再生医療関連銘柄 医療を担う銘柄とは?

ごきげんよう、株王獅子丸だ。
人間は、どうしても身体が老いていくにつれて、皮膚や神経など機能しなくなることも多い。しかし、それらの動きを再度取り戻す方法が開発されている。それこそ「再生医療」だ。今回は、再生医療についての詳しい説明と同時に関連銘柄について紹介していく。

再生医療

doctor-563428_960_720 (1)

人間には、たくさんの細胞がある。例えば、血管機能を修復させたいと思ったときも、自分の身体の別部分の細胞を取り出すことで復活するのだ。それが「再生医療」だ。再生医療の歴史はまだ浅く、本格的に研究が開始されて、まだ20年前後しか経っていない。そのため、最新の医療技術だと言っても過言ではないだろう。

特に、日本では平均寿命が一昔前と比べても伸びている。そのため、年齢を重ねても身体を動かして働かないといけない状況になっている人もたくさんいるのだ。生涯現役生活を送りたいと考える人には、まさになくてはならない医療方法だろう。

ただ、再生医療にも、多額の医療費がかかることも予想される。そのため、今後いかに使いやすくするかがカギである。

血友病に再生医療が役立つ!?

microscope-275984_960_720

血が出だすと、全く止まらなく「血友病」に、再生医療の技術が期待されている。例えば、今までであれば、薬を使うことで症状を抑えるということをしていた。しかし、再生医療の技術を生かすことで、薬を使わなくて良いというのが、実現するかもしれない。

これは、長崎大学の研究によるものだが、2027年までには、実際に治験に使おうとしている。そのため、血友病の患者には、とても助かるのかもしれない。ただ、もちろん再生医療を使ったからと言って、メリットばかりではない。

もちろん、副作用なども考えられるため、今後も慎重に研究していってほしいものだ。どんどん、国民が健康になるような仕組みを再生医療の技術を生かして作ってほしいと思う。

再生医療は貿易にも役立とうとしている

pulse-trace-163708_960_720

日本は、オーストラリアとの自由貿易で、再生医療を生かしたビジネスを行おうともしている。そのため、オーストラリアと一緒に再生医療に関する技術強化を進めようと国の方針で行おうと思っているようだ。

やはり、どうしても日本の技術だけで開発を行うと、海外の人には再生医療の技術が使えないという場合もある。しかし、外国の方と一緒に開発することで、日本では入らない情報や技術力も入ってくることが予想されるため、たくさんの国々で、需要を持ってもらえることができるだろう。

しかも、オーストラリアと友好関係を結んで40年以上経つため、これを機に、さらに2国間での結びつきを強くしたいようだ。ただ、2017年はトランプ大統領が世界の中心になることは、ほぼ確実だと思うため、邪魔をされなければ良いがと思っている。

注目の再生医療関連銘柄

俺が注目している再生医療関連銘柄を紹介するぞ。

【2395】新日本科学

「新日本科学」は薬の研究を行っている会社だ。学会にも何度も発表していて、実際にプロフェッショナルの集まりだと言える。再生医療に関しても、今後色々と役立つものを作ってくれそうな期待があったため再生医療関連銘柄としておすすめした。

【3401】帝人

「帝人」は、再生医療のほかに、物を作ることなど様々な業務を行っている。しかも、アメリカやドイツなど、色々な場所で自社の作品も発表しており、とても楽しそうな会社だ。そういう会社では、良いものが生まれる気がしたため再生医療関連銘柄として挙げた。

【4005】住友化学

住友ブランドの「住友化学」は、国内でも安心できる企業だと言っても良いだろう。「ヒトES細胞」を使った再生医療に関する研究を行っており、期待したいところだ。今後も日本の社会を支えるために大事な企業だと言えるだろう。

【4021】日産化学工業

「日産化学工業」は1887年に創業され、約130年経営されている老舗の企業だ。しかも、全世界の半分近くで自社商品が使われているため、超優良企業だと言っても良いだろう。まさに、日本の代表的な化学会社だと言っても過言ではない。

【3569】セーレン

セーレンは福井大学など、色々な場所と共同で研究を進めている。しかも、薬に関してはプロフェッショナル感がある会社だといっても良いだろう。また、化粧品事業もどんどん拡大しているため、医療以外でも活躍してくれるだろう。

【4118】カネカ

「カネカ」は、医薬品だけではなく、食品や樹脂製品など、幅広い製品を製造している。そのため、仮に医薬品業界でうまくいかなかったとしても、潰しも利くはずだ。そういう意味では、リスクは低い方だと個人的に思う。

【4527】ロート製薬

最後に紹介するのが、様々な薬を製造しているのが「ロート製薬」だ。この会社は、最近ホームページに健康に関する記事など載せてあり、とても楽しませてくれる。再生医療に関しても、今後関わっていく可能性も高いと見たため再生医療関連銘柄としておすすめした。

まとめ

medic-563425_960_720

再生医療の技術が、どんどん向上していくことで治療の仕方も、次々と変化していくだろう。医療を受ける側が、安心できるような環境を整えてほしいものだ。時代背景に合わせて、株投資をしていくと、きっと楽しくなるはずだろう。ぜひ再生医療関連銘柄をチェックしてほしい。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。



▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です