IOT関連銘柄の材料発表

  • 2,407,306 人のブログ訪問に感謝!

IOT関連銘柄4

IOT関連銘柄の値動きや材料発表が今日も目立っている。大手IT企業や別分野の企業からもIOT分野への参入やIOT関連銘柄との提携や出資など、様々なニュースが続々と発表されている。

材料が出たIOT関連銘柄

IOT関連銘柄としてIOT事業に関する発表が出た【3853】インフォテリア、【3756】豆蔵ホールディングス、【3837】アドソル日進の3銘柄が面白い。

【3853】インフォテリア

【3853】インフォテリアから、14日にIOT関連ソフト提供に関する発表が出た。今後の事業展開においてIoTに力を入れていくという内容で、IOT関連銘柄としてインフォテリアの成長及び株価上場に今後も期待ができそうだ。

海外展開も行うIOT関連銘柄

インフォテリアは、昨年7月に海外の子会社をシンガポールで立ち上げ、その子会社の代表取締役に平野洋一郎氏が就任しており、海外展開を積極的に行っている企業だ。IOT関連銘柄としての事業内容は、「ASTERIA WARP」や「Handbook」、「Gravity」といったIOT関連ソフトの開発が挙げられる。

インフォテリアのIOT関連製品

IOT関連銘柄のインフォテリアが開発する「ASTERIA WARP」とは、データ連携のミドルウェアだ。「Handbook」はモバイル向けの文書管理や共有を行うサービスとなっており、サーバーに蓄積した各種ドキュメントや動画、画像などをスマホ端末やタブレット端末から閲覧できるサービスだ。
これからIOT分野で注目を集めていきそうな「Gravity」は現在開発を行っているIOTを含めた大量のデータ入力を可能にするIOT関連ソフトとなっている。
日本有数のIT関連の大企業であるインフォテリアがIOT関連分野へ事業展開していくという発表は、今後のインフォテリアの株価上昇の強い材料となってくる可能性も十分に秘めているだろう。

【3837】アドソル日進

【3837】アドソル日進が先日に引き続き本日も急激な勢いで株価を続伸させ年初来高値を更新している。

セキュリティ関連のIOT関連銘柄

アドソル日進は、セキュリティ関連のIOT関連銘柄であり、サイバー攻撃に対応するサイバーセキュリティシステムの提供を行っている企業だ。
そのアドソル日進から米国の情報セキュティシステムを利用してIOT関連機器に対するサイバー攻撃に対抗していくという新たな発表が出たため、それがIOT関連銘柄としての買い材料となり株価が上昇していると言える。

IOT関連製品のセキュリティソフト

アドソル日進が今後展開していくセキュリティ事業は、アメリカのリンクス・ソフトウェア・テクノロジーズ製のOSを日本国内で展開していき、今後も急速に増加していくIOT機器を狙ったIOTサイバー攻撃に対して、被害を受けた部分を隔離し、被害の拡大を防いでいく仕組みとのこと。
IOT関連銘柄への関心が高まり、IOT関連製品が次々と世に送り出されるなかで、「IOT関連製品のセキュリティ対策」というのも株式投資の大きなテーマとなってくるだろう。

【3756】豆蔵ホールディングス

16日は【3756】豆蔵ホールディングスにIOT関連の材料がでたことにより株価が動意づいた。

IOT関連銘柄としての材料発表

発表された内容は、豆蔵ホールディングスが子会社を新設するといったことであったが、その子会社はイデアクロス株式会社社からIoT関連製品の企画・開発事業を譲り受けるという。IoT企業への出資や子会社でIoT関連事業を展開する企業もIoT関連銘柄として捉えることができるため、豆蔵ホールディングスもIOT関連銘柄として今後チェックしていきたい。

イデアクロス株式会社社とは?

豆蔵ホールディングスが新設する子会社と密接に関わるイデアクロス株式会社とは、NEXTOUCH(ネクスタッチ)をはじめとした決済システムを搭載した業務用のタブレット端末などのIoT関連製品の企画や開発や、車両故障診断機である[Allcardia]などの製品を手がけている企業だ。

Allcardiaとは?

Allcardiaとは、イデアクロス株式会社が手がける車両故障診断機の製品名だ。
株テーマとしても有力な自動電子制御装置の故障を検知するために必要不可欠な検査機器として1000車種以上に対応している優れたIoT関連製品であり、自動運転車の電子制御に関わる重要なツールとして注目も高い。これら有力なIOT関連ツールの生産事業を譲り受けることになる豆蔵ホールディングスの子会社は、IOTマーケットの中で今後も関心を集めていくだろう。

今後もIOT関連銘柄の材料に期待

株式投資市場の動きやニュースを調べていると、毎日のように IOT関連銘柄に関する新たな発表やニュースが頻繁に出ている。1年前と比べても、あきらかにIOT関連銘柄に関する情報が増えており、市場の注目もIOT関連銘柄に集まってきている。今年のテーマであるマイナンバー関連銘柄、郵政上場関連銘柄とあわせて、今後もIOT関連銘柄に関するニュースや材料発表はかかさずチェックしていきたいところだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。