VR関連銘柄

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。
2016年はVR元年と言われている。あまり聞き慣れない言葉だがなんと、2020年にはVR市場規模は404億ドルになると予測されており、VR関連銘柄が爆発的に普及すると見込んだ投資家が国内外問わず投資に力を注いでいるとの情報を得た。またとないビジネスチャンスを逃さぬようしっかりとVR関連銘柄についてポイントをシッカリ抑えておこう。

VRとは?

poster-1663612_1280

VRとはバーチャルリアリティの略で、コンピューターで作り出した仮想世界、仮想現実などと言われている。コンピューターの発達もあり、その技術を使い人間の視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚などの五感を刺激し、かなり現実に近い状況を体感できる。VR=ゲームと思ってる者も少なくないと思うが、ゲーム以外に映画や音楽に留まらず、医療やショッピングとVRが我々の身近に迫っている事は間違いない。

VRとARの違い

日銀金融政策決定会合の発表時間と発表内容

まずARについて説明しよう。AR=Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略である。日本語で分かりやすく言えば拡張現実という意味である。現実世界にある物に別の物を作り出す技術である。ポケモンGOのARモードを想像してもらえれば分かりやすいのではないだろうか。

ざっくりというならば・・・

AR=架空の世界と現実世界を合わせたもの。

VR=全く違う現実にいるような体験ができる。

動画で覚えるVR

https://www.youtube.com/watch?v=kXL6K9VUdFs

動画で覚えるAR

VR 4つの活用事例

ゲーム

VRといえばまずゲームを思い浮かべるだろう。今年の9月には東京ゲームショウが開催され、過去最高の600社以上が出展した。中でもVR元年と呼ばれるだけあってVRゲームが多く出展された。通常は、コントローラーにて操作をするのが一般的だがVRともなるとコントローラーの形も様々である。

レースゲームではハンドルがコントローラーになり、臨場感溢れるレース体験が可能でVRとの相性は抜群だ。又は、実際にバイクにまたがってプレイする物もあれば、目のまばたきに反応しゲームするものもあったりと、その可能性は未知でありVR関連銘柄の中心に位置している。

https://www.youtube.com/watch?v=yx9W2NqvQBI

動画・映画

日本のみならずハリウッドでもVRを取り入れた作品が増えてきている。映画では3Dをはじめ、最近ではイスが動くだけでなく、水しぶきや香りまで体感できる4D映画が話題を呼んでいるが、今度は360度映画の世界を見渡すことができることで、世界感をより一層体験することができるぞ。

かの有名なスピルバーグ氏は2017年公開予定のVRが舞台のSF映画の監督をする事が決まっており、新たな時代への先駆者として注目が集まっている。そうなってくると映画からゲームに移植されるものも少なくないと予想される。2007年にハンディカメラで撮影された映像を編集しただけだが、その技法が逆に恐怖を煽り爆発的な人気を得たパラノーマルアクティビティーもゲーム化が発表された。VR関連銘柄をめぐり、このような動きが一層高まることは間違いない。見る恐怖から体験する恐怖へと姿を変えている。

ミュージックビデオでもVRが取り入れられ始めており、世界で初めてVRミュージックビデオを作ったのは、なんと倖田來未である。それから少しずつVRMV(バーチャルリアリティーミュージックビデオ)が製作され始めている。VRを使い伝えたい思いをもっと深く直感的に伝えられることになるぞ。

倖田來未/Dance In The Rain

VR漫画

漫画もVR技術を使えば、更に物語に入り込むことができる。読むだけでなくコマの中まで自分が入りこむこともできる事から、作者の表現方法次第ではもっと読むものを世界に引き込む事ができそうだ。

VR賃貸

家探しの方法もVRによって大きく変わってきそうだ。間取りを図面で確認する時代は終わりを迎えようとしている。これからはVRで間取りや窓からの景色なども店頭で確認ができるようになるという。これにより利用者としては物件選びがしやすくなるだろう。賃貸だけでなく今後は新築のモデルなどもVRでチェックできる日がくるだろう。

医療

なんとVRが医療の現場で活かされているという。手術の現場を研修の一環で見ることができる。360度現場を確認することができればより実践的な研修が可能になることで、医師のスキルアップが大幅に上がることになるだろう。又、海外では精神疾患や高所恐怖症などをVRにて疑似体験し克服するVRセラピーなるものまであるというのだから、VR関連銘柄は生活のありとあらゆるところから生まれてくる超大穴と言ってもいいだろう。

VR関連銘柄の本命

【3697】SHIFT 

VRを利用するために装着するヘッドセットをつけることによりおこる「VR酔い」などの人体に影響を与える要因の評価を検証サービスで行う。VRを誰もが悪影響を受けることなく利用できるようにするために、必要不可欠である。

【3668】コロプラ 

CMでおなじみ、白猫のウィズなどゲームアプリを手がける会社である。VR=ゲームの認知度と比例してVR対応アプリの需要もあることから重要なVR関連銘柄の一つだ。

【3907】シリコンスタジオ 

リアルタイムCG技術をVR分野に応用し積極的に展開することが発表されている事から、人気に加速的伸びると読んでいるぞ。今年もVR展や東京ゲームショウなど、VR関連銘柄を引っ張るべく、様々なイベントに参加している。

【6731】ピクセラ

VR事業だけでなく、翻訳システム事業やIOT事業などIT関連事業を幅広く手がけている。ARやVRを活用した広告制作は、広告業界に新しい風を起こしてくれそうだ。

【3909】ショーケースティービー

今年に入り不動産企業オープンハウスとの連携を発表をしており、VR賃貸の分野では核となる存在といえる。上場して日も浅いことから株価の変動はあるものの市場の広がりは期待できることからVR関連銘柄の大穴と言っていいだろう。

VR関連銘柄まとめ

berlin-1429878_1280

ゲームだけに留まらず、映像や医療の分野にまでその可能性を期待されているVR関連銘柄。VR元年と呼ばれている今でさえこれだけ期待されていることからも、VRと関連性がないことにも応用できる分野が残されているだろう。株価への影響を与える銘柄を投資家の兄弟たちはしっかりとおさえておくことが必要だぞ。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です