軸受け関連銘柄 日本の技術を支える銘柄紹介

投資家の兄弟たちよ、調子はいかがだろうか?
日本では、中小企業を中心に部品などの製造を行っている。そんななかで、今回スポットをあてるのが「軸受け」だ。これは、イマイチパッとしない存在の部品だが、これがないと機械としての役割を果たせない。今回は、軸受けの説明と関連銘柄を紹介する。

軸受け

bearing-1803601_960_720

軸受けとは、別名「ベアリング」とも呼ばれる。これの役割は、軸受けの上に物を乗せることで物体をスムーズに運ばれやすくするためだ。現代で軸受けが使われている製品としては、「自動車」や「電化製品」など幅広く使われている。そのため、私たちの生活にはなくてはならない存在となっているのだ。

しかも、軸受けのきっかけになるものが作られたのは紀元前と言われているため、相当長い歴史がある。また、軸受けには主に「転がり軸受」と「滑り軸受」の2種類がある。現在の軸受けでは「転がり軸受」がメインで使われていて、滑り軸受と比べて早い回転をすることができる。

しかし、物体が大きいものについては、「滑り軸受」の方が利用しやすいとも言われている。今後は、さらに制度がある軸受けを作るかが課題になっており、ほかの国から盗まれない技術を作っていけるかがカギになるだろう。

軸受けはこんな巨大なものにも使われている!?

heavy-machinery-478209_960_720

実は、軸受けが「新幹線」にも使われているのだ。現在では、「長崎新幹線」の実験走行において軸受けが話題となっている。新幹線を走らせる際に、軸受けの上に車体が載っている感じだが線路との摩擦によってたくさん消耗されているらしいのだ。

そのため、実験走行も禁止になってしまっているのだ。普段は見えない場所にあるのだが、軸受けがダメになるだけで、大きな影響を与えてしまう。たくさんの摩擦が起こっても、なるべく消耗されない軸受けを作るかが今後の課題になるだろう。

そうでないと、新幹線を開通させたいと思っていても、実験走行もできないため当初の予定よりも延期となる。たかが軸受け、されど軸受けだがちょっとのことで大ダメージを与えてしまうのだ。

電力事業に軸受けを有効的に使おうとしている

bearing-296561_960_720

現在では、火力、原子力のほかに「水力」、「風力」発電と自然を使った発電方法が研究されている。ただ、そんななかベアリング会社の「NTN」と呼ばれる会社が軸受けを有効に使った発電機械を開発したのだ。

同社は元々、軸受けの部品を取引先に提供するだけであったが、現代の流れから言って自社で発電装置を開発するのも大事だと思ったようだ。その結果、風力と太陽光を使った発電装置を開発した。

軸受けを重点的に考えたことで、風の向きにも関係なく羽根が回り続けるというメリットもある。そのため、継続的な発電を行うことも可能となるだろう。今後は、もしかしたら電力会社もライバル企業になるかもしれない。電力業界の中で負けないようにしてほしいものだ。

注目の軸受け関連銘柄

今注目されている軸受け関連銘柄の中から俺が注目している銘柄を紹介するぞ。

【6474】不二越

「不二越」は、数種類のベアリングを製造している会社だ。「免震システム」を徹底的に開発しているため、大きな地震にも耐えられるようなものを作っている。地震が多い日本だからこそ、役立つ軸受けを今後も提供してくれるはずだ。

【6472】NTN

さきほども紹介したのが「NTN」だ。ここの会社は、新しいことにチャレンジしようとしているため好感が持てる。また、電力装置事業以外にも自動車における軸受けなども作っているため、今後も幅広い業界で軸受けが使われるだるう。

【6479】ミネベアミツミ

「ミネベアミツミ」は、小さな製品に使われる軸受けから大型機に使われるものまで幅広く使われている。さらに、航空機用の部品も作っているため、需要はとても多いだろう。軸受け以外の製品も製造しているので、安定性もある企業と言えるはずだ。

【6464】ツバキ・ナカシマ

「ツバキ・ナカシマ」は、本社が奈良県にある会社だ。ただ、設立は1936年と80年以上経っている。そのため、軸受けを作る会社としても注目したい。従業員も2000人近くいるため、企業としても小さすぎるわけではないので期待しよう。

【6478】ダイベア

「ダイベア」は、大阪の和泉市にある会社だ。工場は大阪と三重の2つだけだが、今後勢いを見せてくれるかもしれない。また、ベアリングだけではなくロボットの製造なども行っているため、地元を中心に必要とされる会社だと思う。

【6282】オイレス工業

「オイレス工業」は、軸受けのほかに、建築用の製品など大型のものも製造している。また、海外にも関係会社が存在しているため、世界的に見ても業績が上がっていく会社だと思う。長期間で見ていきたい会社だ。

【メルマガ限定】株王の特選オススメ銘柄

そして最後に紹介したい企業が○○○○だ。企業の規模も大きいため、今回の軸受け関連銘柄としては個人的に一番オススメしたい銘柄といえるだろう。

この銘柄はメルマガ会員限定の銘柄となっている。銘柄名やオススメの理由などは随時メルマガにて獅子咆哮の情報としてその全貌を明かしているので、知りたい方はこれを機に是非とも登録して頂きたい → 株王獅子丸メルマガ登録はコチラから

まとめ

ball-510227_960_720

軸受けは、今後もいろいろな製品を作る際に使われる部品として必要になるだろう。今後は海外製品に負けることなく、いかに質の良いものを作り続けるか大事になるはず。これからも、日本の技術を大事にする会社がもっと出てきてほしいものだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。



▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です