株主優待銘柄を生かしたオトクな生活とは?

ごきげんよう、株王獅子丸だ。
株主になっているとオトクに使える優待券、あるいは配当金がもらえる会社もたくさんある。そこで今回は株を持っておくだけで「配当金をオトクにもらえる」あるいは、「優待券を使ってリッチな生活を送れる」株主優待銘柄を紹介していこうと思う。

gift-1235347_960_720

株主優待

株主優待とは、株主になっているだけで配当金や商品券がもらえたりと特典のことを言う。全ての銘柄で行われているわけではなく、一部分の会社で実施している。特に最近では、「主婦が少しでも買い物をオトクに済ませる」あるいは、「飲みへ行く機会が多いサラリーマンが株主優待券で安くする」など、株で儲けようとは思っていない人が所有していることもある。

自分の生活スタイルに合わせて、株を持っておくと言うのも良いと言えるだろう。これを行うことで貯蓄の金額も増えるかもしれない。また株を手放したくなっても、売却することでお金も戻ってくるため有効に使っていきたいものだ。

株主優待は日々変更されている

いろいろな会社で、日々株主優待の内容が変更されていることをご存知だろうか?例えば業務スーパーを展開している「神戸物産」では、今まで自社製品を発想していたが、今後は自社の商品券を発送。さらに株の保有数に関係なく年1回の発想に統一すると言うのが2016年12月15日に発表された。

ただし、なかには株主優待を廃止する会社もある。株をずっと持っているからと言って、永遠に優待サービスが思ってはいけないと言うのも少し頭の中に入れておいてほしい。そのため、時代に合ったオトクな銘柄を購入するのも大事になってくるだろう。優待を受けたら手放すなど、うまい具合に調整することが重要だ。

給与が少ない人への厚い味方が「株主優待」

現代では、平均給与も下がってきており400万円前後を行ったり来たりしている。そのため家計が圧迫されていると言う人も多い。そんな中でも、少しは余裕を持った生活を送りたい人に株主優待はぜひ有効活用してほしいものだ。やはり節約するばかりでは生活も楽しくない。

そのため、株主優待を少しは使用し、リッチに感じる生活を送ってもらいたいものだ。選ぶときのポイントとして、日常的に使う店舗であったり、余裕があるお金で株を購入することで、株を長期的に持つこともでき恩恵を受けやすくなるだろう。

注目の株主優待銘柄

【8267】イオン

超巨大スーパーが「イオン」だ。100株以上持っているだけで、「イオンオーナーズカード」と呼ばれるものが送られる。これを持っておくことで、イオン内にあるラウンジの使用、さらにイオンでの買い物時にカードを差し出すことで、数か月後に買い物した金額の数%分がキャッシュバックされる(保有株数によって割合は変わる)仕組みとなっている。

【9021】西日本旅客鉄道

通称「JR西日本」も優待内容が熱い。100株ごとに片道運賃が半額になる「鉄道優待券」をもらうことができる。例えば、「博多」から「新大阪」まで新幹線自由席で片道乗ると通常料金「14480円」する。しかし、優待券を使うことで「7240円」で乗車できるのだ。ただし、JR西日本管内の鉄道以外では使えないため、利用時には調べる必要があるだろう。

【9201】日本航空

突然の出張などが多い人は、JALこと「日本航空」の株もおすすめだ。これも100株につき、普通運賃が半額になる優待券をもらうことができる。ただし、あくまで普通運賃に対してなので、早割を利用する機会が多い人には使い道はないだろう。ただ、金券ショップで売ると運が良いと1枚5000円以上で買い取ってもらえるためおすすめだ。

【4661】オリエンタルランド

ディズニーリゾートを運営する会社で、ワンデーパスポートがもらえる。そのためディズニー好きにはおトクだ。100株~399株で1枚、400株~799株で2枚。800株では4枚となりそれ以降は、保有株数400株おきに2枚ずつ増えていく。1デーパスポートは、通常7400円するためかなりオトクになるだろう(2016年12月22日現在)。

【9887】松屋フーズ

牛めしでおなじみなのが「松屋フーズ」だ。100株以上持っている人に一律で松屋、松乃家、チキン亭で使える食事券が10枚送られてくる。そのため、普段から利用している人には味方になるはず。ただ使えるメニューは店舗によって違うため注意してほしい。

【8175】ベスト電器

「ベスト電器」の優待内容は、店舗で使える割引券を送ってもらえる。ただすごいのが、100株の所有で「500円×10枚」の優待券が手に入るのだ。5000円の会計につき、1枚使用することができるため高額な商品を買いたい人におすすめである。また2500株まで優待券の枚数は同じなので要注意だ。

【4502】武田薬品工業

最後に紹介するのが「武田薬品工業」だ。優待はないが1株あたりの配当利回り率が3%を超えておりさらに大企業のため潰れる確率も低い。長期保有しながら、配当を受け取りたい人に向いているだろう。ただし1株あたりは多少高額なため、財布と相談するべきだ。

まとめ

presents-1058800_960_720

今回はどちらかと言うと、普段の生活を少し賢く過ごす方法にスポットをあてて解説してみた。実際に配当利率は低い株であっても、優待券をうまく活用することで実質的に得できる金額は増えるのだ。ぜひ、賢い生活を送るきっかけにしてもらえば幸いだ。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です