【IOT関連銘柄】ソリューション需要

Internet of Things=IOTの急速な発展により、国内外の様々な企業においてデータ管理やネットワークサービスをIOT化に対応するための新しい動きが活発化しそうな見込みだ。

IOTテクノロジー

IOT関連アプリの開発加速

IOTアプリ開発者へのアンケート結果

某調査会社が行ったIOTに関連するアプリケーション開発者を対象としたアンケート結果の統計データによると、IOT関連の取組みに対する広範囲なサポートがあるとしつつも、IOT化に向けてやらなければならないことが大量にあるという答えが出ている。

その他にも、アプリケーション開発者の大半は現在進行形でIOT関連アプリの開発を進めており、大多数の開発者がIOTを前向きなチャンスとしてとらえているという話だ。

IOT関連技術者が不足

しかし、現段階でIOT関連の業務に必須となるテクノロジー技術を身につけている開発者はまだまだ少ない様子だ。
ただでさえ複雑化を極めるITネットワークのインフラに、IOTという新たな技術要素が加わることで、アプリケーション開発者が扱うデータ量はさらに膨大な数となり、開発者の負担は大きくなり、IOT関連に対応できる技術者が不足する可能性も。

IOTが描く未来予想図

IOTという壮大なテーマが描く未来は、IOTアプリケーションがクラウドネットワークで運用され、ありとあらゆるIOT対応製品と接続される時代だ。

この未来予想図を現実化するためには、IOT関連技術に対応できるテクノロジー技術者、IOTセキュリティを専門とする技術、IOTに対応する製品製造技術など、まだまだ必要となる課題は多そうだ。

IOT関連銘柄への需要

IOTのインフラを整備するために、IOTアプリケーション開発者やIOT対応製品の製造を行う企業や、今後IOTへ対応をしていく企業に対して、IOT対応ソリューションの提供を行う企業に対する需要が高まる可能性がある。
IOT技術者が不足しているということは、当然、IOT技術を取り入れるためのIOTソリューションに需要は高まることが想定できる。

IOTソリューションの銘柄

【8031】三井物産、【6502】東芝、【6702】富士通あたりのIOT関連銘柄や、IOT自動運転車やロボット関連銘柄として【3853】ユビキタスあたりはやはりIOTのテーマとして本命の国策銘柄化してくる可能性は大きそうだ。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。