IOT関連銘柄ニュースまとめ

IOT関連銘柄

IOT関連銘柄のニュース

話題のIOT関連銘柄のニュースについてまとめた。
ここ最近、IOT関連銘柄に関する情報が非常に増えている。ニュースメディアや株式投資メディアにおいても、IOT関連銘柄というテーマを目にしない日が無いと言っても過言ではない。

IoT関連銘柄sMedioの材料発表

7月15日。【3913】sMedioがIoT関連サービスの提供、IoT関連製品の開発・販売を展開する子会社である『ブイログ』を設立することが発表された。sMedioはブイログに対して78%以上の出資を行う。その他にもIoT関連分野では有名な西本雅一氏、菊池正和氏も出資を行うようだ。これによりブイログはIoT関連事業を専門とした事業展開とIoT技術の向上に期待ができる。そしてsMedioはIOT関連銘柄として重要かつ注目度の高い株としてみることができる。

IOT関連銘柄へ影響を与えるIBM

7月15日。日本IBMがIoT関連事業についての説明会を開催。
日本IBM内にて、新たに立ち上げられたIoT関連分野の専門チームの名称は「IoT事業開発推進室」だ。
これにより、本格的にIoT関連事業への始動が見込まれ、IoTのマーケットにおいて、IBMが日本以外の海外でも培ってきたノウハウを日本国内のマーケットへとフィードバックがされていく。国内顧客がIoTを強みにできるような事業展開を推進し、先進的かつ強壮優位性の高いIoTサービス、ソリューションを世界的に打ち出して行くようだ。
その他にも、IoTというキーワードに対して、「狭義のIoT」と「広義のIoT」に分けた事業展開を行うなど、IOT関連銘柄にも今後影響を与えていく動きに期待ができそうだ。

IOT関連銘柄ソフトフロントの材料

7月15日。【2321】ソフトフロントが【9433】KDDIとIOT分野への事業展開の協業を強化していくという発表がでた。この発表は大きな買い材料とされ、ソフトフロントの株価はストップ高に。IOT分野における大きなムーブメントを起こす可能性もある両企業。今後も要注目のIOT関連銘柄としてチェックすべきだろう。

IOT関連銘柄ジグソーのGICS

7月14日。ジグソーはAmazon上で世界的に展開を行うIOTサービスである「グローバルIoTデータコントロールサービス(GICS)」を2015年8月から開始すると発表した。
IOT関連銘柄の中でも本命となるジグソーは、事業展開に関する発表が活発な企業だ。IoTビッグデータコントロールはIoT関連分野において大きなテーマとなっているだけに、ジグソーの成長に期待は大きい。

経済産業省とIOT関連銘柄

7月14日。経済産業省が国内製造業者を対象に、あらゆるモノをインターネットで繋いでいく「IoT」への対応を促すために、IoTに特化した官民の協議会が立ち上げられる。IoT関連機器やIoTに携わる設備や向上などを繋ぎやすくするために、規格等の統一を目指しているという。経済産業省によるこの協議会には、IOT関連銘柄の筆頭でもある三菱重工業、トヨタ自動車、日立製作所、富士通らが参加。官公庁によるIOT化への促進もあり、IOTの普及はますます加速するだろう。そしてIOT関連銘柄への注目もさらに高まっていくことが想定できる。

IOTのYOUTUBE動画

英語版の動画だが、IOTについて更に知識を深めることができる動画だ。英語が解る方も解らない方も一見の価値はある。
IOT関連銘柄の株価を追っていくなかで、IOTに関する理解を深めることは非常に強力な武器となる。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。