FACEBOOKと仮想通貨

フェイスブックと仮想通貨の融合について俺が執筆したコラムがYahooファイナンスに掲載中だ。 FACEBOOKが仮想通貨の広告を禁止するというネガティブなニュースが氾濫しているが端的に解釈せず、CEOであるマークザッカーバーグが考える仮想通貨へのポジティブな取組を考えてみよう。メディア報道を鵜呑みにして流されるのではなく、自分自身で考える力をつけていこう。

FACEBOOKと仮想通貨

仮想通貨は凄いと言われているけれど、実際にどこでどうやって使えるようになるのかと疑問に思ったことが誰もが一度は必ずあるはずだろう。

 

201815日に、フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏が自身のフェイスブックに投稿した仮想通貨に対する新年の抱負について、あなたはその内容を覚えているだろうか?

 

私は「仮想通貨とはIT革命の最終章であり完成形」であると考えているため、マーク・ザッカーバーグ氏の発言はとても重要な内容として解釈しており、その内容にも大きな共感を感じている。

ブルームバーグでも紹介されていた下記の動画をご覧頂きたい。FACEBOOKと仮想通貨に関する重要なことがニュースで語られており、日本語字幕もついていて見やすいぞ。

 

IT革命が起こった90年代~00年代は、人々はインターネットによるテクノロジーが”自由”と”非中央集権”をもたらす力になると信じ、そのエネルギーによって、様々なインターネットサービスが爆発的に普及し、そこからGoogleYahoo・フェイスブック・ツイッター・インスタグラム・YOUTUBEなどのサービスが世界中から愛されていった。

 

しかし、2018年となった今、きっとあなたも現在のインターネットに対して少なからず失望を感じているはずだ。

 

10年前~20年前のインターネットは、目にするもの全てが新しく、そこには自由があり、未知の世界を探検するようなワクワクする期待と希望に満ち溢れていた。

 

現在のようにインターネットを支配しようとする超巨大企業や、政府の監視もまだ無い時代、そこには国境も規制もなく、個人が主役として自由に楽しめる世界がインターネットに存在していた。

 

それが今では、現実世界と同じようにインターネット上でも特定の人への権力の集中が起こり、各国ごとに法律による様々な規制が入り、個人の自由は奪われ、非中央集権へと向かうエネルギーが原動力となっていたインターネットはいつの間にか、中央集権化を加速させるツールへと成り替わりつつある。

 

この流れに逆らう重要なものこそが仮想通貨であり、「中央集権のシステムから権力を人々の手に戻す」という本来のIT革命が目指していたことを実現するパワーが仮想通貨にはあると感じてならない。

 

マーク・ザッカーバーグ氏の発言に私は100%共感している。

 

「仮想通貨がIT革命の最終章であり完成形」となるべく、これから起こり得る可能性がある個人的な未来予測を下記にまとめた。

 

 フェイスブックと仮想通貨の融合

フェイスブック・ツイッター・YOUTUBE・インスタグラム、LINEなど、世界中で愛用されているSNSサービスの特徴である「いいね」機能。

 

個人が情報を発信し、その情報を閲覧した人が共感や感銘の気持ちを伝えるためのツールが「いいね」機能の役割となっており、「いいね」の数が多い情報は人気や信頼性を表すものとしても捉えられ、「いいね」の数を個人のステータスとして考える人も少なくない。

 

そして、SNSと仮想通貨の融合が最もわかりやすい形で浸透するのが、この「いいね」機能と仮想通貨の融合になるのではないかと考えている。

 

「いいね」機能は無料で誰もが気軽に押すことができるが、「いいね」をつけるのが当たり前になりすぎて、真の共感や感銘が無いのに惰性で「いいね」をつけてしまった経験はないだろうか?

 

もし、「いいね」機能に仮想通貨が融合した場合、「いいね=仮想通貨をチップとして贈る」というシステムになったら、「いいね」の価値と信頼性はさらに高まり、「いいね」の数が多い情報に本当の意味で価値がついていくのではないだろうか。

 

SNSの多くは無料で使える便利なツールとして爆発的に広まり私たちの日常生活の一部として普及した。

 

しかしその反面、無料で気軽に使えるからこそ価値の無い情報も氾濫してしまい、情報の操作も可能になり、価値の無い情報と価値のある情報が混同し、それを見分けるのが困難な状況を招いてしまっている。

 

「インターネットの情報は何が本当に正しいのかわからない」と感じたことは誰もが一度はあるはずだ。

 

この問題を解決するのが「いいね」機能と仮想通貨の融合となるのではないだろうか。

 

例えば、「いいね」1回につき「1円相当の仮想通貨チップを贈る」という機能が誕生した場合、「いいね」が100回つけられた情報は「100円の価値がある」と人々がつけた証となる。

 

「いいね」が100万回つけられた情報は「100万円の価値がある」として、その情報が高い価値を持つ情報であることが実にわかりやすくなり、情報の発信者は質の高い情報の提供に尽力を注ぎ、質の低い情報は自然淘汰されていくのではないだろうか。

 

日本にチップ文化は無いが、アメリカをはじめとした世界ではチップ文化は広く浸透しており、チップ文化は個人間で直接的に行われるものとして非中央集権のわかりやすい形だ。

 

我々の日常生活において、最もわかりやすい形で仮想通貨が普及する形の一つとして、SNSの「いいね」機能と仮想通貨の融合があるのではないかと私は感じている。

FACEBOOKが仮想通貨広告を禁止

FACEBOOKが仮想通貨の広告を停止したというニュースがうんざりするほど流れているが、解釈の仕方を間違えないように気をつけよう。

フェイスブックが仮想通貨・ICOなどの広告を禁止した理由は、仮想通貨に否定的な訳ではなく、仮想通貨を語った詐欺や悪徳商法・虚偽の広告を行う悪質業者が蔓延しているからであり、それらを制裁するための手段として今回の広告禁止を発表したということだ。

間違っても、「フェイスブックが仮想通貨の広告を禁止したから仮想通貨はもう終わりだ」とか「Facebookは仮想通貨を否定している」などと誤解はせぬように気をつけよう。

マークザッカーバーグは2018年の抱負として、FACEBOOKに仮想通貨をどのように取り入れていくのか模索し真剣に学んでいるということが事実だ。

俺は真実と事実を正しく伝えていく。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『FACEBOOKと仮想通貨』へのコメント

  1. 名前:たか 投稿日:2018/01/31(水) 22:43:01 ID:a928789bc 返信

    フェイスブックと仮想通貨の関連はすごい一大イベントになりますね!どうなるか楽しみです先生。

  2. 名前:木村航太 投稿日:2018/02/02(金) 22:41:19 ID:06a8fc182 返信

    これは凄い。

    素晴らしい洞察眼ですね。

    御見逸れいたしました。

    これからもじっくり読ませて頂きます。

  3. 名前:キン 投稿日:2018/02/05(月) 03:31:03 ID:6ab44f30e 返信

    フェイスブックと仮想通貨ありえますね

  4. 名前:メテオ 投稿日:2018/02/09(金) 03:03:18 ID:084a4d4c7 返信

    FACEBOOKはいずれ本格的に仮想通貨をサービスに取り入れるとイメージしていたので、株王獅子丸様の考察はとても興味深かったです。いつも私にはない発想と想像力、現実的になるかもしれないという面白さを感じています。いつも記事更新を楽しみにしていますので応援いたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です