宇宙開発関連銘柄

  • 2,407,685 人のブログ訪問に感謝!

astronaut-11080_1280

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。13日総理官邸で第14回宇宙開発戦略本部が開催され宇宙開発関連銘柄に動きが見られそうだぞ。更に20日には小型固体燃料ロケット「イプシロン」2号機の打ち上げも予定されている事から宇宙開発関連銘柄をしっかりと把握しておこう。

宇宙開発関連銘柄について

宇宙開発戦略本部

nasa-621411_1280

宇宙基本法に基づき、宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため設置されている。今回は宇宙基本計画の工程表が改訂され、新たな工程表のもと3点の事が発表された。

①宇宙二法の成立を受け、新たな民間宇宙ビジネスの創出・拡大を進める。国際宇宙ステーションからの小型衛星放出など、企業や大学が宇宙空間を利用できる機会の提供。

②サイバーセキュリティと表裏一体である宇宙システムを強靭なものする。宇宙システムの脆弱性を評価する指針の策定と、これに基づく点検に、速やかに着手する。

③我が国宇宙システムの海外展開を進める。準天頂衛星を用いたアジアでの衛星測位協力や、宇宙分野の人材育成支援に取り組む

以上の3点をしっかりと取り組むとの事で、今後の宇宙開発関連銘柄を大きく左右する動きが出始めているぞ。

イプシロンロケット

space-travel-1245698_1280

イプシロンロケットとは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とIHIエアロスペースが開発した小型人工衛星打ち上げ用固体ロケットである。今月20日にはジオスペース探査衛星(ERG)-イプシロンロケット2号機の打ち上げが予定されており、特設サイトからは当日打ち上げの模様をYouTubeでライブ中継することも決まっている。このイプシロンロケットは2006年9月に廃止されたM-Vロケットを継承し作られた。M-Vロケットでの反省点を生かした設計がされている。

大きく変わったのは、コスト面だ。ノートパソコン数台でロケット自体の点検や管制を行うことができるモバイル管制を導入する事により、M-Vロケットに比べ作業日数が40日前後から最短7日に短縮され、打ち上げの準備期間も一ヶ月半から一週間と短くなり、大幅な人件費の削減が実現できており、今後のロケット打ち上げの際はコスト面や技術面での飛躍により、宇宙開発関連銘柄に大きな影響を与えることになるだろう。

詳しい情報については、こちらの特設サイトから確認する事が出来るので、目を通してみるといいだろう。

日本のロケットの歴史

discovery-space-shuttle-1757098_1280

日本が宇宙開発として研究を始めたのは1950年代にさかのぼり、日本の宇宙開発・ロケット開発の父と呼ばれる糸川英夫の大学での研究から始まる。独学でジェットエンジンの研究や開発をし、様々なロケット実験に携わった。1966年に日本発の打ち上げをするも失敗に終わる。その背景には、ラムダ4Sロケットには地球の軌道に乗せる誘導制御装置がついてない。肝心な誘導装置はミサイル開発につながり軍事技術への転用が可能として日本社会党などからの指摘により大幅に開発が遅れたためである。その後、3度にわたり失敗が続くが、1970年には5回目の挑戦で日本初の人工衛星であるおおすみの打ち上げが成功した。

宇宙旅行商業化

entrepreneur-1103718_1280

旅行代理店のH.I.S.とANAホールディングスが、宇宙輸送インフラの構築を手掛けるPDエアロスペースと資本提携することを発表した。夢のような話だが、宇宙旅行ということも現実のことになる日も近い。H.I.S.は旅行代理店であることから、宇宙旅行パックなどの得意分野があり、ANAホールディングスは、パイロットの育成に特化しており、PDエアロスペースは次世代エンジンや完全再使用型弾道宇宙往還機を開発中であり、2023年に商業運航開始を予定しているとのことだ。

宇宙開発関連銘柄

【6709】明星電気

衛星搭載モニタカメラなどの機器を多く展開しており、近赤外線分光計、理学観測分離カメラ、エンジン周辺の汚染を質量変化で計測するセンサが、はやぶさ2に搭載されている。日本初のロケット搭載電子機器メーカーであり、多くの機器搭載された実績があることからも宇宙開発関連銘柄の本命と言っていいだろう。

【7751】キヤノン 

2日に連結子会社であるキヤノン電子がIHIとともに宇宙航空研究開発機構が手掛けるミニロケットの開発に携わることが分かった。このミニロケットだが、電柱くらいの大きさで衛星を打ち上げる機体としては世界最小になる。4年前から宇宙ビジネスに参入すると発表されており、人工衛星打ち上げ計画もありこちらも宇宙開発関連銘柄に大きく影響を与えることになりそうだ。

【7011】三菱重工業

9日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機を搭載した6号機の打上げに成功した。2009年に打ち上げられた1号機からすべて成功しているとの事で、信頼性は抜群だ。H-IIAの打ち上げ輸送サービスを担当し、宇宙ステーションの 日本実験棟「きぼう」の開発や生産に携わっており宇宙開発関連銘柄を考えるにはなくてはならない存在だ。

【6701】NEC

JAXA小惑星探査機はやぶさに搭載されたイオンエンジンが、宇宙開発関連銘柄で注目されている。マイクロ波を使ってプラズマを作るのが特徴になっており、燃費がよく長時間加速し続けることができる。このイオンエンジンの実用化に成功したのははやぶさが初めてである。世界最小クラスのエンジンでもあることから世界的にも注目されており今後の宇宙開発に貢献すると言われていることから宇宙開発関連銘柄を語る上ではチェックは必須である。

【7013】IHIエアロスペース

イプシロンロケットの設計から、製造のメインコントラクターとして、システムインテグレーションやコンポーネントの開発に携わっている。宇宙開発事業には数多く携わっており、きぼうの船外実験プラットフォームや宇宙ステーション補給機こうのとりの曝露パレット、はやぶさ2での新しい技術として、小惑星表面に人工クレータを作るための衝突装置システムの開発も手がけている事から、宇宙開発関連銘柄の本命と言える。

宇宙開発関連銘柄まとめ

buzz-1882759_1280

大手が宇宙開発事業に参入することが相次いでおり、宇宙旅行商業化など、我々の生活にも身近に迫っている。コスト面では、誰でもとはならないだろうが、現実では難しいと思えたことが次々と実現し大きな変化がすぐそこまできている。宇宙開発関連銘柄は大手以外でも影響を与えてくることは間違いないと読んでいるぞ。兄弟たちもこの流れを見逃さないようチェックしよう。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です