IOT関連銘柄特集

IOT関連銘柄3

ここから先、絶対に見逃すことが出来ないテーマとなるIOT関連銘柄。

あらゆるものをインターネットに接続することで、新たな次世代のサービスをクリエイトするIOT(インターネットオブシングス)に注目しましょう!

IOTとは?

IOT関連銘柄2

IOTという言葉は1999年にKevin Ashtonによって提案された言葉です。
読んで字の如く、IOTとは、「Internet Of Things(インターネットオブシングス)」の略であり、ありとあらゆるモノがインターネットに繋がり、その情報をクラウドネットワークでデータとして保存することもできる次世代のネットワーク技術のことを指します。
しかしこれだけの説明では、「IOTって何なの?」と思っている方も多いと思いますので、IOTについて具体的に説明します。
株式投資情報誌や経済新聞などでも目にする機会も増えている注目のテーマとなるIOTについて理解を深めていきましょう。

IOTの定義

IOT関連銘柄4

IT専門調査会社のIDCは、「IP接続による通信を人間の介在なしにローカル又はグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークのネットワーク」とIOTを定義しており、IOT関連銘柄とはこれらIOTに関連する企業の銘柄を指しています。

IOT関連製品

IOT1

それでは実際に、IOT関連製品について、具体的にどのようなモノがIOT製品と呼ばれているのか把握していきましょう。

従来のIOT製品

IOT関連製品

これまでは、インターネットに接続して使用を行うIOT製品と言えば、携帯電話、スマートフォン、プリンタ、デジタルカメラ、プレイステーションやXBOXなどの家庭用ゲーム機器などが挙げられます。
思い返してみてください。これらの製品は無線LAN(Wi-Fi)や有線LANケーブルでインターネットに接続して使用していたはずです。
つまり、これらの製品が、従来のIOT関連製品だったのです。

今後のIOT製品

IOT関連製品2

IOT技術の進化により、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、冷暖房機器等、インターネットに接続して使用する家電製品だけではなく、自動運転車、ドローン、ロボット等、近未来のIOT関連製品が次々と生み出されています。
近い将来、私たちが日常生活で使用する家電製品のほとんどがIOT化しインターネットに接続されていくと言われています。

IOT関連市場の調査データ

IOT関連銘柄

IOT市場の分類

次世代技術が集約されることで世界的にも巨大マーケットとなるIOT市場ですが、IOTデバイス、通信モジュールや通信機器、IOTプラットフォームソフトウェア、IOT専門ソリューションサービス、IOTセキュリティサービスなど、テクノロジー別にIOT市場を分類することができます。

IOTデバイスが市場の主力

テクノロジー別の各種IOT分野のなかでも、IOTデバイス(IOT関連製品)の売上がIOT市場全体の8割以上を占め、その他のIOT技術関連の売上は今後少しづつ伸びていくと予測されています。

2014年の普及台数と売上規模

2014年の日本国内におけるIOT関連製品の普及台数は5億5700万台、その売上規模は9兆円を超えると推定されています。

将来の成長率と売上予測

IDCの調査によるIOT関連市場の2014年〜2019年の年間平均成長率は、年間11%以上の成長が見込まれています。
2019年にはIOT関連製品の普及台数は9億5000万台を超え、売上規模も16兆円以上と大幅な成長が期待されています。

発展するIOT関連企業

IOT市場において、各種IOT関連企業が成功を収めるためには、技術を共存共有し、IOT関連製品やIOTソリューションを統合が必須になるでしょう。

IOT関連のインテリジェントシステムやエッジデバイスの接続数は2020年に約300億台に達する見込みであり、新たに生まれるベンダーはIOT関連市場に攻勢をかけるためには戦略的にIOT関連事業をスタートさせることで、その取り組みをスピードアップしている。

米国でも注目されているIOT

IOTUSA

米国でもIOTに対する注目が高まっています。

「ビジネスの規模や種類に関わらず、世界中のあらゆるベンダーがIOTのもたらす市場機会に注目しています。

成熟度の観点からは未だ初期段階ではあるものの、IOTは政府、消費者、エンタープライズ分野における、またとないビジネスチャンスとなるであろう」と米国IDCのシニアバイスプレジテントも述べています。

IOTとM2Mの違い

IOTとM2Mの違い

次は、IOTと併せて語られることが多いM2Mについて、IOTとの違いは一体どんなことなのかも説明していきたいと思います。是非この機会に、IOTとM2Mの違いや歴史についても理解を深めましょう。

M2MとIOTは繋がる機器の数が違う

IOTとM2Mの本質的いはネットワークに繋がる機器の数の圧倒的な違いにある。

M2MはIOTより歴史が深い

M2Mとはマシントゥマシンの意味であり、マシン(機械)とマシン(機械)が人間を介さずコミュニケーションを取る仕組みこそM2Mの本質であり、M2MはIOTというキーワードが普及する以前から使用されている言葉であり、実用もされている技術です。

M2Mは独立・孤立したネットワーク

工場や鉄道や道路などの監視システムなどにも利用されてきた技術で、人間が介入することのない閉鎖的なネットワーク内で運用され進化を続けてきたのがM2Mなのです。
そのため、M2Mのそれぞれのネットワークは独立・孤立して存在していることが多く、そのネットワークに対して接続されるシステムの数は限られたネットワーク数となるケースが多いのです。

2020年には接続数は300億個

ある調査機関のデータによれば、2009年にインターネットに接続されていたモノの数は全世界で約25億個という数値が出ていますが、将来的に2020年にはその数が300億個以上に増加するという予測データも出ています。
つまり、M2Mと比べてIOTはインターネットに繋がるモノの数が飛躍的に多く、これこそがM2MとIOTを区別するポイントとなります。

M2Mの時代からIOTの時代へ

M2MからIOTへ

つまり、今こそが、M2Mが主流だったこれまでの時代から、ありとあらゆる身の回りのモノがインターネットに接続されるIOTの時代へと進化を遂げている最中なのです。
全てのモノが繋がるIOTの巨大なネットワークから生まれる価値は計り知れない魅力を秘めています。

ビッグデータを生み出すIOT

IOTは大規模ネットワークによりビッグデータを生み出し、さらには人工知能を利用したアナリティクスによってその価値をさらに高める可能性を兼ね備えています。
M2Mからスタートした産業機械や工業機械、社会インフラシステムという枠を超えて、全てのモノがインターネットに繋げていく無限の拡張性を持ったIOTは、私たちの日常生活から切っても切れない利便性と利用価値を生み出していくことが期待されています。

IOT関連の説明動画

YOUTUBEにはIOTやIOT関連銘柄企業の取組みについて詳しく説明されている動画がアップロードされています。

IOT関連の知識を深めたい方は動画もチェックしておきましょう。

IOTの仕組みがよくわかる動画

IOT(Internet of Things)の仕組みや、IOTとクラウドの関係性、IOTがどのようにして我々の日常生活に関連してくるのかがよくわかる動画です。

IOT関連のインタビュー動画

IOTやIOT関連ウェアラブルについて細かい部分までインタビュー形式で説明がされている動画です。

大型の本命IOT関連銘柄

IT分野の大企業もIOT関連銘柄というテーマで主流となる動きを見せています。

【9984】ソフトバンク

ソフトバンク

ソフトバンクは携帯電話やスマホ、インターネット事業が中心の企業であるが、IOTのテーマのもと、人工知能(AI)ロボットなど、次世代テクノロジーで高い成長が期待できる分野の事業を拡大している。

【6503】三菱電機

三菱電機

三菱電機はIOTが当たり前となる将来において、IOT関連製品の製造から生み出されたLSIの個体差を利用した新しいセキュリティー技術を開発。IOT関連機器の秘匿と認証を行うセキュリティ技術で、IOT関連のセキュリティ分野で活躍する可能性。

【8031】三井物産

三井物産

三井物産もIOT及びクラウドに関するテクノロジーから新たなIOT関連事業を生み出すことを狙いとした営業本部を新設し、IOT関連分野への取組みを本格的にスタートさせている。

【6502】東芝

東芝

IOT関連分野の開発を強化するという発表を出した東芝。巨大なグループである東芝の各事業で抱えているIOT関連のテクノロジー技術者を集めるために「クラウド&ソリューション社」の動きも。

狙い目のIOT関連銘柄

IOT関連銘柄への投資で大きな利益を見込むのであれば、時価総額が小さなIOT関連の小型株が狙い目と言えるでしょう。

【3690】ロックオン

IOT関連銘柄ロックオン

ロックオンは、近年発展を続けるEコマース市場の中で、同社が手がける「EC-CUBE」の開発にも注目が高まっているIOT関連企業だ。この「EC-CUBE」の新規開発はIOT関連銘柄として同社の評価を高める材料を秘めており、ECオープンプラットフォームとしての強い拡張性を持っていることからも、スマホアプリやリアルPOSレジ等、様々な部分をIOTに対応していくことが期待されている。EC関連銘柄、IOT関連銘柄という2つの期待のテーマ株に属するロックオンは要注目のIOT関連株。

【3727】アプリックスIPHD

IOT関連銘柄アプリックス

MtoM(M2M)関連事業に集中するために事業再編成を行っているアプリックスIPHD。MtoM関連市場はIOT関連市場と共に今後さらにマーケットが拡大し投下される資金も増加する可能性も期待大。アプリックスIPHDのIOT関連銘柄としての側面を見ると、Bluetooth(ブルートゥース)を利用してスマホを無線で繋ぎ、接続された家電機器の故障や稼働状況をメッセージでスマホに送ることができる製品の企画開発に積極的な点が評価できる。

【9739】NSW

IOT関連銘柄NSW

NSW(日本システムウエア)は、同社が手がけるM2M(MtoM)クラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」を活用し、【1951】協和エクシオと協業してICTソリューションビジネスを展開していくことからも、IOT関連銘柄として期待が高まっている企業です。

【3669】モバイルクリエイト

IOT関連銘柄モバイルクリエイト

モバイルクリエイトは、半導体関連の製造装置で有名な【6314】石井工作研究所の株式を30%以上取得したことでも注目を浴びたIOT関連銘柄です。モバイルクリエイトの主な事業は、タクシーや輸送トラックを対象にした業務用のIP無線システムであることからも、IOT分野として注目が高いロボットタクシーや自動運転車というテーマにも関係してくる可能性も。今後も事業領域の拡大に期待をすることができるIOT関連銘柄だと言えます。

【3913】sMedio

IOT関連銘柄sMedio

sMedioはスマートデバイス向けの最先端のソフトウェアを提供している企業。急速に発展しているIOT関連分野での活躍が期待されBD4Kの開発なども。IOT社会の実現に向けて革新的な新製品開発に期待がもてる。ここからまだ狙いやすく将来的にも大きな躍進が期待出来るIOT関連銘柄のひとつ。

IOT関連銘柄ジグソーの詳細情報

個人的な本命銘柄は【3914】ジグソーだ。

本命のIOT関連銘柄はジグソー

この株ブログでは、個人的にIOT関連銘柄の本命として【3914】ジグソーに関する様々な情報をまとめている。ジグソーの株価、材料、企業情報、ABR、kudan limitedとの提携など、ジグソーの重要な情報が満載だ。本命のIOT関連銘柄のジグソーの情報はこちらから。

IOT/M2M展の情報

IOT関連銘柄企業が一同に集う2015年最大のIOT関連イベント!

2015 Japan IT Week 秋

2015年10月28日に幕張メッセでJapan IT Week(IoT/M2M展)が開催される。
IoT/M2M展について詳しくまとめた人気記事はこちらから。

IICとIOTの関係

IOT関連銘柄にも強い影響を及ぼす団体IICについてまとめた記事もご覧ください。

IICとIOT関連銘柄の関係について把握しましょう。

IOT関連銘柄の最新記事

IOT関連銘柄のニュース

IOT関連銘柄の最新情報はコチラから確認することができます!

更に詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を下記のリンクから無料で即時入手することができるぞ!面倒な手続きは一切不要!メールアドレスを入力すると10秒程度で今すぐ推奨銘柄が届くという非常に便利なサービスだ。タダでプロ投資顧問が全力推奨する強力な銘柄情報を手に入れておいて損はない。
相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。
テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。
無料の推奨銘柄がガンガン株価上昇しているファーストリッチ投資顧問!代表取締役の岸津氏(元日興証券)をはじめとし、鳥丸好一氏(元日興証券 株式部)、島田幸男氏(元成瀬証券 投資コンサル部)、中村喜広氏(元三菱証券 営業部)といった蒼々たる面々が顔を連ねる正真正銘の実力派。プロの売買現場最前線を知る圧倒的な情報力は本物。元証券マンが推奨する質実剛健な無料銘柄は一見の価値アリ!ココの推奨銘柄はマジで凄い。【全力推奨の5銘柄】を無料で今すぐ入手しておこう。
あすなろ投資顧問は個人投資家なら誰でも一度は目にしたことがある東洋経済ONLINEなどにも掲載実績を持つ信頼の置けそうな投資顧問会社。ココの元代表取締役であり創業者でもある石井博行氏は、岡三証券をはじめとした証券会社で長年の取引現場経験を積み、トレーダー、ディーラーとして資産運用のスペシャリストとして知られているようだ。現在では代表取締役を降りて裏方としてトレード情報の収集に徹しているのだろうか?なかなか気になる存在だ。無料登録時に教えてもらえる3銘柄でその日にすぐ稼ぐことができた人もいるようなので、メアド入力だけで手に入る今日の注目銘柄情報は入手しておく価値はあるだろう。とりあえず聞いておいて損はないので、まずはコチラから無料推奨銘柄をタダ聞きしてみるとよいだろう。
Twitterでも株王獅子丸の最新の株式投資情報をCHECKできるぞ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加