磁気テープのIOT関連銘柄

磁気テープという言葉を懐かしく感じている方もいるだろう。
カセットテープ、ビデオテープで使用されていたあのテープだ。
それが今、IOT化する社会の中で再注目されている。

磁気テープのIOT関連銘柄

【4901】富士フイルム

富士フィルムの磁気テープの売上が3年連続で上昇していることはご存知だろうか。

我々の日常生活では馴染みがなくなってしまった磁気テープだが、富士フィルムは産業用の磁気テープを手がける大手企業だ。

この磁気テープは、録音や録画以外の用途で使われる機会が増えてきている。

IOT磁気テープ需要の理由

磁気テープの需要が増えている理由は、IOT化する社会において、保存されていくデータ量が大幅に増加すること、さらには磁気テープはハードディスクよりもコストが安くデータ保存に関しても安全性が高いという点が評価されていることにある。

IOTデータは急速に増加する

ビッグデータ解析の調査機関によると、ビッグデータの影響から世界中のデータ量は急速なスピードで増加している。
パーセンテージにしてその増加量は40%づつ毎年増えているという驚異的なデータだ。

IOT関連銘柄への需要高まる

保存されるデータ量が、2020年には50倍になると言われており、データ保存に携わるIOT関連銘柄の需要が高まる可能性が強い。
その他にもIOTに関わるサーバーの需要も高まっていくだろう。

磁気テープIOT関連銘柄一覧

磁気テープとIOTの観点から注目出来る磁気テープ関連銘柄は、
富士フイルム、ソニー、日立マクセルが中心だろう。
どれも懐かしのカセットテープで目にしたこともある企業だ。
その他には、TDK、東レ、帝人デュポンフィルムあたりだろう。

IOT関連銘柄・磁気テープ関連銘柄としてメモしておこう。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。