本命のTPP関連銘柄【農業】

本命のTPP関連銘柄

TPPの合意を巡り8月1日に開催されたTPP交渉の閣僚会合を先読みした投資家達により、既に先週から多くの農業関連のTPP関連銘柄が物色され、その株価にも多様な動きが観測できる。

今回のTPP交渉会合では、完全なTPP合意には至らなかったが、会合終了後の記者会見にて甘利明氏が語った「もう一度会合を開けば、すべて決着する」という言葉からも、TPP合意時期はもはや目前だ。

甘利明TPP担当大臣の記者会見の様子は下記の動画をご覧頂くとよくわかるだろう。

また、安倍総理からは、TPP合意について「全力を尽くす」「あと一回会合を開けばまとまるところまできた」というコメントも出ていることからも、TPPの合意決定でTPP関連銘柄が大きく動く時がいよいよ来る。

安倍総理のTPP合意に対するコメントは下記動画から確認できる。

これにより、TPPの合意がいよいよ明確化してきた今、TPPで株価に大きな影響を受ける農業関連のTPP関連銘柄にフォーカスし、本命のTPP関連銘柄はもちろん、出遅れのTPP関連銘柄の株価も大きく動いていくことが考えられるため、改めてTPP合意がTPP関連銘柄の株価に与える影響を考察しておきたい。

TPP合意が関連銘柄の株価に影響

本命のTPP関連銘柄2

TPPの合意に対する思惑で既に株価が上がっているTPP関連銘柄も幾つかあるが、8月1日のTPP交渉の閣僚会合を経た今、甘利明氏の発言通りに、次回開催される会合でTPPの大筋合意が完全に決定した場合、農業分野をはじめとしたTPP関連銘柄の株価上昇は更に加速することが想定できるだろう。

TPP会合のスケジュールに注目

TPP会合 スケジュール

8月1日のTPP交渉の閣僚会合後の記者会見で甘利明氏が語った内容は非常に重要だ。

「もう一度会合を開けば、すべて決着する」

この発言により、TPP関連銘柄への株式投資を行っている早耳な個人投資家や機関投資家などのプロ筋は、次回のTPP会合のスケジュールに早速目が向いているはずだ。

甘利明TPP担当大臣によれば、「今月末(8月末)にもう一度TPP交渉の閣僚会合を行う」と言われているようだが、現時点では「次回会合の時期は決まっていない」と、フロマン代表が語ったように、まだ次回のTPP会合の正式な日程は不明だ。

だからこそ、TPP関連銘柄への株式投資で大きな利益を狙うのであれば、次回のTPP交渉会合の日程がいつ発表されるのか、TPP合意の決定が期待される会合の日時はいつになるのか、絶対にチェックしておくべきだろう。

個人的にも、次回のTPP会合でTPP合意が決定し、TPP関連銘柄の株価に強い影響があると確信しているため、次回のTPP会合のスケジュールの確定を知り次第、当ブログでも伝えていくつもりだ。

【本命】農業関連のTPP関連銘柄

本命の農業TPP関連銘柄

TPP合意の影響が株価に大きくあらわれる関連株として、農業関連のTPP関連銘柄を本命視することができる。

農業関連のTPP関連銘柄をさらに細分化し、農機関連銘柄、農薬関連銘柄、肥料関連銘柄、種苗関連銘柄といったテーマに分類し、TPP合意と株価の関係性について分析を行った。

本命の農機TPP関連銘柄

本命の農機TPP関連銘柄

TPPの影響を受けるTPP関連銘柄として、トラクターやコンバイン、田植機等の農機を専門的に取り扱う本命のTPP農機関連銘柄を下記にピックアップしてみた。

TPPで農機関連銘柄の株価が上がる理由

「なぜTPPで農機関連銘柄の株価が上がるのか?」と疑問に思っている方も多いと思うので説明しておくが、TPPにより海外の農作物の輸入量が増えることで、国内農家は海外に対抗するために、海外の農業に習って大規模な機械化農業への進化が想定され、そのために農機の販売台数の向上や、農機関連企業が農家と一致団結して国内農業の価値を高めていくことに期待ができるからこそ、TPPで農業関連銘柄の株価が上がると言える。

井関農機【6310】

農業機械の専門メーカである井関農機【6310】は農機関連のTPP関連銘柄として様々な農機の開発生産を行っている企業であり、TPP合意の影響が強い銘柄を語るうえではずすことはできない銘柄だろう。

TPPの影響でさらに近代化する農業・農機分野において、注目度の高い本命のTPP関連銘柄だ。

クボタ【6326】

クボタ【6326】は、農業・農機関連のTPP関連銘柄の中心に位置する銘柄であり、本命として考えることができる。

国内大手の農業機械メーカーであり、国内農家が生産する国産コメの海外輸出を支援するなど、TPP合意を踏まえた事業展開を積極的に行っており、農機販売拡大はもちろん、TPPに対応する企業体質からも、特に評価が高い本命のTPP関連銘柄として考えられる。

本命の農薬TPP関連銘柄

本命の農薬TPP関連銘柄

農業関連のTPP関連銘柄の中でも、農薬を専門的に取り扱っている個別銘柄もチェックしておくべきだろう。

農薬関連は、海外輸出という大きな業績アップの可能性も秘めているため、本命のTPP関連銘柄として考えていきたい。

TPPで農薬関連銘柄の株価が上がる理由

農薬関連銘柄の株価がTPPで上がる理由として、国内農薬メーカーが製造する農薬がTPP協定により海外への輸出量が増加する可能性が高いことが挙げられる。

その他にも、農機関連銘柄と同じくして、農業分野の競争力強化において農薬は重要な役割を担うため、TPPによる農薬関連銘柄への注目も高まっている。

アグロカネショウ【4955】

アグロカネショウ【4955】は、果樹・野菜用の農薬大手企業だ。これまでにもTPP担当大臣の新設時など、TPPに関わる報道により何度も思惑が拡大し株価に影響が強く現れているTPP関連銘柄だ。

TPP合意への思惑が株価に与える影響は大きく、農薬分野における本命のTPP関連銘柄だ。

日本農薬【4997】

日本初の農薬専門企業となる日本農薬【4997】は、TPP合意により大きな注目を浴びる農業関連のTPP関連銘柄のなかでも、農薬に特化した企業として要注目だ。

TPPで定められた農業関連の協定の内容次第では、これまで以上に市場の投資資金が本命のTPP関連銘柄である日本農薬【4997】へ向かう可能性は充分にある。

クミアイ化学工業【4996】

クミアイ化学工業【4996】は、世界市場でも成長を続けているピロキサスルホンを利用した農薬の開発研究を行っている企業。

ピロキサスルホン農薬は、オーストラリア、アメリカでも販売が拡大されていることからも、クミアイ化学工業【4996】は、農薬関連のTPP関連銘柄として要チェック。

本命の肥料TPP関連銘柄

本命の肥料 TPP関連銘柄

TPPの合意は、農業には欠かせない肥料を専門的に開発する企業の株価にも影響を及ぼすため、肥料関連のTPP関連銘柄にも注目しておきたいところだ。

TPPで肥料関連銘柄の株価が上がる理由

なぜTPPで肥料関連銘柄の株価が上がるのかというと、農業において肥料の存在は非常に重要であり、国内だけではなく、世界的にも農業分野において肥料需要は高まっており、TPP合意によって国内肥料の海外輸出による業績向上を見込むことができるからだ。

日産化学工業【4021】

日産化学工業【4021】は、1887年に日本初の化学肥料製造会社として誕生した企業だ。

現在では機能性材料やライフサイエンスを中心に新しい価値の創造に取り組んでおり、TPP合意によって株価に影響を受ける肥料関連のTPP関連銘柄として覚えておきたい。

コープケミカル【4003】

コープケミカル【4003】も肥料の製造・販売を専門的に事業展開していることからも、農業・肥料関連のTPP関連銘柄として注目しておきたい銘柄だ。

特徴としては、ギャンブル性が高い一面もありそうなTPP関連銘柄だ。

片倉チッカリン【4031】

片倉チッカリン【4031】も、配合肥料や育苗培養土など、農業にとっては欠かすことができない農業用肥料や農業用資材の製造を専門的に展開している企業であり、肥料関連のTPP関連銘柄として注目が高まっている銘柄だ。

日東エフシー【4033】

日東エフシー【4033】は、有料肥料の研究・開発を行っている企業であり、TPP農業支援策により、肥料の需要が高まることを想定すると、TPPで株価が上がりそうなTPP関連銘柄としてチェックしておきたい。

本命の種苗TPP関連銘柄

本命のTPP種苗関連銘柄

種苗関連銘柄(農業生産物となる野菜等の種子を取り扱う企業)も、TPP合意に対する思惑により、株価に大きな影響を受けているTPP関連銘柄だ。

TPPで株価が大きく上がりそうな本命の種苗TPP関連銘柄をピックアップ。

TPPで種苗関連銘柄の株価が上がる理由

TPPによって種苗関連銘柄の株価が上がる理由は、TPP協定の流れから国内農業支援策がとられ、国内農業の発展が期待でき、種子の需要が高まることが期待されているからだ。

その他にも、海外への種子輸出量が増加する可能性があることも、TPPで種苗関連銘柄の株価が上がる理由となる。

カネコ種苗【1376】

カネコ種苗【1376】は、本命のTPP関連銘柄だ。

農家や農業関連企業向けに、トマト、キュウリ、ナス、カボチャ、ズッキーニ、オクラなどの果菜や、ニンジン、タマネギ、ダイコン、ニラなどの根菜、キャベツ、ハクサイ、ホウレンソウなどの葉菜、トウモロコシなどの豆類など、多種多様な野菜の種子の販売を行っている種子関連の大手企業だ。

種子関連のTPP関連銘柄として代表的な存在となる銘柄であり、TPPによる企業成長の可能性も秘めている注目のTPP関連銘柄だ。

サカタの種【1376】

種子関連でシェア率トップとなるサカタの種【1376】も、TPP合意によって株価に大きな影響を受けるTPP関連銘柄だ。

TPPによって、同社が取り扱う、花や野菜の種子、肥料や培養土などの農業用資材が海外輸出される可能性や、TPP農業支援策により種子需要が高まる期待からも、種子関連の本命TPP関連銘柄として多くの投資家が注目している。

TPP合意と株価動向の予測

TPP関連銘柄の株価予測

ここから先(2015年8月以降)のTPP関連銘柄の株価動向とTPP合意を予測すると下記の①〜⑤の流れになるのではないかと考えている。

①2015年8月3日〜

「8月1日に報じられたニュースにより週明けにも一部のTPP関連銘柄に注目が高まり、TPP合意への期待から株価に影響が。」

②2015年8月中

「その後、次回のTPP会合の日程が正式に発表される。「もう一度会合を開けば、すべて決着する」という、甘利明氏の発言からも、TPP大筋合意への思惑によりTPP関連銘柄が再度大きく物色され、株価も大きく動く。」

③2015年8月中

「もう一度会合を開けば、すべて決着するという、甘利明氏の発言からも、TPP大筋合意への思惑によりTPP関連銘柄が再度大きく物色され、株価も大きく動く。アメリカの大統領選挙を考えると、8月中にもう一度TPP会合が開催され、TPP協定の内容の大筋が固まる可能性も高い。」

④2015年秋

「次回開催のTPP会合でTPP合意が完全決定。その内容にも注目(輸出・輸入・農業・水産・海運)」

⑤2015年秋〜冬

「TPP合意の決定ニュースが報道されることで、TPP関連銘柄への注目度は最高潮に達し、一部のTPP関連銘柄の株価も急騰。」

もちろん、このようなTPP関連銘柄の株価動向の流れの間にも、TPP合意に関連するニュースの発表や、TPP関連銘柄の材料発表等から株価を大きく伸ばす銘柄も次々と出てくるだろう。

TPP関連銘柄の情報動画

TPP関連銘柄について調べている方は、下記のYOUTUBE動画も見ておくとよいだろう。

本命のTPP関連銘柄を知るために有益な情報となる動画だ。

日本のTTP参加がビジネスチャンスとなる企業について特集された番組の動画だ。

LINE@

現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。
ブログだけでは明かせない独自の仮想通貨&株情報に加えオススメの仮想通貨や注目のICO、株銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

出川哲朗のTVCMでもお馴染みのコインチェックは使いやすさNo.1の仮想通貨取引所。
初めて仮想通貨を行う人でも直感的な操作ですぐに仮想通貨投資を始めることができる。
取り扱い通貨はビットコイン・リップル・イーサリアムを筆頭に10種類以上と豊富で、そのほとんどが大きく上昇しているのも大きな魅力。
保証サービスもついているため安心感は抜群。
初めての仮想通貨口座開設にまずコインチェックを開設しておこう。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内大手の仮想通貨取引所として大人気のビットフライヤーも忘れずに無料開設しておこう。
ビットフライヤーでは2017年に100倍の急騰を達成したモナコインを買うことができるのが魅力。その他にもこれから急上昇する可能性が高いコインが取り扱われている。
普段の買い物や旅行でもビットコインをもらうことができるお得なサービスもついているため、無料でビットコインを集めることもでき、安心の保証サービスもついている。
仮想通貨は取引所によって取扱のあるコインがそれぞれ違うため、複数の取引所のアカウントを持っているほうが絶対的に有利だ。



ザイフは他取引所と同じくビットコイン売買を中心とした取引も盛んであり、ザイフならではの独自機能としたモナコインによる信用取引やザイフトークンなどの売買も高い人気を集めている。



バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所だ。取扱コイン数の豊富さが魅力であり、日本国内の取引所ではまだ取扱われていない今後100倍期待の仮想通貨を購入することができる。たった数日で5倍から10倍に短期急騰するコインも数多くあるので、必ず口座開設はしておくべきだろう。



Kucoin(クーコイン)は、バイナンスを凌駕する勢いで1日10万人以上が新規口座開設をしている人気急上昇中の取引所。日本語対応にもなっており、初めて海外取引所を利用する初心者の方でも使いやすいと口コミ評価も高い。日本国内の取引所では売買することができない海外有望コインの売買をすぐに行うことができるので、今なら海外との情報格差の無い世界水準の利益を先回りして得ていくこともできる。仮想通貨はスピードが命。今のうちに必ずKucoinの無料口座開設はしておくべきだ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。