郵政上場関連銘柄特集

郵政上場関連銘柄5

2015年秋に予定されている郵政上場について、郵政上場の時期、郵政上場の主幹事、郵政上場の株価や郵政上場関連銘柄について気になっている方も多いかと思います。
当ページでは郵政上場関連銘柄について詳しく説明していきます。

郵政上場とは

郵政上場関連銘柄10

郵政上場は親子上場

郵政上場とは、日本郵政株式会社の取締役兼代表執行役社長の西室西室泰三氏により発表された、日本郵政グループの3社(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険)が株式上場(IPO)を行うことを指します。
日本郵政を親会社として、ゆうちょ銀行・かんぽ生命は子会社とした親子上場になります。これらの影響をうける郵政上場関連銘柄は今後の注目のテーマ株となるでしょう。

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命が同時に3社上場することになる郵政上場は、2015年の株式投資市場においてとても大きなイベントであり、日経平均株価や郵政上場関連銘柄などの個別銘柄をはじめとして、株式投資市場全体に大きな影響を及ぼすインパクトを秘めています。

郵政上場の時期とは

郵政上場関連銘柄1

郵政の上場承認日は9月10日

【NEW!!8月26日更新】

遂に全貌が明らかになった郵政上場。

東証による日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の上場承認日は2015年9月10日と公式に報じられたことで、いよいよ郵政上場が現実的かつ目の前のビッグイベントとなってきた。

既に国内外のプロやファンド関係者、証券関係者などの間では、郵政の上場承認から郵政の新規公開株、そして郵政上場を中心とした東京株式市場の大きなうねりをシミュレーションし、郵政上場に乗じた利益戦略も練られているという。

もちろん、早耳かつ動きの早い敏腕な個人投資家の方々も、郵政の上場承認日や上場日時はもちろんのこと、日本郵政関連銘柄やゆうちょ銀行関連銘柄、かんぽ生命関連銘柄など、郵政上場に関する情報をトータル的に収集しているところだろう。

目先の相場だけを見ると、中国株急落からはじまった世界同時株安に気をとられてしまいがちだが、少し前を向けば郵政上場という超ビッグイベントが待っている。

現段階ではまず、来る9月10日の郵政の上場承認日をひとつのポイントとして、上場承認日までに郵政上場についてもう一度おさらいしておきたい。

郵政上場時期は11月4日

【NEW!!8月26日更新】

2015年9月10日が郵政の上場承認日となり、その後2015年11月4日に郵政上場が行われ、郵政3社(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険)のIPO株(新規公開株)の販売も開始される。

郵政上場により、郵政IPO株に対する巨額マネーが動くことで、日経平均株価の変動にも強い影響を与えるだけではなく、多くの個人投資家が郵政上場に意識を向けることになるだろう。

郵政上場日となる11月4日も、もう目と鼻の先にあるとも言える。

この先の東京株式市場は、郵政上場を経て2015年を締め括り、マイナンバー、ZMP上場など他の様々な株テーマの要素も加わることで、破竹の勢いで盛り上がりを見せることになるはずだ。

郵政上場の主幹事とは

郵政上場関連銘柄3

郵政上場の主幹事(国内証券)

日本国内の郵政上場の主幹事は、野村証券、大和證券、SMBC日興證券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、みずほ証券、岡三証券、東海東京証券の7社の証券会社が選ばれています。

郵政上場の主幹事(外資証券)

外資証券では、ゴールドマンサックス証券、JPモルガン証券、シティグループ証券、UBS証券の4社が郵政上場の主幹事になります。

郵政上場の主幹事は異例

通常、IPO(新規上場)における主幹事は1〜2社になることが多く、過去には日本たばこ産業の主幹事でさえ4社で務めていました。これらの常識を覆す規模で、郵政上場の主幹事は11社。まさに異例の主幹事体制であり、郵政上場の主幹事が11社あることで国内だけではなく海外でも、郵政上場後の日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株が幅広く売買されることが想定できます。つまり、郵政上場関連銘柄は世界中からフォーカスされる可能性を秘めています。

日本郵政関連銘柄について

郵政上場関連銘柄2

郵政上場の中心となる日本郵政と日本郵政関連銘柄について詳細を把握していきましょう。

日本郵政の株価

日本郵政の株価が、郵政上場後にどうなるか気になっている方は日に日に増加しています。郵政上場と同時に国内外の大型ファンドや機関投資筋から巨額資金が日本郵政及び日本郵政関連銘柄に流れ込むことで、日本郵政の株価は強い値動きとなることが想定できるでしょう。上場後も日本郵政の株価をしっかりとチェックしくことで、関連銘柄の値動きを読み解いていくヒントとなるでしょう。

日本郵政の銘柄コード

日本郵政の銘柄コード6178

NEW!!10月28日更新!!

日本郵政の銘柄コードは6178に決まった!

日本郵政の銘柄コードの発表を心待ちにしている個人投資家は多いと思います。私もその一人です。日本郵政の銘柄コードが公式に発表されるのは、郵政上場が予定されている2015年9月〜10月頃になるのではないかと言われています。

注目の日本郵政関連銘柄

日本郵政の事業を大きくわけると、宅配便に関する事業、郵便局の運営に関する事業、郵便に関する事業にわけることができます。

宅配便事業における日本郵政関連銘柄は、【8267】イオン、【9062】日本通運が挙げられます。郵便局運営事業での日本郵政関連銘柄は、【2651】ローソン、【9735】セコムが濃厚。郵便事業における日本郵政関連銘柄は、【3099】三越伊勢丹HD、【4324】電通もチェックしておきましょう。

日本郵政の問題点

日本郵政が上場に関して抱える問題点は幾つかありますが、そのひとつとしてゆうちょ銀行・かんぽ生命との親子上場の形式自体が問題視されています。
親子上場では、親会社と子会社の間で利益相反が生まれやすくなり、その点を問題として挙げる声も各所からでています。また、その他にも日本郵政の収益構造は純利益の約90%を金融2社が占めていますが、金融以外の分野でどのようにして収益を得ていくのか、日本郵政の新たな事業展開がどうなっていくのかも日本郵政の株価を形成するうえでの問題点となってきます。日本郵政関連銘柄にも、これらの問題が向かう行方によってその株価に大きな影響を及ぼすでしょう。

ゆうちょ銀行関連銘柄について

日本郵政

ゆうちょ銀行の株価

ゆうちょ銀行の株価を考察していくなかで注目すべき材料は、ゆうちょ銀行の貯金限度額の改正でしょう。現在は、1口座につき預金上限は1000万円となっていますが、それが2000万円まで引き上がるかもしれないのです。これは自民党の郵政上場に関する特命委員会でも挙げられた話題であり、ゆうちょ銀行の預金上限が今後どうなるかが、ゆうちょ銀行の株価を左右する大きな材料となるでしょう。

ゆうちょ銀行の銘柄コード

ゆうちょ銀行の銘柄コード7182

NEW!!10月28日更新!!

ゆうちょ銀行の銘柄コードは7182に決まった!

ゆうちょ銀行の銘柄コードも、日本郵政、かんぽ生命の銘柄コードとあわせて今年の秋頃に正式な発表があるのではないでしょうか。日本最大の金融機関となるゆうちょ銀行の株価、ゆうちょ銀行の銘柄コードに関する情報も今後様々なメディアで取り上げられることになるでしょう。

ゆうちょ銀行関連銘柄一覧

ゆうちょ銀行関連銘柄として注目しておきたいのは、【8358】スルガ銀行、【9020】JR東日本あたりでしょう。その他にも出遅れのゆうちょ銀行関連銘柄として急浮上してくる銘柄が今後いくつか出てくることが想定されます。

ゆうちょ銀行の問題点

ゆうちょ銀行は不祥事が多いという点がゆうちょ銀行が抱える問題点となってくるでしょう。過去にも日本郵政グループにおいて横領や詐欺事件が発覚しており、その被害額も14億円以上という巨額犯罪でした。ゆうちょ銀行の職員がこのようにして口座を悪用した犯罪を犯した場合、ゆうちょ銀行の株価に与えるマイナス影響はとても大きくなってしまいます。郵政上場、ゆうちょ銀行の上場に伴い、ゆうちょ銀行の危機管理面での評価がゆうちょ銀行及びゆうちょ銀行関連銘柄の株価を考察するうえで重要なポイントとなってくるでしょう。

郵政上場関連銘柄の考察

二極化する郵政上場関連銘柄

郵政上場に向けた様々な準備が進められている最中、株式投資市場では郵政上場関連銘柄に関する注目や関心は二極化していると言えます。
過去には史上最大規模のIPOと言われていたNTTの新規上場を超えるインパクトを相場に与えると言われている郵政上場関連銘柄について、市場の活性材料として注目する投資家と、その成長性に疑問を持つ投資家の二極化が進んでいるのです。

現在、ブログランキング1位を目指している。
達成時には下記をクリック頂いた方へ『限定急騰仮想通貨情報』及び『急騰ICO情報』を完全無料で優先提供を"堅くお約束"する。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。
この記事が面白いと感じて頂けた方は1日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報の優先権利GET!!】

にほんブログ村 仮想通貨をクリックして【急騰ICO情報の優先権利GET!!】


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。

元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。




あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加