四季報をチェック!

高配当利回り銘柄

株式投資に関する情報ソースの権威と言えばあなたは何を思い浮かべるだろうか?

日経新聞や証券会社の担当、信頼出来る投資顧問など、様々な情報源を思い浮かべると思うが、ほぼ共通して「四季報」が真っ先に浮かぶはずだ。

当ブログを読んでいるあなたも、当然「四季報」も熱心にチェックしていることだと思うが、11月2日に更新された四季報WEBサイトの記事は特に要チェックだ。

「郵政株を超える高配当利回り銘柄」の特集がされており、とても興味深い内容となっているぞ。

旬な話題として、高配当な利回りが魅力となり日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株が人気を博したが、これらの郵政株よりもさらに高配当な銘柄はまだまだ数多くあるということを、四季報が非常にわかりやすくまとめている。

郵政3社の配当利回り

【6178】日本郵政   3.29%

【7182】ゆうちょ銀行 3.45%

【7181】かんぽ生命  2.55%

郵政3社の配当利回りは、ご存知の通り上記の数値となっており、東証1部の上場銘柄の平均的な配当利回りに比べて約1.6%ほど高い。
しかしこれらよりもさらに配当利回りが高い銘柄があるということだ。

郵政株以上に高配当な銘柄

四季報の記事を参考に、個人的に配当利回りが高い銘柄をまとめてみたが、

【8186】大塚家具   4.96%

【2326】夢真HD    4.90%

【8624】いちよし証券 4.88%

【8708】岩井コスモ  4.67%

【8616】東海東京fHD 4.57%

これまで上記の5銘柄に特別に注目したことはなかったが、配当利回りに視点を置いてみると、改めてその配当利回りの高いことがよくわかる。

そして、郵政3社の上場からの爆発的な上昇がいったん落ち着いた理由のひとつとしても、配当利回りが郵政株よりも高い銘柄はあるということを多くの投資家が意識しはじめ、市場全体としての冷静さを取り戻してきたような感覚があるのではないだろうか。

もちろん、郵政株の株価が上昇するのは配当利回りの高さだけではなく、事業内容、企業の成長性にかかる部分が大きいので、ここから先、郵政株の値上がりは本格的に企業としての実態が投資するべき価値があると判断されるようになった時だろう。

個人的には、未来を先読みすれば、現時点でも郵政3社の株は投資すべき価値が充分にあると思っているが。

当記事を読んで、個別銘柄の配当利回りが気になった方は改めて11月2日に更新された四季報WEBサイトの高配当銘柄の特集記事をチェックしてみるとよいだろう。

今日は日経平均も活気づき、市場にパワーが戻ってきたような印象を受けた。

郵政株に集中していた資金が、他の大型銘柄に戻り始めている動きも観測できた。

現時点では大きな不安材料は払拭された感もあり、ここから日経平均が2万円台まで早急に回復することを願う。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。