コインチェックは倒産?破産?事業継続?

  • 2,427,392 人のブログ訪問に感謝!

※1月28日更新

コインチェックのプレスリリースからの告知により、失われたネムについて顧客へ日本円で返金対応を行う旨が発表されている。

コインチェックの緊急記者会見に関する報道の影響により、ネット上では新聞等のニュースサイト、掲示板、ツイッター、情弱な仮想通貨ブロガー達も『コインチェックが倒産する』『コインチェックは破産する』と囃し立てているのが目につく。

だが、俺と同じように、根拠もなく感覚だけで好き放題言っている記事に納得がいかないという方も多いはずだ。今回のネム580億円不正流出により『コインチェックが破産or倒産or事業継続するのか?』という疑問について、正しい未来を先読みするために必要なのは根拠ある見解と分析だ。俺の見解を単刀直入に述べよう。

コインチェックは破産しないで事業継続の可能性

今回、コインチェックが失ったのは580億円だ。

つまり、簡単な計算でもコインチェックが固有資産として580億円以上持っていれば債務超過になることはなく、コインチェックが倒産したり破産することはないと言える。

そして、コインチェックが取扱っているのはネムだけではなく、特にビットコインの取引高で言えば世界中の取引所の中でも上位に食い込んでいる。(下記の取引高グラフ画像を参照)

コインチェックは預かり資産が大量にあると思われるので、今回の被害額580億円以上の資産があればコインチェックは倒産したり破産することなく事業を継続していくことができるのではないかというのが俺の率直な意見だ。

決定的なことは言えないが、冷静に分析した結果、俺はそう思う。

コインチェックが破産する可能性は?

コインチェックが預かり資産も含めて580億円以上の余裕があれば倒産することはないと述べたが、その反対に、もしもコインチェックに580億円以上の固有資産が無かった場合、最悪のケースとしてコインチェックが破産することもあり得るということだけは念頭に置いておこう。

しかし、このようなリスクは仮想通貨投資にはある意味つきものでもあり、正真正銘のハイリスクハイリターンなのだ。

超短期間で一気に資産を10倍、50倍、100倍へと増やすことができる魅力がある反面、リスクは当然ある。

人間が危険なものほど魅力を感じるのは本能だ。

だからこそ、仮想通貨投資は面白い。

コインチェック買収&事業譲渡&提携合併

コインチェックに保有資産580億円以上があれば、そう簡単にはコインチェックは潰れないと俺は考えているが、もう一つの予測として、倒産や破産をせずとも今回を機にコインチェックがどこか別の超大手企業に買収されたり、事業譲渡を行ったり、提携合併を行う可能性があるかもしれないと考えている。

失った580億円の損失は、上述したようにお金さえあれば解決できてしまう問題だ。

しかし、それだけでは失った信用は取り戻せない。

コインチェックが今回の事件を乗り越え、さらなる成長を目指した事業継続を行うためには、顧客からの信頼を取り戻さなければならない。

そのために、誰もが知っているような上場企業や、国民的信頼度の高い企業とコインチェックが提携することで、コインチェックの安全性やセキュリティをアピールする可能性も考えられる。

また、仮想通貨マーケットに目をつけてはいるが、現状ではまだ仮想通貨取引所の事業に進出することができていない超大型企業は山ほどあり、そのような企業からすれば、コインチェックはドル箱コンテンツであり、コインチェックを買収したいと考える企業は少なくない。

この予測通りとなるのが、個人的には一番面白いのだが、コインチェックが今回の580億円の損失をカバーすることで、コインチェックに想像以上の資金力があるという印象を世界に与え、さらにセキュリティを強化するために超大手企業と提携・合併・買収されるということが起これば、コインチェックはさらに巨大な仮想通貨取引所として成長していくだろう。

コインチェックの今後

上記グラフはビットコインの取引高の取引所ごとの割合だ。

これを見れば一目瞭然だが、コインチェックは世界的にもビットコインの取引高が最大規模の取引所であり、コインチェックの預かり資産はかなりの巨額となるだろう。

そして、今回流出したのはネムだけであり、ビットコインは無傷だ。

つまり、失ってしまった580億円のネムは、コインチェックにとっての主力ではなく、あくまでもビットコインこそがコインチェックの主力だと考えてみれば、今回のコインチェックの事件は世界的な仮想通貨市場からすれば大したことのない事件として捉えることもできる。

そして下記が同じくネムの取引所ごとの割合のグラフになる。

このグラフからも、コインチェックが取扱っているネムの取引高は、世界的な規模でみれば大したことのない金額だ。

ネムの時価総額は8000億円以上

様々なメディアで『コインチェックが580億円分のネムを失った』と、今回のコインチェックの事件がマウントゴックス事件並みに絶望的であると言わんばかりに報じられているが、冷静に考えよう。

現時点(1月27日深夜2:30)のネムの時価総額は8227億6498万7485円に対して、コインチェックの記者会見で報じられた損失額は580億円。

割合で計算すれば、今回のコインチェックの580億円というのは、ネム全体の時価総額のたった7%程度の小さな数字だ。

『580億円』という金額は、私生活では見慣れない金額のため、とんでもない金額だと思ってしまいがちだが、冷静に考えれば、大したことのない金額だと理解できるだろう。

ここで、本当に気づくべき点は、改めて仮想通貨市場の時価総額がとんでもない規模に膨れ上がっているということだ。

時価総額1位のビットコインは20兆円以上。

続く時価総額2位のイーサリアムは11兆円以上。

第3位のリップルは5兆円以上。

この時価総額を見ただけでもすぐにわかると思うが、凄まじい勢いで仮想通貨の市場規模が爆発的に成長しているという真の事実に気付こう。

今回のコインチェックのネム流出事件から、この先のコインチェックがどうなっていくのか、今は情報を精査して冷静に見守ろう。

『知恵は万代の宝』ということわざがあるように、優れた知恵はいつの時代においても役に立つ宝となる。

さらに『知恵は知識に勝る』というフランスの哲学者パスカルの言葉を借りると、仮想通貨投資を正しく楽しく行って行くためには、知識よりも知恵を身につけることが大切だ。

ただ知っているだけではほとんど価値はなく、勝つための知恵として活かすことに大きな価値がある。

『ペンは剣よりも強し』の通り、文章で表現される思想は世論を動かし、武力以上に強い力を発揮する。

いつだって俺は本気だ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『コインチェックは倒産?破産?事業継続?』へのコメント

  1. 名前:ひかる 投稿日:2018/01/27(土) 04:37:19 ID:4b645331c 返信

    コインチェックの事件は冷静に見守るのが一番ですね僕もそう思います

  2. 名前:内田 投稿日:2018/01/27(土) 13:14:21 ID:101f63d8e 返信

    今後とも宜しくお願いします

  3. 名前:たけ 投稿日:2018/01/27(土) 21:56:20 ID:4b645331c 返信

    コインチェックの倒産はない気がしますがどうなんですかね

  4. 名前:ミッキー 投稿日:2018/01/28(日) 02:30:01 ID:3ea08d477 返信

    無事に返金の発表が出ましたねーーーーーー!

    コインチェックが復帰できることを願って応援してみます!

  5. 名前:ひろぽん 投稿日:2018/02/03(土) 15:58:43 ID:42b33c1f7 返信

    コインチェックの復旧もうすぐかな?

  6. 名前:凛ちゃん 投稿日:2018/02/06(火) 18:55:11 ID:c06704ca9 返信

    コインチェックは倒産しないのでは?私はそうおもいますよ。
    ホリエモンさんも言う通り、コインチェックは資金がありそうなので、しばらくしたら営業再開だと思ってます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です