エストコーポレーションのICO【EMIコイン】

史上最大級の”期待値”と”実現性”を誇る話題必至の超特大ICO案件であるEMIコイン(エミコイン)のICOを行うEMI財団(EMI Foundation)と提携した株式会社エストコーポレーションについて、具体的な事業内容や企業としての社会的貢献度や認知度、【SBI・日生キャピタル・日本ベンチャーキャピタル】といった蒼々たるトップ企業が名を連ねる株主・出資情報まで、EMIコインの期待の裏付けの証として、エストコーポレーションがどんな企業なのか、なぜEMIコインが最高峰のICOと評価されているのか、詳しい情報を徹底的に検証したぞ。(※本記事の下部にEMIコインの公式サイト及びホワイトペーパーの公式URLを記載してあるぞ。)

エストコーポレーションとは

EMIコイン(エミコイン)のICOを行うEMI財団と企業提携を行なっている株式会社エストコーポレーションがどのような企業なのか、気になっている方も非常に多いと思うのでわかりやすく説明していくぞ。

まず先にハッキリ言うが、エストコーポレーションは近い将来(2〜3年以内)に「国内で株式上場(IPO)する可能性がある企業」だ。(株式上場の可能性の根拠は後述で説明する。)

エストコーポレーションは、医療分野と介護福祉分野といった、大きく分けて2つの分野で事業を展開しており、日本全国の医療機関・医療施設・介護施設・福祉機関・地方自治体と連携した実に有用性の高いサービスを提供している企業だ。(各事業内容の紹介は後述で詳しく説明する。)

既に、医療業界・介護福祉業界で大きな成功を収めており、SBI・日生キャピタル(日本生命グループ)、日本ベンチャーバンク・じげん、などの日本トップクラスの大企業や上場企業から第三者割当増資による出資を受けたり高く評価されている実績も持つ。

その他にも、東京都承認の優良企業認定、働きがいのある会社としてベストカンパニー賞の受賞、革新ビジネスアワードでベンチャー大賞受賞、SBI代表取締役の北尾吉孝氏から北尾賞を受賞など、非常に輝かしい受賞実績を誇っている。

まず、ここまでの簡単な企業概要だけでも、EMIコインのICOを行うEMI財団と密接な関係にあるエストコーポレーションがどのような企業なのか、大きな興味を感じて頂けたかと思うが、これからさらに具体的な情報を下記に説明していくぞ。

多少長くなるが、EMIコインに関する大切な重要を伝えているので、最後までお付き合い頂きたい。

EMIコインをICOするEMI財団と提携

EMIコインのICOを発行するEMI財団(EMI Foundation)と世界初の提携(企業提携兼共同事業主)を行なったのが国内トップクラスの医療IT企業であるエストコーポレーションだ。

EMI財団とは、その名の通り、EMIコインの発行やICOを主体で行う財団であり、EMIコインに関わるあらゆるサポートを行う財団だ。

EMIコインの魅力や信頼性を知るうえで、”EMI財団”の名前も覚えておこう。

代表取締役 清水史浩

EMIコインのICOを行うEMI財団と提携したエストコーポレーションの代表取締役は清水史浩氏。

上記に紹介する動画は、エストコーポレーションの事業内容以外にも、清水史浩氏の人間性まで非常に良く伝わってくるインタビュー動画だ。

その他にもテレビ朝日のバラエティ番組への出演や、新聞、雑誌など、これまでにも実に多区のメディアの取材も受けており、将来的に、日本を代表する企業を目指す若手社長として有名な人物だ。

2007年にエストコーポレーション社を設立し、最高を更新し新しい未来を創るという企業理念の基、国内の医療業界及び福祉社会へ多大なる貢献を続けており、各方面から将来を期待されている非常に優秀な経営者だと言えるだろう。

国内外の仮想通貨業界の大物関係者との人脈も強く、政界・財界にも強い非常に有力な若手経営者、それがエストコーポレーションの代表取締役の清水史浩氏だ。

2014年には“ベストベンチャー100”にて、最も“志が高い企業”として、SBI代表取締役の北尾吉孝氏より“北尾賞”を受賞するなど、評価は高まるばかり。

そんな清水史浩社長が率いるエストコーポレーションが展開するEMIコインは、医療・福祉・IT・ブロックチェーンを融合し、実体性のある革新的な価値を生み出すことに期待されている。

会社所在地

エストコーポレーションは、東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス6Fに本社を構えており、最寄駅は中央総武線の市ヶ谷駅又は東京メトロ都営地下鉄線の九段下駅、入居している建物は靖国神社近くの非常に立派なオフィスビルだ。(本社所在地の地図は下記に記載)

エストコーポレーションの事業内容

SBIの北尾吉孝氏から”北尾賞”を受賞され、「経営革新計画」に合格し“東京都承認の優良企業として認定”もされているエストコーポレーションの具体的な事業内容についても下記に紹介していくぞ。

EMIコインとの親和性も非常に高い事業内容であり、EMIコインが医療ITサービスで有効活用されていくことが非常に良くわかる。

エストドック(ESTDoc)

エストドック(ESTDoc)は、エストコーポレーションの代表的なサービスであり、インターネットで24時間いつでも病院の検診の予約を行ったり、外科・内科・美容外科・心療内科・歯科など、様々な種類の病院の情報を知ることができる国内有数の医療ITサービスだ。

現在までに日本全国15万件以上の医療機関が掲載されており、医療業界における成長率・シェア率の観点から見ても、業界トップクラスだと言える。

そして、このエストドックは、毎月1万件以上の利用実績があり、ここでEMIコインが実際に使用され流通する。

つまり、EMIコインは、エストドックで使用されるという実需があるため、その他多くのゴミ同然に無価値なICOと違い、価格維持をするプラットフォームを持っていると考えて良い。

多くのICOは、計画や予定ばかりで、実際にコインが流通することがほとんどなかったが、エストコーポレーションのEMIコインはこの点が全く違い、流通経路を自社で確保している点は圧倒的な強みだ。

さらには、エストドックと連携する全国15万件以上の医療機関にもEMIコインが流通することを考えると…

EMIコインが医療分野で日本を代表するデジタル通貨(仮想通貨)として成長していく可能性は充分だ。

読者のあなたも経験があると思うが、病院で検診を受ける際に、待ち時間が非常に長くてストレスを感じたことがあるはずだ。(特に総合病院などの大病院ではそれが顕著だ。)

その他にも、土日祝・年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休みなど、大型連休の際に体調を崩した時に、受診を行っている病院を探すのに苦労した経験はないだろうか?

エストコーポレーションが提供するエストドックの病院予約サービスを利用すれば、そういった問題やストレスが解決でき、非常に利便性が高く、需要と収益率も大きい事業だ。

エストコーポレーションが関わるEMIコインは、このような医療ITサービスに導入されていくという実に明確な実体性がある仮想通貨だと評価できる。

医療検診ソリューション

ご存知の通り、既に医療機関では患者のカルテなどの医療情報をIoTビッグデータを利用した管理が浸透しており、昔ながらの手書きの書類で管理するケースがだいぶ少なくなってきている。

この現象こそ、まさにエストコーポレーションが提供している健診ソリューションサービスの賜物であり、同社は特定健診が開始された初年度より、日本国民の各種健診結果のデータ入力を行い、国が指定するフォーマットへデータ変換を行うという、圧倒的な需要がある事業だ。

全国8000件を超える医療機関・医師会・自治体・健康保険組合・人間ドック・法定健診・生活習慣予防審査などの電子化を行っている。

同社が高く評価されるのは、これらサービスをさらに進化させ、医療分野のビッグデータと健診データを掛け合わせることで、QOLの向上や国民が負担する医療費の削減を目指すという、非常に志の高い展開を見せているところだ。

つまり、同社が真剣に取り組んでいるこれらの事業により、現在の医療機関にかかっている無駄なコストが省かれ、結果として我々国民の医療費の低減に繋がっていくという本当に素晴らしいサービスなのだ。

これらの過程においても、医療機関とエストコーポレーションの間でEMIコインが活用されていくということも非常にわかりやすい。

病院でお医者様が、PCに情報を入力したり、PCを見せながら病状を説明する姿をあなたもなんども見たことがあるはずだ。

そういったごく当たり前の医療機関の一環の中に、エストコーポレーションが提供する医療検診ソリューションが活用されているのだ。

自治体支援事業

エストコーポレーションは、日本全国の自治体とも連携しており、地方自治体が運営している介護保険事業・保険福祉サービスを支援対象に、各自治体が取り組む「高齢者のすみやすい豊かな地域づくり」のために、社会貢献度が非常に高いサービスを行っている。

平成22年8月の制度改正から二次予防対象者の把握を行うために、65歳以上の高齢者を対象にした健康チェックのアンケート調査や、その結果から介護が必要な高齢者の方への予防推進を行う事業支援を行い、介護予防教室の運営など、健康運動指導士や栄養士などの専門的なスペシャリストと共に、独自性が高い介護予防施設を展開している。

日本全国の地方自治体と連携した高齢者向けの介護関連事業は、既に株式上場している介護福祉企業の業績を見ても一目瞭然の通り、今後まだまだ成長性が高い事業であり、この分野においてもエストコーポレーションはシェアをさらに広めている。

また、地方自治体を支援する事業は、社会性に優れ、信頼性にも優れていると高く評価でき、EMIコインの実用についても、地方自治体とのネットワークを持っているという点は大きな強みだ。

レクサポ

レクサポとは、つまりレクリエーションサポートであり、エストコーポレーションが取り組む福祉分野事業の名称だ。

こちらも日本全国の福祉施設の入居者を対象に、音楽・書道・ヨガ・運動・パソコン講座など、希望に応じたレクリエーションを提供するサービスであり、各分野の専門的なスペシャリストを講師に迎え、「明るく楽しい福祉施設」の実現を提供している。

事業需要も高く、福祉施設の職員の負担や入居者の生活の質を向上させ、福祉施設の独自性を高めたりブランディング効果も提供することに成功している。

日本全国の福祉施設とのネットワークも、EMIコインを実用化する際に、他のICOが決して真似することができないエストコーポレーションならではの武器となる。

脳レク

脳レクも、エストコーポレーションの社会的評価を高めている事業の一つ。

日経新聞・日経デジタルヘルス・産経新聞など、数多くの新聞メディアにも掲載された実績を持ち、高齢者向けに認知症の防止を目的とした脳トレーニングドリルを提供し、定期的に認知症のリスクを把握するために、あたまの健康チェックなども提供している。

脳レクを利用することで、高齢者及び同居者の家族は、認知機能の低下について把握することができ、万が一、認知症のリスクがあると見られた場合には、自宅に居ながら医師への相談をすることができる遠隔診療の案内まで用意されており、認知症の予防・事前対策・診療について日本全国の高齢者・医療機関から支持を得ている。

かいごの転職

こちらは、福祉介護分野に従事する職員専門の転職・人材紹介サービスの事業だ。

ご存知の通り、総合的な人材派遣や求人など、転職に関連するサービスはこれまでにも国内で急成長しており、次に大きな需要が来るのは、専門分野に特化した人材紹介や転職のサービスだ。

エストコーポレーションは、得意とする医療分野・福祉介護分野のネットワークを活用し、この分野に特化した転職サービスの提供も実現している。

厚生労働省や内閣府が公式サイトで公開しているデータからも、日本国内で介護福祉分野に従事する職員の人数は爆発的に急増しており、同社が展開する「かいごの転職」は今後さらに利用者数が増加し、事業収益も右肩上がりの成長が期待できる。

EMIコインとの関連性

上記に説明したエストコーポレーションの事業内容と、EMIコインの関連性・親和性は非常に高く、日本全国の医療機関・介護福祉機関・地方自治体といった圧倒的なネットワークがあるからこそ、EMIコインの有用性や具体的な実サービスでの活用など、実用性は他のICOとは比較にならないほど優れている。

つまり、既に医療分野・介護福祉分野・地方自治体分野で大きな成功を収めているエストコーポレーションが提携したという材料があるICOだからこそ、EMIコインの確かな価値というものにこの上ない期待が持てるということだ。

もっと言えば、収益性・信頼性・成長性・社会貢献度の観点からも成功している企業だからこそ、国内有数のベンチャーキャピタルからの出資も受け、株式上場(IPO)する可能性も現実的に非常に高いということだ。

エストコーポレーションが株式上場した場合、ICOするEMIコインの価値が高まるということは、誰もがわかりきっていることだろう。

まずは、同社の代表的なサービスであり毎月1万件以上の利用実績があるエストドックでEMIコインが流通&使用され、その先に繋がる全国15万件以上の医療機関への浸透、さらには同社のサービスによって電子化されている日本全国の医療データや患者カルテのデータ管理にも利用が拡大していくことを考えれば、EMIコインの”価値”が、他のICOとは比較にならないほど魅力的だと言う点に気がつくはずだ。

エストコーポレーションの株主

EMIコインのICOを行うEMI財団と強力な関係性にあるエストコーポレーションがどのような企業なのかを理解するためには、株主情報や出資企業の情報まで把握することが必要不可欠だ。

多角的な視点で、【株主=影の真のオーナー】として考えた場合にも、株主の存在は非常に重要になる。

SBI・日生キャピタル・日本ベンチャーバンクといった国内トップクラスの大企業とエストコーポレーションの密接な関係性について分析した結果を先駆けて下記に記載しておこう。

SBI

エストコーポレーションが関わるEMIコインが、その他全てのICOと比較して圧倒的に信頼できる理由は、何よりもまず「SBIが株主」という“超ビッグな裏付け”があるからだ。

SBIのトップを務める北尾吉孝氏は仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズの設立をはじめとして、ブロックチェーン事業に積極的な動きを進めており、2018年第3四半期決算の発表会見では「模範的なICOを作っていく」といった質実剛健な発言もしており、SBI自身でもICOを行う姿勢を見せるほど仮想通貨への取り組みは本気そのものだ。

国内仮想通貨業界のドン(首領)とも成り得る北尾吉孝氏が率いるSBIという巨大すぎる株主を持つエストコーポレーションが提携したICO【EMIコイン】は2018年度最大級、いや、仮想通貨史上最大級のICOとして世界中から非常に高く評価されるだろう。

日生キャピタル

日生キャピタル(関東財務局長 金商 第918号)は、東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル22階に本社を構える、あの日本生命グループが擁する日本有数の巨大ベンチャーファンドだ。(資本金はなんと30億円!)

同社がこれまでに投資を行った企業数は1000社を超え、IPO(株式上場)を果たした企業も251社以上という、日本トップクラスの実績を誇っている。

エストコーポレーションのオフィシャルサイトのプレスリリースでも確認できる通り、2015年に日生キャピタルから第三者割当増資を行っており、「日生キャピタルが出資した企業が株式上場する確率」から考えてみると…

そうだ。その通りだ。

エストコーポレーション自身も近い将来、国内で株式上場(IPO)をする可能性まで充分に見えてくる。

日生キャピタルが出資を行い、上場させた企業の例を挙げれば、【3913】sMedio、【7779】サイバーダイン、【3185】夢展望、【3691】リアルワールド、【3905】データセクションなど、株式投資の経験者なら注目銘柄として株価も過去に急騰した成長企業ばかりだ。

エストコーポレーションも同じく上場する可能性…!

日本ベンチャーキャピタル

日本ベンチャーキャピタル(資本金20億5000万円)は、NVCCの通称でも有名な日本を代表する投資ファンドであり、EMIコインのICOを語る上で重要な存在となるエストコーポレーションは同社からも、2015年に出資を受けている事実を確認することができる。

同社の出資先ベンチャー企業が株式上場(IPO)を成功させた実績も凄まじく、累計141社、うち国内上場が121社、海外でも20社を上場させている。

これらのエストコーポレーションの株主・出資企業の情報から見えてくるのは、やはり…!

エストコーポレーションが日本で株式上場する可能性を感じずにはいられない。

日本ベンチャーキャピタルのIPO実績は、【6190】フェニックスバイオ、【4594】グリーンペプタイド、【3415】STUDIOUS、【2651】メタップス、【4381】ビーブラッツ、【9519】レノバなど、バイオ関連企業から新興ファッション企業まで幅広いジャンルのベンチャー企業が数多く株式上場している。

これら企業と同じく、エストコーポレーションが、2018年にEMIコインのICOが完了した後、2020年頃に株式上場する可能性について、後述で詳しく述べる。

エストコーポレーションは上場する!?

EMIコインのICOを行う株式会社エストコーポレーションがどのような企業なのか、ここまで説明をしてきたが、事業内容・企業成長性・株主&出資でバックについている大企業など、魅力的な点が各所にあるのは伝わったかと思う。

そして、EMIコインが2018年に予定されている海外仮想通貨取引所への上場、2019年に国内仮想通貨取引所への上場が達成された後に、2020年から2021年頃にかけて、今度はエストコーポレーション自体が日本で株式上場(IPO)する可能性は非常に濃厚だと言うのが俺の本音だ。

エストコーポレーションが株式上場すると言う予測根拠は多数あり、日生キャピタル(日本生命グループ)や日本ベンチャーバンクから出資を受けている点だが、両社から出資を受けた後に株式上場するベンチャー起業の数は日本トップクラスだ。

さらには色濃く関連するSBIとの関係性、つまり仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズを引率する北尾吉孝氏との強力なコネクションすら示唆される。

これらの点からも、EMIコインが他のICOと全く次元が違う、本物の成長性・流通性を持ったICOであることがよくわかる。

そして、エストコーポレーション自体の株式上場が達成された際には、EMIコインの価値は、10倍、いや100倍〜500倍といった驚異的な成長を体感できる可能性も充分だ。

日生キャピタル・日本ベンチャーバンクがこれまでに出資を行い株式上場させたベンチャー企業の一覧は、両社のオフィシャルサイトの上場実績ページをご覧頂ければ一目瞭然だ。)

近い将来、両社の上場実績一覧にEMIコインのICOと密接な関係にある株式会社エストコーポレーションの名前が表記される未来も見えてくる。

EMIコインの公式サイト

また、最後に、エストコーポレーション及びEMIコインの公式WEBサイトやホワイトペーパーを掲載しておく。

英語が読めない方はLINE俺に相談してくれれば、どのような内容なのか、わかりやすく説明もできるので、気軽にメッセージをくれ。

EMIコインの公式サイト

「海外で公開されている英語版のEMIコインオフィシャルページだ」

EMIコインのホワイトペーパー

「海外で公開されている英語版のEMIコインのホワイトペーパーだ」

エストコーポレーション公式サイト

「日本語標記のエストコーポレーションのオフィシャルサイトだ」

【本物関係者直通ルート】により入手に成功しているEMIコインのプライベートセール枠に関する詳細を聞きたい方もLINEでメッセージを頂ければ無料でお答えする。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『エストコーポレーションのICO【EMIコイン】』へのコメント

  1. 名前:コイン研究所 投稿日:2018/07/13(金) 10:16:03 ID:f9a6be82b 返信

    エストコーポレーションについてここまで情報量が多い記事は凄いです。
    さすがは、株式投資経験もベテランの株王獅子丸さんの読みは鋭いですね!
    僕も、エストコーポレーションの株主や事業内容を調べていて、
    エストコーポレーションは株式上場できそうじゃん!って思っていました!

    EMIコインのICO→海外取引所上場→国内取引所上場→エストコーポレーションが株式上場

    の流れが見えますね!
    本当に他のICOと違って、EMIコインは凄いですね。

    また訪問させて頂きます。

  2. 名前:ひろこ 投稿日:2018/07/13(金) 11:12:25 ID:f9a6be82b 返信

    エストコーポレーション、EMIコイン、今年は全ての仮想通貨の話題の的ですね^_^★

  3. 名前:イカ天 投稿日:2018/07/15(日) 13:30:39 ID:d213961e3 返信

    エストコーポレーションのICOがあるなんて初めて知りましたわ

    いつも早い情報に感服ですわ

  4. 名前:なみ 投稿日:2018/07/16(月) 12:37:04 ID:7615d9ec0 返信

    エストコーポレーションのように信頼できる企業が行うICO案件は信用できますね。他は胡散臭いICOも多いですが、獅子丸センセイの情報はいつも信用でき参考になります。

  5. 名前:けーーーん 投稿日:2018/07/17(火) 13:22:44 ID:0860ea14f 返信

    エストコーポレーションのICOはガチっすわ。プライベートセールありがとうございますですわ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です