再生医療関連銘柄

  • 2,427,233 人のブログ訪問に感謝!

再生医療関連銘柄

underwear-689862_960_720 (1)

ごきげんよう、株王獅子丸だ。
ここ数十年でコンピュータをはじめ、いろいろなものの進化スピードが上がっている。医療業界も例外ではない。その中でも、近年「再生医療」の技術革新はすさまじくなっている。そこで今回は、再生医療の説明と関連銘柄について紹介する。

これが再生医療関連銘柄リストだ

まずは俺が注目している再生医療関連銘柄を下記にまとめた。各種の再生医療関連銘柄に対する個人的な見解や分析も交えて紹介しておく。

【4508】田辺三菱製薬

「田辺三菱製薬」は「田辺製薬」と「三菱ウェルファーマ」によってつくられた医薬品会社だ。医療用の薬を中心に研究・開発・販売を行っている。会社の規模も大きいため、今後も再生医療において重要な会社となるだろう。

【4568】第一三共

「第一三共」も医薬品会社だ。ただ、田辺三菱製薬と比べ小売店販売用の薬も活発的に販売しているイメージがある。ただ、医療用医薬品においてもなくてはならない会社だと思う。そのため、ますます必要とされるだろう。

【6752】パナソニック

「パナソニック」は、再生医療で必要な機器を販売している。時代が進むにつれて、機器にもいろいろな性能が必要となる。そのため、機器が進化するたびに病院や医薬品メーカーから注文が入るはず。しかも、家電の販売などいろいろなジャンルで商品を売り出しているため、比較的安定した会社だと思う。

【6788】日本トリム

「日本トリム」のグループ会社である「ステムセル研究所」では、再生医療で使用する細胞の保存を行っている。そのため、再生医療の研究・開発が止まらない限りは必要とされるだろう。今後も、医療界で活躍する会社だと思う。

【7731】ニコン

「ニコン」は、再生医療で使用する細胞の「受託生産」への事業参入をしている。つまり、製薬会社から細胞の注文があったら、納品をするといった形だ。今後は、どこまでたくさんの医薬品メーカーとつながりを持てるかが勝負だろう。

【8086】ニプロ

「ニプロ」では「再生医療研究開発センター」と呼ばれるものを札幌に持っている。すぐ横には「札幌医科大学」もあり、共同研究もしている。しかも、医薬品と医療機器の両方を販売していることから、再生医療においてエース級の会社と言ってもいいだろう。

【9086】日立物流

最後に紹介するのが「日立物流」だ。この会社は、再生医療で使用する細胞の輸送なども行っている。そのため、病院・医薬品メーカーから必要とされる輸送会社だと言ってもいいだろう。ブランド力も強みになっているはずだ。

再生医療関連銘柄ニュース

girl-1064664_960_720

再生医療関連銘柄についてのニュースを紹介しておこう。

再生医療など医療機器メーカーのイベントが開催

平成29年4月19日から3日間「MEDTEC Japan 2017」と呼ばれる大型イベントが東京ビッグサイトで開かれた。来場者数が3万人を超える。内容は最新医療機器の展覧会だ。たくさんの製作所が自慢の品を展示しに来るのだ。

また、医療機器と再生医療をテーマにしたセミナーも開催され、多くの人の関心を集めた。しかも、医療機器が優れた会社には表彰もある。表彰されると企業ブランドも上がり、医療関係者からの注目を集めるかもしれない。

ただ、私は患者が手軽に利用できる医療機器を提供してほしいと思う。いくら技術力が上がったとしても、高額な医療機器が原因で治療費も高くなるというのは辞めてほしい。今後も、再生医療の質を上げるため、たくさんの医療機器が販売されていくとは思うが、患者が喜ぶものを提供してほしいと思う。

日立製作所が大日本住友製薬へ再生医療関連機材を納品へ

日立製作所のホームページを見ると、大日本住友製薬から再生医療関連用機器の受注が報告されている。しかも、この機器の使い道というのが、大日本住友製薬と京都大学で共同で研究をしている「ドパミン神経前駆細胞」の実用化について使うというのだ。

つまり、これはビッグビジネスだと言っても過言ではない。しかも、再生医療市場は今後も規模が大きくなることも予想されており、2020年には1900億円と予想されているのだが、2050年には「3兆8000億円」まで膨れると言われているのだ。

つまり、私たちにとって再生医療が身近になるのはほぼ確実だ。しかも、大日本住友製薬は1980年代から再生医療に取り組んでいると言われているため、技術力もそれなりにあるはずだ。今後も再生医療から目を離せない。

再生医療関連銘柄まとめ

日本では、今後も高齢化が進んでいく。そのため、病院を利用する人もさらに増えるはずだ。再生医療は、私たちの生活になくてはならないものになるだろう。ただ、外資系企業の参入が進めば、日本企業は厳しい状況になることも予想されるため引き続き注目したい。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です