループ」の動向もドリームインキュベーターの株価を探るキーとなる。

ジャフコ【8595】


ZMPヘ出資を行うベンチャーキャピタル株のジャフコもZMP関連銘柄として注目しておきたい銘柄だ。

これまでにもZMP関連のニュースに対する思惑などから株価が大きな影響を受けていることからも、ZMP上場の進展により非常に強力な関心を市場から集めることが想定できる。

アートスパークHD【3663】


デジタルなものづくりをテーマとした各種ツール、情報サイト、ソリューションサービスやコンテンツの制作などを展開するアートスパークも、ZMP社との提携を行っている立派なZMP関連銘柄のひとつ。

特徴として、ZMP関連のニュースなどを材料に株価が動きやすい。

富士エレクトロニクス【9883】


独自性の高い製品やサービス展開で同業他社との競争でも強みを発揮している富士エレクトロニクスも、ZMPへ出資を行っていることが明らかになっており、早耳な投資家の間では本命のZMP関連銘柄としてマークされている銘柄だ。

企業単体としての成長性にも期待できる優良銘柄でもあり、そこにZMP関連銘柄という好材料が加わることで、今後の株価上昇も見物だ。

ZMPへの出資は有価証券報告書から確認することができる。

マミヤ・オーピー【7991】


ゴルフ場などの芝刈りを自動で行うGPS自律移動ロボットを手がけていることでも有名なマミヤ・オーピー。

ZMPと共同で開発した障害物検知機能がこのGPS自律移動ロボットに搭載されていることからも、ZMPと関係性の強いZMP関連銘柄として把握しておきたい。

ZMPのオフィシャルホームページにも、パートナー企業として紹介されている点からも本命のZMP関連銘柄として注目。

ハーツユナイテッドグループ【3676】


2014年11月4日に、ハーツユナイテッドグループがZMPと業務提携及び合併会社の設立を行い、自動車業界向けのデータ収集などの事業を共同展開していくことが発表されたことで、注目のZMP関連銘柄として脚光を浴びている。

合併会社の名前は「株式会社ZEG」であり、ZMPのWEBサイトにもパートナー企業として名前を連ねる有力なZMP関連銘柄だ。

ミズノ【8022】


ミズノは、ZMPと共同でロボットシュースとプロテクターを開発するなど、ロボットウェア事業などでZMPと提携するZMP関連銘柄だ。

世界初となるロボットウェアの開発を行っている点からも、その将来性と成長性には大きな期待をもつことができそうだ。

セック【3741】


2014年7月にZMP社が主催したZMPフォーラムにて、セックの代表取締役社長である秋山氏がロボット用ミドルウェアの開発と機能安全への取り組みについて演説をするなど、ロボット分野などにおいてZMPと強力な提携も望まれる期待のZMP関連銘柄と言えるだろう。

ネクス【6634】


無線方式を適用した通信機器やPLCモデムの開発を行っているネクスだが、自動テレマティクスの分野においてZMPと共同でマーケティングを開始することが発表されたことからも、ZMP関連銘柄として有力視できる銘柄といえるだろう。

両社のコラボレーション内容については、ZMPのホームページからも確認することができる。

また、ZMP関連銘柄として起立したネクスの親会社として、フィスコ【3807】もZMP関連銘柄として見ていくことができそうだ。

ZMP関連銘柄の参考動画

ZMP関連銘柄に関する情報を集めている方は、ZMPとZMP関連銘柄企業が共同開発しているロボットや自動運転製品に関する動画もチェックしておくとよい。

ZMPとZMP関連銘柄に関する知識を深めることができるだろう。

他にも、ZMP関連銘柄を探るうえで、YOUTUBEのZMPの公式チャンネルもチェックしておくとよいだろう。

ZMP上場とZMP関連銘柄

ZMP関連銘柄image

国内外の投資家から非常に強い関心を集めているZMPの上場とZMP関連銘柄は、今後の株式投資市場において中心的な存在となる可能性も充分に秘めている。

自動運転という世界的に注目されている分野のど真ん中に位置するのがZMPであり、そのZMP社との関連性が非常に強いZMP関連銘柄には、利益を見込むことができる投資チャンスがたくさん眠っている。

ZMP関連銘柄は、ZMPに関するニュースやZMPの上場に関する発表などに対して株価が敏感に反応する性質をもっているため、ZMP関連銘柄への株式投資で大きな利益を狙っている方は、ZMP社の動向を中心としてZMP関連のニュースや、自動運転技術関連のニュースを欠かさずチェックしておくとよいだろう。

個人的にもZMP関連銘柄は今後の投資先の本命として考えている。

LINE@
現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。 ブログだけでは明かせない独自の情報や、オススメ銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。

更に詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を下記のリンクから無料で即時入手することができるぞ!面倒な手続きは一切不要!メールアドレスを入力すると10秒程度で今すぐ推奨銘柄が届くという非常に便利なサービスだ。タダでプロ投資顧問が全力推奨する強力な銘柄情報を手に入れておいて損はない。

アドミラルインベスターズ投資顧問は、株式投資業界で異彩を放つ、カブ知恵代表の藤井英敏氏、株ブロガーのhina氏、株式トレーダー・タレントの若林史江氏のカリスマ3名をコラムニストとして一同に迎え、毎回無料でこの3名によるタイムリー且つ投資に役立つであろう情報をコラム形式で提供している投資顧問だ。強みとして、相場で利益獲得を目指す上で、欠かせない要素と考えているのがわかりやすい材料を紹介してくれるぞ。メールアドレス無料登録で、厳選された銘柄を紹介してくれるので今すぐ登録をオススメしたい。コチラのページにて【投資すべき厳選1銘柄】が独占公開されているぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

あすなろ投資顧問は個人投資家なら誰でも一度は目にしたことがある東洋経済ONLINEなどにも掲載実績を持つ信頼の置けそうな投資顧問会社。ココの元代表取締役であり創業者でもある石井博行氏は、岡三証券をはじめとした証券会社で長年の取引現場経験を積み、トレーダー、ディーラーとして資産運用のスペシャリストとして知られているようだ。現在では代表取締役を降りて裏方としてトレード情報の収集に徹しているのだろうか?なかなか気になる存在だ。無料登録時に教えてもらえる3銘柄でその日にすぐ稼ぐことができた人もいるようなので、メアド入力だけで手に入る今日の注目銘柄情報は入手しておく価値はあるだろう。とりあえず聞いておいて損はないので、まずはコチラから無料推奨銘柄をタダ聞きしてみるとよいだろう。

最強株トレード投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2369号の投資顧問サイト。無料メールアドレス登録で3銘柄をスグに入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、過去に山丸証券・極東証券にて証券ディーラー経験を持つ伊藤聡氏が助言者となっていることからも、素人目線ではない本物の銘柄情報にも期待ができる。その他にも、カブ知恵で有名な元フィスコの藤井英敏氏や、国際テクニカルアナリストであり株1グランプリチャンピオン経歴を持つ横山利香氏など、株式投資業界に確かな人脈やネットワークを持っていることが確認できる。こちらのページから今すぐ【無料3銘柄】を手にいれることができるぞ。

銘柄相談をはじめ、「相場観」「堅実トレード」を得意とする小野山功氏や、「短期売買」「材料・テーマ株」に自信を持つ本村健氏などの多数のコラムを取り揃えているなど、無料とは思えないほどコンテンツが豊富といえる投資顧問サイトだ。また今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できる。情報力と分析力を手掛かりにしたいときは是非ともチェックしておくとよいだろう。【最新注目3銘柄】を無料で今すぐ入手!

チャーチスト歴35年のテクニカルのプロフェッショナル橋本明男氏が所属していることで話題沸騰中のMillion Stock投資顧問!投資顧問歴35年の超ベテランである橋本明男氏がこれから狙いどころの無料銘柄を紹介してもらえるとあり、大注目の投資顧問だ!無料メールアドレス入力で急騰期待銘柄・注目株情報を無料で入手るすことができるぞ!まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくべきだ!さらに橋本明男氏の“毎日”綴る 相場コラム『わしの罫線』も無料購読できることもあり必見だ。こちらのページから無料で【急騰期待銘柄、注目株情報】をゲットだ!

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

無料の推奨銘柄がガンガン株価上昇しているファーストリッチ投資顧問!代表取締役の岸津氏(元日興証券)をはじめとし、鳥丸好一氏(元日興証券 株式部)、島田幸男氏(元成瀬証券 投資コンサル部)、中村喜広氏(元三菱証券 営業部)といった蒼々たる面々が顔を連ねる正真正銘の実力派。プロの売買現場最前線を知る圧倒的な情報力は本物。元証券マンが推奨する質実剛健な無料銘柄は一見の価値アリ!ココの推奨銘柄はマジで凄い。【全力推奨の5銘柄】を無料で今すぐ入手しておこう。

Twitterでも株王獅子丸の最新の株式投資情報をCHECKできるぞ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。