東芝関連銘柄

東芝関連銘柄

ごきげんよう、株王獅子丸だ。投資家の兄弟たちよ、調子はどうだろうか?
現在、崖っぷちになっている会社がある。それこそ「東芝」だ。日本の大企業であったが、現在では見る影もない。そこで今回は、東芝のどういう会社なのか見ていこうと思う。関連銘柄も紹介してあるので、ぜひ見ていただければと思う。

これが東芝関連銘柄リストだ

まずはこんな時だからこそ注目したい東芝関連銘柄を下記にまとめた。各種の東芝関連銘柄に対する個人的な見解や分析も交えて紹介しておく。

【6104】東芝機械

「東芝機械」は、かつて東芝グループだったが、現在では売却によってグループから外れている。ただ、工場は日本以外に中国やタイ、インドに持っているため、海外での活躍も期待できる。技術力があれば、生き残れる気がする。

【6588】東芝テック

「東芝テック」は、POSシステムなど流通関連事業としての会社だ。また、民間企業だけではなく、官公庁にも商品を卸している。今後も、流通業界においてなくてはならない会社であると予想できるため、株価は上がり続けるだろう。

【6590】芝浦メカトロニクス

「芝浦メカトロニクス」は、東芝が3割以上の株を保有している。半導体やFPD(フラットパネルディスプレイ)などの製造装置を作っている。会社の規模としては、そこまで大きな会社ではないが、その分事業所数も少ない。よって、無駄なコストもかからないため生き残りそうだ。

【6256】ニューフレアテクノロジー

「ニューフレアテクノロジー」は、東芝機械の一事業から独立した会社だ。事業所は、沼津と横浜のほか、開発拠点はニューヨークに持っている。現在では、半導体製造装置の会社として、世界中で存在感を出している会社だ。

【6501】日立製作所

「日立製作所」は、東芝のライバル会社だ。東芝がどんどん事業を売却することによって、日立製作所にとって利益を上げるチャンスかもしれない。今後、東芝の事業を買収して日立製品の技術力を上げていくというのもアリだろう。

【6503】三菱電機

「三菱電機」も、東芝のライバル企業だ。東芝が弱ってきたことにより、三菱電機にもチャンスが回ってくるはずだ。現在は「東芝三菱電機産業システム」と呼ばれる会社を持っているが、そのうち東芝が抜けて三菱電機単体で会社を持てれば、良い流れに乗るだろう。

【7751】キャノン

最後に紹介するのが「東芝メディカルシステムズ」を買収した「キャノン」だ。医療関連会社の売却によって、キャノンの利益はもっと上がるはずだ。高齢化社会において、適した事業を買収できたため今後も期待して良いと思う。

東芝

日本の大企業である東芝が、今倒産するのではと言われている。こういう流れになっているのには、いくつか原因がある。まずは粉飾決算だ。実際、業績が悪かったにもかかわらず、利益があるように見せかけていた。つまり、儲かっているように見せ株主へ安心感を与えていたのだ。これによってたくさんの追徴金を払わなければいけなくなった。

さらに、アメリカの原発事業も大赤字になっていて、事業の売却も行った。特に、東芝の核であった「半導体事業」も売却をしてしまったため、誇れるものがなくなったのだ。東証2部へ降格もしたため、あまり期待できない。シャープみたいに買収されれば、話は別だが、事業を売却した今、救いの手を差し伸べる会社はなかなか出てこないだろう。

東芝は本当に潰れるのか

東芝が倒産されると言われている中、自社製品の売り込みも何気に行われている。例えば、東武鉄道へは「駆動システム」を納品している。その他にも「液晶レグザ」と呼ばれる商品を販売しようとしている。これも、たくさんの事業を持っている東芝だからこそできるワザと言ってもいいかもしれない。

今後、東芝に残った事業が軌道に乗れば、今後も生き残れるだろう。ただ、たくさんの事業を売却しているため、東芝は技術力をほかの会社へ漏らしていることになる。そのため、東芝にとっては都合が悪い状況になっている。

生き残るためには、ほかの会社と提携しながら、自社製品を開発していくのがいいと思う。素晴らしい日本企業として、もがき苦しみながらも生き残ってほしいものだ。

東芝が株価操作

東芝の株価はどんどん下落している。そんななか、東芝では社員に対し自社株の購入呼びかけをしていたことが分かった。自社株の購入呼びかけをするのが悪い訳ではない。問題なのは、大暴落している自社株を従業員に購入させ、株価を安定させようとしたことなのだ。

これによって、東芝のモラルは疑われブランドとしてのイメージも悪くなった。現在では、東京証券取引所から「監理銘柄」に指定されている。監理銘柄とは、倒産の危険性がある銘柄を指す。

ただでさえ、まずい状況なのに、さらに東芝にとって都合が悪い情報が流れると、株価の暴落にもつながるだろう。シャープとは違い、本当に株が紙切れになるかもしれない。今後、東芝の株で儲けようと思っている人は、売買タイミングに気を付けなければあっという間に大暴落し泣く羽目になるだろう。

東芝関連銘柄まとめ

東芝の倒産危機によって、国内は混乱している。ただ、その一方でニコニコしている会社がいることも事実だ。今後は、東芝がどの程度回復するか(弱っていくか)注目したいところだ。ぜひ株の売買タイミングを見計らって投資を行ってほしい。

LINE@
現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。 ブログだけでは明かせない独自の情報や、オススメ銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。

更に詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を下記のリンクから無料で即時入手することができるぞ!面倒な手続きは一切不要!メールアドレスを入力すると10秒程度で今すぐ推奨銘柄が届くという非常に便利なサービスだ。タダでプロ投資顧問が全力推奨する強力な銘柄情報を手に入れておいて損はない。

アドミラルインベスターズ投資顧問は、株式投資業界で異彩を放つ、カブ知恵代表の藤井英敏氏、株ブロガーのhina氏、株式トレーダー・タレントの若林史江氏のカリスマ3名をコラムニストとして一同に迎え、毎回無料でこの3名によるタイムリー且つ投資に役立つであろう情報をコラム形式で提供している投資顧問だ。強みとして、相場で利益獲得を目指す上で、欠かせない要素と考えているのがわかりやすい材料を紹介してくれるぞ。メールアドレス無料登録で、厳選された銘柄を紹介してくれるので今すぐ登録をオススメしたい。コチラのページにて【投資すべき厳選1銘柄】が独占公開されているぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

あすなろ投資顧問は個人投資家なら誰でも一度は目にしたことがある東洋経済ONLINEなどにも掲載実績を持つ信頼の置けそうな投資顧問会社。ココの元代表取締役であり創業者でもある石井博行氏は、岡三証券をはじめとした証券会社で長年の取引現場経験を積み、トレーダー、ディーラーとして資産運用のスペシャリストとして知られているようだ。現在では代表取締役を降りて裏方としてトレード情報の収集に徹しているのだろうか?なかなか気になる存在だ。無料登録時に教えてもらえる3銘柄でその日にすぐ稼ぐことができた人もいるようなので、メアド入力だけで手に入る今日の注目銘柄情報は入手しておく価値はあるだろう。とりあえず聞いておいて損はないので、まずはコチラから無料推奨銘柄をタダ聞きしてみるとよいだろう。

最強株トレード投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2369号の投資顧問サイト。無料メールアドレス登録で3銘柄をスグに入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、過去に山丸証券・極東証券にて証券ディーラー経験を持つ伊藤聡氏が助言者となっていることからも、素人目線ではない本物の銘柄情報にも期待ができる。その他にも、カブ知恵で有名な元フィスコの藤井英敏氏や、国際テクニカルアナリストであり株1グランプリチャンピオン経歴を持つ横山利香氏など、株式投資業界に確かな人脈やネットワークを持っていることが確認できる。こちらのページから今すぐ【無料3銘柄】を手にいれることができるぞ。

銘柄相談をはじめ、「相場観」「堅実トレード」を得意とする小野山功氏や、「短期売買」「材料・テーマ株」に自信を持つ本村健氏などの多数のコラムを取り揃えているなど、無料とは思えないほどコンテンツが豊富といえる投資顧問サイトだ。また今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できる。情報力と分析力を手掛かりにしたいときは是非ともチェックしておくとよいだろう。【最新注目3銘柄】を無料で今すぐ入手!

チャーチスト歴35年のテクニカルのプロフェッショナル橋本明男氏が所属していることで話題沸騰中のMillion Stock投資顧問!投資顧問歴35年の超ベテランである橋本明男氏がこれから狙いどころの無料銘柄を紹介してもらえるとあり、大注目の投資顧問だ!無料メールアドレス入力で急騰期待銘柄・注目株情報を無料で入手るすことができるぞ!まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくべきだ!さらに橋本明男氏の“毎日”綴る 相場コラム『わしの罫線』も無料購読できることもあり必見だ。こちらのページから無料で【急騰期待銘柄、注目株情報】をゲットだ!

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

無料の推奨銘柄がガンガン株価上昇しているファーストリッチ投資顧問!代表取締役の岸津氏(元日興証券)をはじめとし、鳥丸好一氏(元日興証券 株式部)、島田幸男氏(元成瀬証券 投資コンサル部)、中村喜広氏(元三菱証券 営業部)といった蒼々たる面々が顔を連ねる正真正銘の実力派。プロの売買現場最前線を知る圧倒的な情報力は本物。元証券マンが推奨する質実剛健な無料銘柄は一見の価値アリ!ココの推奨銘柄はマジで凄い。【全力推奨の5銘柄】を無料で今すぐ入手しておこう。

Twitterでも株王獅子丸の最新の株式投資情報をCHECKできるぞ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です