株初心者が注意すべき株の買い方

乱高下のある株式投資市場において、大きな含み損を抱えた株をそのまま放置…これは株を初めたばかりの株初心者にありがちなこと。この株ブログでは様々な注意点を語っていくが、今回取り上げたこの意識については特に気をつけた方がよい。

株初心者が気をつけること

大きな含み損銘柄を放置しない

株初心者の方、そうでない方も考えてみて欲しい。
損をした場合と、得をした場合に、それが同じ金額だった場合、その感じ方に違いがあるはずだ。
具体的に例えれば、100万円を損した場合と、100万円を得した場合、100万円という金額に対する価値について違った感じ方になるはず。
はっきり言ってしまえば、100万円を損した場合のほうが、記憶に残るインパクトや、精神的な影響が大きく印象に残るはず。
これは、経済心理学的な観点においても実証されていること。

損失回避性の法則

人は、損失をした場合のほうが得をした場合よりも強く印象に残り、さらには、その損失を回避しようとする行動を自然と取る傾向がある。
このことを経済行動学界では、「損失回避性の法則」と言う。
人は、損失を受けるという事実に対して、心理的なダメージや心の傷、ストレスをより強く受けやすいということだ。
この心理が働いてしまうため、株初心者は含み損を抱えてしまった銘柄の売買に消極的になり、苦手意識を感じやすくなってしまう。
「これ以上、含み損を増やしたくない」「もうこの負け額を見たくない」「この銘柄の損を忘れたい」と思ってしまいがちだ。
この心理に操られてしまうと、株式市場という目の前にある現実を直視できなくなり、自分の感情に任せた株式投資になってしまい、損失をさらに大きくしてしまう可能性が出てきてしまう。

気持ちが負けていたら負ける

損失回避性の法則とは、心理的なものだと言ったが、すごく分りやすく言えば、気持ちが負けていたら負けてしまうということだ。
個人投資家として株で稼ぐことを本気で考えている株初心者の方は、人間としての心理性に逆らって株式投資をしていかなければならない場面があることを覚えておくとよい。
常に自分の感情を正しいと思い、自分の感情を優先したトレードを行わないようにということ。

株価は現実。感情は非現実。

株価というものは、現実として存在する100%絶対的な数値であり、自分以外の他人も明確に認識することができるモノ。
それに対して、「勝てそう、負けそう」といった自分の感情というものは、自分以外の他人には認識することもできず、自分自身でも何なのかはっきりととらえる事ができない非現実的なモノだ。
株式投資は妄想ではない。
現実として、株式市場で動いている株価をとらえ、その株価に従って売買を行うことで、利益や損失が発生する。
何が言いたいかわかるだろう。
株初心者は感情に左右されていることが多い。
株式投資を行ううえで、感情とは、何の根拠も信頼性も無いモノということだ。
信じるものは株価だ。

損をしたことをすぐに忘れないこと

株初心者は損をしたことをすぐに忘れようとして忘れてしまうことも多いと思う。
これも非常によくないことだ。

この点は、スポーツと似ているかもしれない。

「負けたことを忘れるな。負けた時ほど記憶に残せ」ということだ。

なぜ損をしたのか、その原因をしっかりと分析し、損をした理由を明確にすること。

これを怠って、「もう嫌だから損をしたことを思い出したくない」と思っているのはただの逃げであり怠慢だ。

自分の過ちを把握し、反省をし、改善策を考える。

失敗は成功のもとなのだ。

株初心者の方はこのことをよく考えてみるとよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。