自動運転車関連銘柄【大本命】

自動運転車関連銘柄image01

次世代の技術として世界各国の企業にも推進されている「自動運転車」の開発が急速に進んでおり、株式投資市場の中でも自動運転車関連銘柄への注目が高まってきている。

当記事は、自動運転車関連銘柄に関する情報を探している方に、是非ご覧頂きたい記事だ。

自動運転車関連銘柄を徹底解析!

自動運転車関連銘柄1

今回は、話題の自動運転車関連銘柄を様々な角度から分析してみた。

長期的にも成長期待ができる自動運転車関連銘柄に関する知識を増やし、どのような自動運転車関連銘柄があるのか理解を深めておきたいところだ。

自動運転車関連銘柄とは?

自動運転車関連銘柄2

自動運転車関連銘柄とは、自動運転車の技術開発に携わる企業や自動運転車に関連するサービスを手がけている上場企業を指す言葉だ。

早耳な投資機関や、情報通の個人投資家の間でも「自動運転車は非常に大きな成長性を秘めたマーケットだからこそ、自動運転車関連銘柄の株価にも期待することができる」と言われている分野であり、米googleも自動運転車の開発に本格的に着手していることからも、世界中から強い関心を集めている。

今後、株式投資市場のなかで注目の的となっていくであろう自動運転車関連銘柄をリストアップしてみたのでチェックしておくとよいだろう。

自動運転が注目される理由

自動運転車関連銘柄3

自動運転車関連銘柄と自動運転の技術が、なぜ注目されているのか、その理由を分析してみた。

自動運転システムは、オートパイロットシステムとも呼ばれており、その技術からコンピューターによって運転が自動化された自動運転車の実現のために必要となる技術だ。

この自動運転技術が高いレベルで完成され、自動運転車が公道を走ることになれば、世界各国が抱えている深刻な交通問題の改善が期待でき、この点が各方面から大きく注目されていると言える。

自動運転車によって、交通渋滞の解消や、交通事故の減少、排気ガス問題などの環境改善、自分で車を運転することが困難な高齢者や障害者の移動の支援など、自動運転車を利用する人にとってのメリットも数多くあり、自動運転車を開発する企業にとっては、マーケットが拡大することで、大きな経済効果も期待することができ、自動運転車関連銘柄への投資を行う投資家の注目を集めるには充分と言える好材料をたくさん秘めていることも、自動運転車関連銘柄が注目を集めている理由となっていると言える。

株価上昇の鍵を握る材料発表

自動運転車関連銘柄4

自動運転車は、現在進行形で開発や検証が行われている技術となるため、関連企業のIR情報による新たな技術開発の発表や、大手企業との資本提携、パートナー企業との連携などの発表が自動運転車関連銘柄の株価上昇の鍵となるだろう。

これまでの株価推移から株価上昇の要因を分析してみたが、やはり大きく値を伸ばしたりストップ高をつけている背景に、大きな材料ニュースの影響を読み取ることができる。

自動運転関車連銘柄への株式投資を検討している方は、投資対象としている銘柄のIR情報や発表を注意深く確認しておくことが大事だ。

自動運転関連銘柄のメリット

自動運転銘柄のメリット

個人投資家の視点から見た自動運転車関連銘柄へ投資を行うメリットは、米GoogleやLG、ボッシュなどをはじめとして、世界的な規模で自動運転車の開発に取り組む企業が増えていることだと言える。

つまり、世界各国の大手企業が自動運転分野の開発事業に参入していくことで、開発スピードが加速し、開発競争も激化し、その影響からマーケットの拡大にも繋がることで、金融市場の反応もさらに大きくなっていく。

某調査機関によるデータによると、2035年までに自動運転車の販売台数は世界で1200万台に達すという予測数値も算出されており、自動運転関連分野のマーケットは経済的にも拡大していくことが見込まれている。

このように、自動運転関連銘柄は高い成長性をもつ分野だからこそ、国内外の株式投資市場からも強い関心を集め、今後もニュースや大手の投資メディアで取り上げられていく機会も増え、多くの個人投資家から注目され、短期的にも長期的にも株価上昇に期待をもつことができる。

自動運転関連銘柄のデメリット

自動運転のリスク

投資対象として自動運転関連銘柄に関する知識を深めていくうえで、リスクやデメリットについても把握しておきたい。

自動運転車は、現在開発中の新たな技術によって生み出され、改良が加えられていく製品になるため、自動運転の技術開発や製品生産にあまりにも時間がかかってしまった場合、株式投資市場から「まだまだ先は長そうだな…」と、飽きられてしまう恐れがある。

その他のリスクとしては、将来、自動運転車の流通が始まり、公道を自動運転車が走る時代になった際に、自動運転システムのエラーや故障、誤動作による原因から交通事故や重大な欠陥が発見されたり、自動運転車を販売する企業からリコールがかかった場合、自動運転車関連銘柄は大きなダメージを受け、株価下落が考えられることだろう。

自動運転は、これまでに無かった新しい技術サービスだからこそ、どのような事故や欠陥が発生するかは全くの未知となるため、このようなリスクには充分注意をしたうえで自動運転関連銘柄への株式投資を行うべきだろう。

自動運転車関連銘柄リスト

自動運転車関連銘柄一覧

自動運転関連銘柄をピックアップし、各個別銘柄の特徴や株価動向に関する情報などをまとめた。

Googleと契約締結した自動運転関連銘柄

Googleと自動運転車

様々な自動運転車関連銘柄があるが、その中でも、Googleが提供するサービスとの連携で自動運転車の技術開発を行う企業は特に注目が高い。

クラリオン【6796】

クラリオン【6796】は、自動運転車関連銘柄として非常に注目度が高い銘柄だ。

自動運転において重要となるクラウドサービスを活用した車載情報の一環として、クラリオンが手がける「Smart Access」の普及に期待が高まる。

その理由として、Googleが提供するGoogle 音声検索、Google Placesの機能の活用に関する契約がクラリオンとGoogleの間で結ばれているのだ。

自動運転の分野において世界をリードするGoogleとの契約は、今後もクラリオンが自動運転車関連銘柄として投資家から注目を集める好材料になっていくだろう。

ITS分野の自動運転関連銘柄

ITS関連銘柄

ITSとは、人と道路と自動車の間で情報のやり取りを行うことで、渋滞や交通事故、環境対策など様々な課題を解決するためのシステムだ。

自動運転車関連銘柄と関係性の強い注目の分野だからこそ、ITS関連の自動運転関連銘柄を下記に紹介する。

ベリサーブ【3724】

ベリサーブ【3724】が自動運転関連銘柄として挙げられる要素は、道路交通システムやカーナビなどのITS関連機器の実証実験を行い、その製品の安全性などのテスト結果に評価を行っている点だろう。

現在、ITS関連銘柄や自動運転関連銘柄と呼ばれる企業によって様々なITS関連製品の開発が進められており、これらITS関連製品に対する実証実験の需要が増える見込みであることからも、ベリサーブの株価上昇にも期待がもてる。

ハードウェアとネットワーク通信の融合がテーマとなるITS分野において重要な役割を果たす企業だからこそ、注目の自動運転車関連銘柄として覚えておきたい。

アイサンテクノロジー【4667】

【4667】アイサンテクノロジーは、ITS分野で高い技術を有する自動運転関連銘柄だ。

自動運転車の安全運転支援に活用が期待される高精度な地図情報の提供や移動式高精度3次元システムMMSなど、様々な点から注目度が高い自動運転車関連銘柄だ。

その他にも、2015年6月24日には、名古屋にてアイサンテクノロジーITSフェアを開催、ZMP社と名古屋大学との協力し「自動運転の公道での実証実験を実施する」という発表をするなど、自動運転・ITS分野において積極的な活動も行っていることからも、はずすことはできない重要な自動運転車関連銘柄として覚えておきたい。

日本無線【6751】

日本無線【6751】も、ITS関連分野において強みをもつ自動運転関連銘柄と言えるだろう。

日本無線は、ITSの中心とも言える「道路情報システム」に携わる企業であり、道路の工事規制や、台風や大雪などの天候による交通規制の情報から分析された道路管理情報を提供するサービスは、自動運転車との連携にも期待ができるだろう。

日本無線が携わる「道路情報システム」は、自動運転車へリアルタイムな交通情報を提供することで、交通渋滞の回避や最短ルートでの運行など、自動運転車の快適性の向上に繋がるだけではなく、自動運転技術には無くてはならない重要なシステムとなっていくだろう。

これらの理由からも期待の自動運転車関連銘柄としてチェックだ。

センサー関連の自動運転車関連銘柄

自動運転車とセンサー

自動運転車の安全性を確保するためには、あらゆる障害物や走行中の道路状態を検知するセンサー技術が必須となる。

これらセンサー技術の活用が期待される自動運転関連銘柄は下記の銘柄だ。

JVCケンウッド【6632】

JVCケンウッド【6632】は、センサー関連、監視カメラ関連の分野における自動運転関連銘柄になる。

JVCケンウッドがもつ監視カメラシステムは、デンソー【6902】のレーザーセンサーを利用することで、非常に高精度な検知機能を有しており、このシステムが、自動運転車の走行中の進路において、前を走る車や後続車、歩行者や動物、障害物などを感知するということを考えると、自動運転車の安全走行に活用されていくことに期待がもてる。

また、JVCケンウッドは、自動運転の中心的存在になると期待されているZMP社の株主になっている点も忘れずに覚えておきたい。

北陸電気工業【6989】

北陸電気工業【6989】は、自動運転車の安全な走行や適正な走行状態を維持するために必要となるセンサー技術から注目を集めている自動運転関連銘柄だ。

自動運転車が横滑りをしたり、危険なスピン走行状態になった場合に、元通りの安全な走行状態に復元を行うシステムの普及が進んでいることからも、今後も自動運転の安全面において、北陸電気工業が有する加速度センサーをはじめとした技術が、自動運転市場において高い需要を起こす可能性も秘めていると言えるだろう。

ルネサスエレクトロニクス【6723】

ルネサスエレクトロニクス【6723】は、自動車の安全機能において、ワンランク上のレベルのテクノロジーとなるマイコンを開発しており、強固な安全性を実現するための頭脳としてルネサスエレクトロニクスのマイコンが自動運転に利用されることに期待ができる。

対向車が急接近した際に自動停止を行う衝突被害軽減ブレーキや、先行者との車間距離を保つための速度調整を行う機能など、ルネサスエレクトロニクスは、自動運転にとって有用性のある技術をもっているため、ここから先も非常に注目度の高い自動運転関連銘柄として挙げることができる。

地理情報分野の自動運転車関連銘柄

地理情報と自動運転車

ドーン【2303】

【2303】ドーンは、クラウド型GISサービス絡みの自動運転車関連銘柄だ。

完全NET対応型の新世代GISミドルウェアと呼ばれる地理情報システム構築ソフト「ジオベース(GeoBase.NET)」をリソースとしたソフト受託開発を手がける企業であり、同社のクラウド型GISサービスとなる、「まちかど地図Pro」などが、自動運転・自動走行と連携されていくことに期待することができる。

同社のGISクラウドソリューションは全国の官公庁や自治体、民間企業などで幅広く利用されている実績を持つ点も高く評価することができ、今後もさらに利用範囲は拡大していくだろう。

また、サイバー空間におけるユーザー位置情報の取得技術の開発をはじめとした、自動運転に関わる新たなテクノロジーの開発にも高い期待を寄せることができる。

注目の自動運転車関連銘柄としてドーン【2303】をチェックしておきたい。

自動運転車の動画

YOUTUBEには自動運転車に関する動画がたくさん投稿されているので、自動運転関連銘柄を探るうえで、自動運転車の知識を深めるために是非一度チェックしておくとよいだろう。

ベンツが開発した自動運転車の紹介動画だ。すごいぞこれは。

グーグルが開発した自動運転車はハンドルが無い。スゴい技術だ。

安倍首相も自動運転車に試乗している。チェックしよう。

自動運転車関連銘柄のまとめ

自動運転関連銘柄のまとめ

当記事で書いた自動運転車関連銘柄に関する要点をまとめると、

自動運転車の開発は、国内だけではなく世界中が推進している分野であるということ

材料発表が株価上昇に強く影響する傾向がある

高い成長性のある分野だからこそ、長期的な目線で投資することができる分野ということ

新たに自動運転車の開発に参入をしてくる企業がまだ他にもあるということ

これから自動運転車関連銘柄への株式投資を狙っている方は、このような特徴をよく理解しておくとよいだろう。

個人的にも、自動運転車関連銘柄は、IOT関連銘柄、人工知能関連銘柄と並び、世界的な規模で人間の生活自体を一変させる可能性を持った近未来のテクノロジー分野として注目している。

LINE@
現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。 ブログだけでは明かせない独自の情報や、オススメ銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。
更に詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を下記のリンクから無料で即時入手することができるぞ!面倒な手続きは一切不要!メールアドレスを入力すると10秒程度で今すぐ推奨銘柄が届くという非常に便利なサービスだ。タダでプロ投資顧問が全力推奨する強力な銘柄情報を手に入れておいて損はない。
株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!


20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。


相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。


最強株トレード投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2369号の投資顧問サイト。無料メールアドレス登録で3銘柄をスグに入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、過去に山丸証券・極東証券にて証券ディーラー経験を持つ伊藤聡氏が助言者となっていることからも、素人目線ではない本物の銘柄情報にも期待ができる。その他にも、カブ知恵で有名な元フィスコの藤井英敏氏や、国際テクニカルアナリストであり株1グランプリチャンピオン経歴を持つ横山利香氏など、株式投資業界に確かな人脈やネットワークを持っていることが確認できる。こちらのページから今すぐ【無料3銘柄】を手にいれることができるぞ。


銘柄相談をはじめ、「相場観」「堅実トレード」を得意とする小野山功氏や、「短期売買」「材料・テーマ株」に自信を持つ本村健氏などの多数のコラムを取り揃えているなど、無料とは思えないほどコンテンツが豊富といえる投資顧問サイトだ。また今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できる。情報力と分析力を手掛かりにしたいときは是非ともチェックしておくとよいだろう。【最新注目3銘柄】を無料で今すぐ入手!


チャーチスト歴35年のテクニカルのプロフェッショナル橋本明男氏が所属していることで話題沸騰中のMillion Stock投資顧問!投資顧問歴35年の超ベテランである橋本明男氏がこれから狙いどころの無料銘柄を紹介してもらえるとあり、大注目の投資顧問だ!無料メールアドレス入力で急騰期待銘柄・注目株情報を無料で入手るすことができるぞ!まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくべきだ!さらに橋本明男氏の“毎日”綴る 相場コラム『わしの罫線』も無料購読できることもあり必見だ。こちらのページから無料で【急騰期待銘柄、注目株情報】をゲットだ!


テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。


無料の推奨銘柄がガンガン株価上昇しているファーストリッチ投資顧問!代表取締役の岸津氏(元日興証券)をはじめとし、鳥丸好一氏(元日興証券 株式部)、島田幸男氏(元成瀬証券 投資コンサル部)、中村喜広氏(元三菱証券 営業部)といった蒼々たる面々が顔を連ねる正真正銘の実力派。プロの売買現場最前線を知る圧倒的な情報力は本物。元証券マンが推奨する質実剛健な無料銘柄は一見の価値アリ!ココの推奨銘柄はマジで凄い。【全力推奨の5銘柄】を無料で今すぐ入手しておこう。
Twitterでも株王獅子丸の最新の株式投資情報をCHECKできるぞ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。