エイプリルフールは悪質なデマに注意

ごきげんよう。株王獅子丸だ。

最近は俺が耳にした興味深い噂の銘柄を取り上げることが多かったのだが、今回は個人的にどうこうという話ではなくネット上で確認された噂(デマ)に関する話だ。

その内容とは、東京のロックダウン(都市封鎖)に関するもの。

なんでも、4月1日または4月2日にロックダウンを宣言するというのだ。

この噂は昨日聞かれたのだが、某掲示板やツイッターなどで広まり、少なからずこれを信じる人も多かったようだ。

確かに都内では日に日に感染者が増え続け、昨日はあの志村けんさんが亡くなるという訃報まで聞かれた。

今までは世界で爆発的に感染者が急増しても対岸の火事で無関心な人は少なくなかっただろうが、有名人が亡くなったと聞いて危機感を覚えて信じてしまった人もいたのかもしれない。

また、俺も別口から似たような話を耳にしていた。

それも「政府関係者と知り合いの銀座のママが4月1日にロックダウンと聞いた」や「東京に自衛隊が集まりいつでも封鎖できるよう準備している」など、なんとも反応に困る内容だ。

同じようにロックダウンに関する別の噂を耳にしたことで、より真実味を帯びて信じてしまった人もいるのだろう。

当然、俺はこんな話を真に受けているわけではない。

都内では日に日に感染者が増え続け、本日は78人の感染者が確認されたことで、全国最多の521人になったというニュースも目にした。

今後、東京のロックダウンの可能性も0ではないだろうが、こういったデマを信じるほど単純ではない。

気を付けなければならないのは、明日は4月1日のエイプリルフールであること

嘘をついても良いとされる一日であるため、新型コロナに関連した嘘をつく人が確認されると考え、注意喚起の意味で今回はブログを書いてみた。

良くも悪くも今のネット社会は誰でも簡単に情報を発信することが可能であり、場合によっては爆発的に広がる可能性もある。

中には手の込んだ嘘を考えだす人も出てくる可能性まであるため、くれぐれも気を付けてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です