IOT関連銘柄のソフトバンクに期待

ソフトバンクは、2015年1月に通信子会社の4社を合併し通信事業統合を発表、そのソフトバンクが事業拡大として向く方向は、紛れも無い「IOT(インターネットオブシングス)」だ。

ソフトバンクがIOT関連銘柄に!

IOTについて、本ブログのIOT関連銘柄の説明ページやその他のIOT関連銘柄に関する記事でも何度も説明を書いてきたことではあるが、ここでも改めて説明をすると、IOTとはInternet of thingsの略であり、インターネットオブシングスとは、インターネットを通じてモノがネットワークに接続することを指す言葉であり、2015年以降の株式投資市場の大きなテーマとなるキーワードでもある。

浸透しはじめたIOT

既に様々なメディアでも露出されるようになってきたIOTだが、未だにIOTという意味をまだ理解出来ていない方は、是非とも本ブログのIOT関連銘柄の特集記事をご覧頂ければ、その意味を深く理解できるはずだ。

個人的に、IOTは数年後には日常生活に浸透し、10年先、20年先には人間の生活には無くてはならないレベルまで進化する技術だと確信している。

これまでにもインターネットは人と人を結び、人とモノを結んできたが、その次のステージへと進むためにIOT技術の革新が日々研究されている。

そんな中、2015年4月にソフトバンクテレコムとGEソフトウェアは企業向けにIOT及びM2Mソリューション分野での開発を行うための戦略的提携契約を締結している。

キーワードはIOTとM2M

M2M(マシントゥマシン)ソリューションとは、IOTと並んでよく出てくるキーワードだからよく覚えておくと良い。

その意味は、本質的にはIOTと近い意味を持つが、M2Mは、モノが物理的なものにとらわれず、バーチャルなもの、つまりインターネットコンテンツなどを含んだネットワーク接続を指している。

ソフトバンクに話を戻すと、ソフトバンクテレコムとGEソフトウェアは、予測分析ソフトウェアと通信機器をベースにしたM2M技術を組み合わせたプラットフォームの設計や開発を協業することで、日本はもちろんアジア太平洋地域でのIOTを推進していく流れだ。

今後、ソフトバンクはIOT関連分野で中心となり、IOT技術の躍進に大きな貢献をすることができれば、IOT関連銘柄の中でも本命の大型IOT関連銘柄として捉えていくことができる。

IOTとM2Mという次世代テーマを担いに動いたソフトバンクの今後が楽しみで仕方がない。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。