日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株価予想

郵政上場 株価予想

日本郵政【6178】、ゆうちょ銀行【7182】、かんぽ生命保険【7181】の株価予想と初値予想に徹底的に迫ることでその全貌を丸裸にしていく。上場する郵政3社の株価予想から売り時や買い時を調べている方も多いと思われるので、興味がある方はご覧頂きたい。

郵政の株価予想

郵政の株価・初値予想

満を持して上場する郵政3社(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険)について、記念すべき上場日となる11月4日(水)の初値予想に加え、11月4日(水)〜2015年度末、そして2016年に向けての株価予想を下記にまとめた。過去市場最大級のIPOとなったNTTは約2ヶ月で株価は2倍になったことからも、郵政株も3社とも1ヶ月〜2ヶ月で株価2倍まで上昇することも充分あり得る。

日本郵政【6178】の株価予想

日本郵政の初値予想、上場後の11月5日(水)から翌週11月13日(金)までの株価予想、年末となる12月〜1月にかけての株価予想を徹底分析。上記の日本郵政【6178】の株価チャートはよくチェックしておこう。

日本郵政の初値予想

日本郵政 株価予想分析

初値   1450円〜1550円

終値   1540円〜1680円

上昇率  +10%〜20%

日本郵政の初値は1631円。

予想を上回る高値で上出来だ。

『日本郵は初値で売出価格に対して+10%〜20%の大幅上昇も充分に見込めるのではないだろうか。その根拠として、史上最大規模のIPOになるという前触れ告知による個人投資家からの大きな期待感に加え、ファンドや投機筋、海外投資家などの大口の機関からの買いがまとめて入ると推測でき、ズドン!と初値で高騰する可能性は大きい。寄りから大きな買い板が入り、前場中にもグングンと上昇し、後場終値も良い流れで取引が終了すると見ている。』

日本郵政の株価予想

11月 5日(木)の株価予想

予想株価レンジ 1700円〜1900円

『続伸で株価上昇の期待』

11月 6日(金)の株価予想

予想株価レンジ 1600円〜1750円

『一部利確売りで調整の可能性も』

11月 9日(月)〜の株価予想

予想株価レンジ 1800円〜2050円

『週明けで新規買い増加、2000円の大台に乗る可能性有り』

12月〜1月の株価予想

予想株価レンジ 2000円〜2800円

『年明けにかけて株価が2倍近くまで上昇する可能性有り』

日本郵政株はいつ売る?

日本郵政の株を売るタイミングは、中長期投資の方は株価2倍になってからがよいのではないだろうか。短期投資やデイトレの方は細かく何度も売買を行ってその利鞘を抜いていっても面白いと思うが、個人的には中長期投資で株価2倍になってからが売り時だと考えている。

日本郵政の株価予想まとめ

明日の日本郵政の株価予想

日本郵政【6178】は株価2倍からが本番だ。

近い将来、日本郵政の株価が2800円以上になっているのがハッキリとイメージできる。

日本郵政は、同業の宅配企業と比較して、IPO時の高い配当性向が魅力であり、その他にも今後発表されることが期待される株主優待の内容や、将来的に想定することができるサービスの進化(デジタルポストの普及と取組み、自動運転車を利用した郵便サービス、ドローンを利用した空中宅配サービス、ヤマトHDや佐川急便との提携の可能性、AMAZON等の海外大手EC企業との提携等)に対する期待も株価を上げる材料として考えることができる。

既に公式発表済の楽天との提携、Apple&IBMとの提携による高齢者向けの「みまもりサービス」の強化なども企業成長に対する期待要素にもなる。

時を遡れば、小泉政権時代の2007年10月1日に「郵政民営化」が実現され、そこから8年後となる2015年に「郵政上場」が行われているという事実。

これだけでもわかるはずだが、郵政上場までの道のりには、政界や財界、あらゆる権益や利権の思惑が飛び交い、国をあげての壮大なストーリーが描かれている。

だからこそ、「郵政は上場したらもう終わり。」というような単純なコトではないだろう。

仮に、株価がダダ下がりした場合には、郵政上場と日本経済の上昇を推進している権力者達の面子は丸潰れだ。

このようなことが起こり得ないように、上場後も郵政を企業として成長させ株価を上げていくための「材料発表」や、日銀や年金による買い支えがあると考えれるのではないだろうか。

もちろん、年内から年明けにかけて株価の上下は当然起こり得ると思われるが、中長期目線で見れば堅調に右肩上がりに株価を伸ばしていくはずだ。

ゆうちょ銀行【7182】の株価予想

上記のゆうちょ銀行【7182】の株価チャートをしっかりチェックしておこう。

ゆうちょ銀行の初値予想

ゆうちょ銀行 株価予想分析

初値   1500円〜1550円

終値   1600円〜1740円

上昇率  +10%〜20%

ゆうちょ銀行の初値は1656円。

予想を上回る高値で終値は1671円と予想通り。

『日本郵政と並んで、注目度が高いゆうちょ銀行の株を買いたいと考えている個人投資家は非常に多く、さらには機関もゆうちょ銀行の株を狙ってくるだろう。大きく株価が上昇することに期待がもてそうだ。上場日は寄りから買いが並び、初値は1500円〜1550円あたりでつくのではないだろうか。そして終値も上昇したままとなると見ている。』

ゆうちょ銀行の株価予想

11月 5日(木)の株価予想

予想株価レンジ 1600円〜1800円

『上場から二日連続で株価上昇期待』

11月 6日(金)の株価予想

予想株価レンジ 1500円〜1600円

『週末の売りでやや調整も有り得る』

11月 9日(月)〜の株価予想

予想株価レンジ 1600円〜2000円

『翌週には2000円を超える高値更新』

12月〜1月の株価予想

予想株価レンジ 2100円〜2900円

『年末から年明けにかけて株価2倍の見込み』

ゆうちょ銀行株はいつ売る?

ゆうちょ銀行株の売り時も、株価2倍になってからではないだろうか。つまり売出価格に対しての2倍なので、株価が2900円を超えてからが売り時だろう。デイトレや短期投資で+10%、+20%の利益確定売りを否定するわけではないが、本筋は長期保有してから売るのが王道なのではないだろうか。

ゆうちょ銀行の株価予想まとめ

明日のゆうちょ銀行の株価

ゆうちょ銀行の株価も2倍を超えてからが本番だ。

ゆうちょ銀行【7182】は株価上昇の伸び白が高く、長期的に見れば上場した郵政3社の中で、最も高い成長性が望める銘柄ではないだろうか。

それを裏付けるポイントとして、ゆうちょ銀行の事業内容が金融業・銀行業だということを考えてみるとよいだろう。

まず、ゆうちょ銀行は将来的に、日本最大のメガバンクとなるだろう。
現状の店舗数だけで言っても、日本全国各地に点在する郵便局を窓口として考えると、その圧倒的な店舗数がわかる。

更には、現実的に想定することができる近い将来の企業戦略として、ゆうちょ銀行が全国各地にATMを設置、ゆうちょ銀行の預金上限が1000万円以上になる、という2点を考えただけでも、他の銀行を圧倒的に凌駕する勢いでゆうちょ銀行の預金総額が爆発的に増えるだろう。

その他にも、アメリカを中心にヨーロッパでも急速に普及し投資対象として投資額がガンガン増えている「フィンテック」とゆうちょ銀行が融合する可能性も充分に考えられる。

一般的なイメージでは、日本郵政しかり、ゆうちょ銀行しかり、かんぽ生命しかり、郵政3社に対して、どこかアナログな古臭い昔ながらの企業(公務員のようなカタい企業)といったイメージを持っている方が多いと思われるが、そんな偏見を持っているとしたら考え直して欲しい。その考え方自体が古臭い。

今、世界は人工知能、IoT、ビッグデータ、フィンテックと、あらゆる分野において近未来的なテクノロジーを取り入れたサービスに進化しており、ゆうちょ銀行が提供するサービスこの流れに乗って進化していくだろう。

何度も言うが、「フィンテック」は金融分野としてゆうちょ銀行と関連してくる可能性が非常に高いと思われるのでチェックしておくべきだろう。

これらの高い成長性からも、まさにゆうちょ銀行は「眠れる獅子」なのだ。

2015年内に株価2倍を楽しみたい。

かんぽ生命【7181】の株価予想

上記のかんぽ生命【7181】の株価チャートは要チェックだ!

かんぽ生命の初値予想

かんぽ生命 株価予想分析

かんぽ生命の初値は2929円。予想を大幅に上回る高値!

初値   2250円〜2300円

終値   2420円〜2640円

上昇率  +10%〜20%

『かんぽ生命も初値で売り出し価格以上の値がつくだろう。そして10%近くは上昇して終値を迎えると見ている。上場する郵政3社のなかで、ある意味かんぽ生命の株価が最も上がりやすいと分析することができる。その理由として、日本郵政・ゆうちょ銀行と比較した場合に、かんぽ生命の売出株数が一番少ない。ファンドや海外からの巨額資金の買いが入ることで、もっとも株価が上がりやすい傾向にあると言える。』

かんぽ生命の株価予想

11月 5日(木)の株価予想

予想株価レンジ 2500円〜2700円

『かんぽ生命も株価続伸が続くだろう』

11月 6日(金)の株価予想

予想株価レンジ 2300円〜2500円

『週末の調整の可能性はやはりある』

11月 9日(月)〜の株価予想

予想株価レンジ 2400円〜3000円

『週明けには多く買われ3000円も見える』

12月〜1月の株価予想

予想株価レンジ 3600円〜4400円

『かんぽ生命も株価2倍は想定内』

かんぽ生命株はいつ売る?

かんぽ生命株の売り時は4400円。個人的にはこの株価を超えるまでは手放すには勿体ないと感じているが、現実的にかんぽ株は値幅の増減が大きいので、株価2倍を目安に、少なくとも+50%以上になってからがかんぽ株の売りタイミングとして適正なのではないだろうか。値幅が大きいだけに、いつ売るのかもっとも迷うのがかんぽ生命株だ。

かんぽ生命の株価予想まとめ

明日のかんぽ生命の株価予想

かんぽ生命も株価2倍が射程圏内。

日本郵政・ゆうちょ銀行と比較した場合、売出株数の少なさから株価動向の激しさが魅力的な郵政株だ。

既に上場日の11月4日から5日にかけて、結果として郵政3社の中でも最も上昇率が高くなっている。

今後も、このような大きな株価の値幅が楽しめる銘柄として市場で投資家からの人気を集めていくだろう。

日本郵政株やゆうちょ株にも言えることだが、特にかんぽ株で注意しておきたいのは、下落時の下落幅も大きくなりそうな点だろう。

中長期投資を考えているのであれば、かんぽ株が大幅下落する心配は無いだろうから、そこまで神経質になる必要はないが、短期投資やデイトレでかんぽ株の売買を考えている方は、この点に気をつけておくとよいだろう。

そして、かんぽ生命は株価の変動率が大きいだけあって、郵政3社のなかでも最速で株価2倍を達成する可能性もある。

郵政の株価予想の根拠

郵政の株価予想

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の上場初値からその後の株価動向など、株価予想をする際に比較分析の対象となるのがNTT株だ。

1987年に上場したNTTは119万7000円で売り出され、160万円の初値をつけた実績がある。

いきなり株価1.3倍という高騰だ。そしてその後も上場からたったの2ヶ月程度で株価は318万円の高値を更新し2倍以上を達成しているのだ。

当時と時代背景に違いはあると言っても、NTT株を凌ぐ規模で注目されている郵政3社の株価も、NTT株と似た様な動きになることを想定することができる。

何度も言うが、日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の3社とも株価が2倍になることはかなり現実的に考えられる。

11月4日に上場してから毎日100円近く株価が上がり続けることだって有り得る。あっというまに株価が2倍になる可能性もあるのだ。

仮に2倍まで多少の時間がかかったとしても、売出価格からほぼ確実に株価は高値を更新し続けていくのではないだろうか。

日本株を代表して世界中から注目を集める郵政上場。

郵政3社の株価上昇に強い期待がもてるからこそ、ひとりでも多くの個人投資家が利益と幸福を掴めることを願う。

追伸 下記の日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の社長による上場会見の動画をはじめとして、郵政3社に関する動画もチェックして郵政の株価予想を抜かり無く行っていきたいところだ。

LINE@
現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。 ブログだけでは明かせない独自の情報や、オススメ銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。

更に詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を下記のリンクから無料で即時入手することができるぞ!面倒な手続きは一切不要!メールアドレスを入力すると10秒程度で今すぐ推奨銘柄が届くという非常に便利なサービスだ。タダでプロ投資顧問が全力推奨する強力な銘柄情報を手に入れておいて損はない。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

銘柄相談をはじめ、「相場観」「堅実トレード」を得意とする小野山功氏や、「短期売買」「材料・テーマ株」に自信を持つ本村健氏などの多数のコラムを取り揃えているなど、無料とは思えないほどコンテンツが豊富といえる投資顧問サイトだ。また今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できる。情報力と分析力を手掛かりにしたいときは是非ともチェックしておくとよいだろう。【最新注目3銘柄】を無料で今すぐ入手!

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

最強株トレード投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2369号の投資顧問サイト。無料メールアドレス登録で3銘柄をスグに入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、過去に山丸証券・極東証券にて証券ディーラー経験を持つ伊藤聡氏が助言者となっていることからも、素人目線ではない本物の銘柄情報にも期待ができる。その他にも、カブ知恵で有名な元フィスコの藤井英敏氏や、国際テクニカルアナリストであり株1グランプリチャンピオン経歴を持つ横山利香氏など、株式投資業界に確かな人脈やネットワークを持っていることが確認できる。こちらのページから今すぐ【無料3銘柄】を手にいれることができるぞ。

チャーチスト歴35年のテクニカルのプロフェッショナル橋本明男氏が所属していることで話題沸騰中のMillion Stock投資顧問!投資顧問歴35年の超ベテランである橋本明男氏がこれから狙いどころの無料銘柄を紹介してもらえるとあり、大注目の投資顧問だ!無料メールアドレス入力で急騰期待銘柄・注目株情報を無料で入手るすことができるぞ!まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくべきだ!さらに橋本明男氏の“毎日”綴る 相場コラム『わしの罫線』も無料購読できることもあり必見だ。こちらのページから無料で【急騰期待銘柄、注目株情報】をゲットだ!

無料の推奨銘柄がガンガン株価上昇しているファーストリッチ投資顧問!代表取締役の岸津氏(元日興証券)をはじめとし、鳥丸好一氏(元日興証券 株式部)、島田幸男氏(元成瀬証券 投資コンサル部)、中村喜広氏(元三菱証券 営業部)といった蒼々たる面々が顔を連ねる正真正銘の実力派。プロの売買現場最前線を知る圧倒的な情報力は本物。元証券マンが推奨する質実剛健な無料銘柄は一見の価値アリ!ココの推奨銘柄はマジで凄い。【全力推奨の5銘柄】を無料で今すぐ入手しておこう。

あすなろ投資顧問は個人投資家なら誰でも一度は目にしたことがある東洋経済ONLINEなどにも掲載実績を持つ信頼の置けそうな投資顧問会社。ココの元代表取締役であり創業者でもある石井博行氏は、岡三証券をはじめとした証券会社で長年の取引現場経験を積み、トレーダー、ディーラーとして資産運用のスペシャリストとして知られているようだ。現在では代表取締役を降りて裏方としてトレード情報の収集に徹しているのだろうか?なかなか気になる存在だ。無料登録時に教えてもらえる3銘柄でその日にすぐ稼ぐことができた人もいるようなので、メアド入力だけで手に入る今日の注目銘柄情報は入手しておく価値はあるだろう。とりあえず聞いておいて損はないので、まずはコチラから無料推奨銘柄をタダ聞きしてみるとよいだろう。

Twitterでも株王獅子丸の最新の株式投資情報をCHECKできるぞ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。