5G関連銘柄特集

5G関連銘柄特集

先日、総務省による5G(第5世代通信システム)に関する取組みが報道されたことをきっかけに、新たなテーマ株として5G関連銘柄が株式投資市場で非常に高い注目を浴び始めている。

今回も株王獅子丸ならでは独自のファンダメンタルズ的見解を交えて5G関連銘柄を分析してみた。

5G関連銘柄に関する情報を調べている方や、次に上がる5G関連銘柄を探している方は是非チェックしてみて欲しい。

5G関連銘柄とは

5G関連銘柄リスト

5G関連銘柄とは、その名の通り5G関連の事業展開を行う企業や5G回線に付随するサービスに携わる上場企業を指したテーマ株だ。

早耳な投資家達は既に5G関連銘柄を把握し直近の急騰時にも売買を行っているぞ。

今話題の自動運転車の通信にも必須となる5G回線は、今後急速に普及することは間違いないだろう。

未だに「5Gって何だ?」という状態ではダメだ。株式投資において情報の遅れをとることはリスクそのものにもなりかねない。

5Gとは簡単に言えば、携帯の回線をイメージするとよいだろう。

iphoneをお使いの方であれば、画面を見れば3G、4Gといった表示があるはずだ。

3G回線、4G回線に続く新たな回線、それが5Gだ。

何が凄いのかと言うと、これまでの回線に比べて通信速度が飛躍的に早くなる。

「電波が悪い…」「携帯からネットを開くと重い…」といったストレスを誰でも感じたことがあると思うが、それらが5Gによって改善され新たなサービスが生まれる。

そうなれば、5Gの需要は高まり、便利で快適に使えるアプリやWEBサービスの利用率がより上がるだろう。

近い将来、5G回線が当たり前の時代になった時、5G関連銘柄の株価は当然上がっているだろう。

ということで、下記に5G関連銘柄についてさらに具体的に説明していくぞ。

5G関連銘柄リスト

実際に株式投資市場で注目や関心が集まっている5G関連銘柄をリストアップしてまとめた。各個別銘柄に関する独自の見解も加えてみたぞ。

本命の5G関連銘柄

個人的にも本命視している5G関連銘柄は以下の銘柄だ。

【4748】構造計画研究所

5G関連銘柄の中でも構造計画研究所を本命視している方も多そうな銘柄だ。5G回線に対応する車載機器、つまりは自動運転車と5G回線の融合による新たなサービスというテーマに位置してくる銘柄になるのではないだろうか。先日も総務省による5G導入検討に関する報道から株価が急激に上昇を見せているが、今後も政府による5G関連の発表時には敏感に株価が反応を示していくことになるのではないだろうか。2月4日には同社のGPS位置測定位セミナーが開催されるなど、新たな材料が出る期待値も高そうな5G関連銘柄だ。その他にも、構造計画研究所は多数の次世代のサービスに関わっているため、料性性の豊富さといった点から見れば本命の5G関連銘柄としても期待充分。

【3852】サイバーコム

本命の5G関連銘柄として個人的にも注目必至なサイバーコム。フィンテック以上に5G関連銘柄はお祭り状態になる可能性も有り得るので、今後が楽しみだ。直近でもストップ高をつけ値上がりランキング上位に登場しているので、ご存知の方も多い5G関連銘柄だろう。サイバーコムは、通信ソフトウェア開発を行っている企業であり、これまでにもSDN関連、LTE関連のシステム開発の実績があり、最新の通信システムとなる5Gにもいち早く先行対応することが見込まれる。他にも、車載機器関連の事業も業績好調ということで、5G、自動運転といった2大テーマにズバっとハマるため、今後の株価がどこまで伸びるのか期待も高い。俺の5G関連銘柄の主力であり大本命だ。

【6778】アルチザネットワークス

アルチザネットワークスも直近の5G関連銘柄の急騰祭りで大きく物色されている銘柄だ。同社のオフィシャルホームページの事業内容の説明にも、5G事業への取組が明確に記載されているので確認しておくとよいだろう。回線技術は3Gから4Gへ、そしてLTEからLTE-Advancedへと進化し、その最新が5Gだ。IoTやクラウドとの親和性も高いため、アルチザネットワークスが手がける5G関連事業は各方面から需要が急増していくだろう。毎年スペインで開催される移動体通信関連の展示会にも参加するなど、世界水準のサービスにも期待ができる強力な5G関連銘柄だと言えるだろう。

【8226】理経

理経も確かな根拠がある5G関連銘柄だ。スペインのEMITE社及び株式会社ネットウエルと共に5G回線の送受信に向けたMIMOアナライザーのサービスを行うという公式発表が出ている。このように5G事業を展開していくという公式なソースが確認できる銘柄は中長期でも株価上昇が望める。理経から5Gに関する次なる公式発表や事業の進捗が出れば、それに応じて再度物色されることが容易に想定できる。テクニカルだけでは測れない、ファンダメンタルズ重視で攻略したい本命の5G関連銘柄だ。

注目の5G関連銘柄

上記に紹介した本命の5G関連銘柄以外にも、これから株価がまだまだ上がりそうな5G関連銘柄や、これから5G関連銘柄として物色されそうな銘柄などをまとめた。

【3842】ネクストジェン

ネクストジェンはドコモとの関連性が強い点から5G関連銘柄として取り上げたい。ドコモは実際に5G回線を活用した通信サービスの実現に向けて動いており、そのドコモへ通話管理システムを導入しているというのが根拠。5G関連銘柄として本命視することはできないが、ネクストジェンが5G分野でのサービス展開を新たに行っていく発表が出れば、出遅れの5G関連銘柄として急騰する期待もできるのではないだろうか。個人的には動向を注視している5G関連銘柄だ。同社の展開するビジネスをもう少し理解してから攻略しようと考えている。

【6800】ヨコオ

ヨコオも自動運転車の通信と5G回線といったテーマから注目しておきたい5G関連銘柄だ。自動運転関連・5G関連銘柄といった両方のテーマから株価上昇に繋がる材料発表に期待したい。一旦の調整で株価が落ち着くことは当然あると思うが、中長期の投資対象として考えれば決して悪くはない5G関連銘柄だ。

【3914】ジグソー

ジグソーはここでも登場してきたな。5G関連銘柄・IoT関連銘柄・AR関連銘柄など、次世代の通信サービスに数多く関わっており、本ブログでも2016年の主力銘柄として個人的に大注目している銘柄だ。もちろん短期ではなく、中長期で考えている。はっきり言って俺が惚れ込んでいる株というのがジグソーだ。まだまだ大化けするはずだ。短期的な株価の上下に一喜一憂せず、1年、2年、10年後まで考えられる企業だ。

総務省・政府が5G関連銘柄を後押し

直近で数多くの5G関連銘柄がストップ高をつけ株価を急騰させるきっかけとなった総務省による5Gへの取組に関する報道は既にご存知かと思うが、これから先も総務省や政府機関から「5G回線」に関する新たな検討や実用の実現化に関する発表が出る可能性は充分にある。テーマ株の株価を上げるのは材料だ。

5G関連銘柄の株価を上げる材料が各企業以外にも政府から発表される可能性があるからこそ、5G関連銘柄はこの先も面白い。そういった意味では、総務省や政府が5G関連銘柄の株価上昇を後押しすることになると表現することもできるのではないだろうか。

これから5G関連銘柄への投資で利益を狙おうとしているのなら、少なくとも内閣府・総務省あたりのセミナーや会議のスケジュールをチェックして、いつどこで5Gに関する国の動向があるのかも把握しておくとよいだろう。

5G関連銘柄の将来性

5G関連銘柄の今後

はっきり言って、5G関連銘柄の将来性は非常に明るいと思う。携帯電話の回線のことだけで考えてみても、数年前は3G回線が当たり前だったが、今では4G回線、LTE回線が当たり前になっているだろう。

実生活のなかで、3G回線でWEBサイトが重い…と言っているような人をみたら「この人は未だに3G回線使ってるのか…古いなあ…」と思ったこともあるはずだ。

そう考えれば、近い将来には5G回線が当たり前になるのはもはや既定路線だろう。もっと言えば、5Gはこれまでの回線と比較しても飛躍的に通信速度が早くなる。通信速度が早くなるということは、単純にWEBサイトやアプリサービスが軽く快適に使えるようになるだけではなく、これまで実現できなかった大量のデータ送信にも対応していくことができるため、5G回線でしか実現することができない次世代の新しいサービスが次々と生まれてくるだろう。その他にも、自動運転車との親和性、IoTやクラウドとの融合も当然進んでいくため、今感じている以上に5G関連銘柄の盛り上がりは大きくなり長期に渡って株価が上がる可能性もあるだろう。

ここから先は俺の個人的にイメージしている未来の想像となるが、例えば「LINE」や「スカイプ」のようなコミュニケーションツールは現代では誰もが利用する当たり前のツールとなっているが、5G回線を利用したさらに高速かつデータの送受信が手軽に快速にできるコミュニケーションツールが出てくることも考えられ、破竹の勢いで成長したLINEを凌駕するような新たな企業が生まれる可能性もあるのではないだろうか。

他にも、5G回線の高速通信を利用したゲーム、アプリなど、我々の日常生活の一部となり、万人に愛されるようなサービスが5Gを発端に生まれてくるのではないだろうか。

俺のブログの読者の皆様は既にご存知かと思うが、俺の投資スタイルは圧倒的なファンダメンタルズ重視の中長期投資だ。

ハッキリいって、今の相場はテクニカルだけでは通用しない相場であり、現実に株価が上がっているのはテーマ株であり、そこに資金が集まり、売買が活発に行われている。

以前からテーマ株の重要性を読者の方へ伝えてきたつもりではあるが、2016年の相場はこれまで以上にテーマ株が勝利の鍵を握る相場になるぞ。

個人投資家の兄弟達よ。時代の波に乗り遅れないよう、常にアンテナをたてよう。新しいものを常に受け入れていく柔軟な思考で株式投資を楽しもう。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。