AI関連銘柄

AI関連銘柄リスト

girl-1219339_960_720

投資家の兄弟たちよ、株王獅子丸だ。
AIには幅広い応用の可能性がある。すでに強力な対局ソフトが実現しているほか、自動運転車開発においてもAI技術が活用されている。人間の仕事を奪うほどの優れた能力を発揮する可能性も出てきており、注目の投資テーマと言える。

これがAI関連銘柄だ

まずは俺が注目しているAI関連銘柄を下記にまとめた。各種のAI関連銘柄に対する個人的な見解や分析も交えて紹介しておく。

【9984】ソフトバンクグループ

財務悪化懸念がなされているものの、積極的な投資姿勢を継続している。5月29日にはIBM Watsonをエントリーシートの評価に活用する方針を示すなど、先進的な取り組みが多い。携帯電話ショップではロボットによる接客を行うなど、将来性に期待が持てる企業と言える。

【2158】FRONTEO

利用者の「自分探し」に役立つロボットを開発している。人工知能KIBITを活かしながら、少ないデータをもとに利用者の好みを把握することが目指されている。顧客の好みに合わせた提案を行いたい店舗などが活用できるほか、趣味を広げたい個人などからも需要があると考えられる。

【6172】メタップス

新興企業としてAIビジネスに積極投資している。メタップスが取り組む分野は金融だ。経済データを日々学習することにより、具体的な利益を生み出すことを目指す。新たな投資商品や保険商品の開発などを行う。データを扱うビジネスが中心であることから、相乗効果が期待される。

【6182】ロゼッタ

翻訳サービスを提供している。翻訳にあたっては人工知能を活用することで、専門性の高い分野についても効率よく翻訳を進めることができる。グローバル化が進む中で翻訳の重要性は増しており、市場拡大を追い風として業績を伸ばせるチャンスがある。

【3655】ブレインパッド

データ活用ビジネスに取り組んでいる。ビッグデータの活用は大企業など豊富なデータを蓄積している企業がビジネスチャンスを広げるうえで不可欠である。AIを活用すれば人間には難しい発見ができる可能性があり、ビッグデータ関連ビジネスにも恩恵がある。

【6031】サイジニア

オンラインビジネスを行う企業などを中心に、データを活用しながらより良い広告方法などを提案できる。AIの学習教材に活用しうるデータが豊富にあることから、AI時代の到来でより効率的なビジネスを実現できる可能性がある。

【3666】テクノスジャパン

IoT時代が近づいており、ビッグデータの規模はこれまで以上に大きくなる。ビッグデータを活用する企業としては、AIによるデータ活用が進むことはさらなる追い風だ。ビジネスの効率化は各企業の永遠の課題と言える。AIにデータを与えれば作業のムダを削減できることなどから、ビッグデータの活用は今後さらに広がるだろう。

AI関連銘柄ニュース

wellness-285587_960_720

AI関連銘柄についてのニュースを紹介しておこう。

AI能力は向上中

AIの能力は着実に向上している。ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる仕組みにより、人間が教えずとも自ら情報を収集、分析し、能力を向上させることができる点がAIの魅力と言える。

まだまだ人間のほうが優れた能力を発揮する分野も少なくない。しかし、囲碁や将棋においてはプロを打ち負かすだけの能力を身に着けた。また、日本国内では「変なホテル」で接客を担っているAIロボットがいる。

違和感がもたれているからこそ話題を集めているのだが、AIが人間の作業を相当程度代替できることが示されているとも言える。多種多様な業種の企業が次世代ビジネスに向けてAI開発に取り組んでいる。投資額は大きく、今後もAIの能力は向上を続けるだろう。

AIが人材不足の救世主となりうる

日本国内では人口減少と少子高齢化が進んでいる。すでに団塊世代が多く引退したこともあり、人材不足が課題となっている。近年の働き方改革によって労働環境が改善されれば、1人当たり労働時間が減少することで人材不足に拍車がかかる可能性もある。

もちろん、機械化が進めば人間の作業が減るという考え方もある。しかし、インターネット通販の普及により物流量が増えた例など、技術の進歩によって新たに増える作業もある。人材不足は短期的に解消される見通しがないことから、AIが救世主となることも否定できない。

外国人労働者の受け入れに消極的な日本では労働力の確保をしづらい状況が続く。早期に人間並みかそれ以上の能力を発揮するAIの開発が実現することが期待される。

AI関連銘柄が注目されている理由とは?

AI関連銘柄は、技術開発が進み、実用化に向けて着実なステップを踏んでいることから注目を集めている。例えば、強力な対局ソフト開発を終了し、医療などより実用的な分野でのAI活用を進めるケースも見られる。

自動運転車開発ではすでに公道を走行する実験が行われるなど、実用化に向けた動きが進められている。日本でもAI技術の活用が進むことが想定される。人材不足に悩む日本ではAIが人間の仕事を代替したところで、雇用が奪われるとの声が比較的上がりづらい。

大企業の中には投資に活用し得る資金をため込んでいるところも少なくない。株主還元を積極化してもなお余剰資金が残るケースが多く、成長分野であるAIビジネスに投資しやすい環境が整っているのだ。

AI関連銘柄まとめ

AI関連銘柄は、AI技術が着実に向上していることや、日本では人材不足が深刻化していることから注目に値する。新興企業のみならず大企業の中にもAIビジネスに積極的なところが多く、投資額が増えることでAI開発の加速が期待される。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です