地熱発電関連銘柄 自然の力を生かす企業とは?

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。
地熱発電関連銘柄がにわかに注目されているぞ。発電には、火力発電、水力発電、風力発電など様々な発電方法がある。これらは、結構有名だが、最近では、「地熱発電」が注目されているのだ。今回は、地熱発電の仕組みを説明したうえで、関連銘柄について紹介させていただく。

地熱発電

power-plant-67538_960_720

「地熱発電」とは、簡単に言うと、地表から出ている水蒸気を利用して発電させる方法のことを言う。水蒸気により、発電機を作動させ、どんどん発電させていくのだ。

とにかく、二酸化炭素の発生量が少ないというのが特徴で、自然にも優しい発電方法だと言えるだろう。ただし、どの場所でも、これが利用できるわけではない。水蒸気が地表から出ている場所であっても、発電できない場合もあるのだ。

そのため、発電所を作るとなったときも、調査に時間をかけなければならないだろう。さらに、自然災害が起こった際は、どうしても発電がストップする危険性もあるため、天候などに影響されない仕組みを、以下に作り上げていくかが、今後の課題となるだろう。

政府が地熱発電を進めようとしている

terrestrial-heat-1230618_960_720

国を挙げて、地熱発電を促進しようとしている。現在、候補地も5か所まで絞っているため、本格的に運用しだす可能性が高いだろう。しかも、日本は世界有数の地熱発生国だ。そのため、これを利用しない手はない。

また、2017年度の政府予算では、20億円以上が計上されているということもあり、ビッグビジネスの予感もする。これを成功させることで、数百万キロワットという巨大な電力を得ることも可能らしい。

そのため、供給が増えるため、電気代が安くなる可能性もある。2016年には、電力自由化も本格的に始まったことから、電力業界は、さらに過熱するだろう。ただ、逆に地熱発電の運営に失敗してしまうと、無駄金にもなってしまうため、慎重に行ってほしいものだ。

地熱発生量は多いのに地熱発電量は少ない

chile-970440_960_720

日本が、世界有数の地熱発生国だというのは、さきほどお話しした。しかし、地熱発電量は少ないのだ。今までも地熱発電を行ってきたのだが、なぜか日本は、消極的だった。数年経って、ようやく地熱発電に本腰をいれることにしたのだ。

理由として大きいのが、東日本大震災で起こった、原子力発電に対する不安だ。これによって、地熱発電に力を入れるべきだという声が上がった。日本が地熱発電に消極的になっている隙に、海外ではどんどん技術力も上がっている。

そのため、世界から置いて行かれている状態だと言っても過言ではないだろう。日本は、国土は確かに狭いが、自然資源はたくさん眠っているのだ。今後も、自然資源を生かした発電方法に、力を入れてほしい。

注目の地熱発電関連銘柄

俺が注目してる地熱発電関連銘柄を紹介するぞ。しっかりチェックしてもらいたいと思う。

【8059】第一実業

「第一実業」は、地熱発電に関する機械の製造なども行っているため、不可欠だろう。納入実績で言うと、10にも満たないが、だからこそ、今買っておきたい株だと言える。今後の動き次第では、株価急上昇も期待できるだろう。

【1515】日鉄鉱業

「日鉄鉱業」には、「資源開発部」の一部業務として、地熱発電に関する業務を行っている。今後は、鹿児島県の方で地熱発電を活発化させようとしている雰囲気がある。会社も東京の丸の内にあることから、安定性はあるだろう。

【1983】東芝プラントシステム

「東芝プラントシステム」は、「東芝」と協力しながら、地熱発電に関する工事などを行っている。そのため、世界中を相手に行っている。ただ、2016年末から、決算の不正など、ニュースになった時期もあるため、いかに安値で買うかが勝負だろう。

【2395】新日本科学

「新日本科学」は、地熱発電というよりは、薬の開発などに力を注いでいるイメージが強い。ただ、地熱発電の開発に成功することで、さらに株価も上がりやすくなるだろう。アメリカにも会社があるため、期待できる。

【1945】東京エネシス

「東京エネシス」は、日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカ、中東からオセアニアでの工事実績がある。世界各国で、地熱発電に関する事業を行っていることから、期待できるだろう。日本で仮に地熱発電が失敗したとしても、大丈夫だと思う。

【8061】西華産業

「西華産業」は、風力発電から水力発電まで、様々な発電に関する事業を行っている。そのため、発電のノウハウは持っているだろう。地熱発電以外の、別の発電方法が出てきたとしても対応できる可能性が高いため、リスクは少ないと思う。

【9755】応用地質

「応用地質」は、1957年設立と、歴史もある。そのため、地熱発電をしやすい場所を探すのも得意な企業かもしれない。そのため、今、国内で候補地とされている場所以外の場所も見つけることができる可能性もある。今後の発展を願っておすすめした。

まとめ

hole-1208874_960_720

地熱発電が、メジャーになることで、消費者にもきっと大きな影響を与えるだろう。今後は、政府が起こしたプロジェクトが、一体どうなっていくのか方向性を見続けたい。株で儲けるためにも、時代の流れは気にしておいた方が良いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です