コインチェック記者会見の全文内容と現場レポート

1月26日(金)23:30に行われたコインチェックの記者会見。

実際に俺がこの目で見たコインチェック本社前の現場の様子をレポートしておこう。

コインチェック記者会見の内容

上記の動画はコインチェックの記者会見の内容を全て撮影したものだ。

記者会見はコインチェックの代表取締役の和田晃一郎氏、取締役の大塚雄介氏、広報担当、顧問弁護士によって行われた。

約580億円の不正出金。

記者会見では、コインチェックは取り扱う全ての通貨の出金を停止したと発表した。

コインチェックのブログでも報じられている通り、26日正午頃、仮想通貨「NEM」がハッキングされた可能性。

この影響で、多くの仮想通貨が値下がりし、事態を重くみた金融庁も調査に乗り出した模様。

コインチェックは、「原因や詳細は、判明次第、早急に公表する」「顧客への対応を最優先する」としている。

コインチェック記者会見 全文内容

以下、コインチェックの緊急記者会見の内容の全文を書き起こした。

記者会見挨拶と謝罪

(コインチェック和田)本日弊社サービス・コインチェックにおいて、機能が停止する事態が発生しました。本件に関しまして、みなさまをお騒がせしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

たいへん申し訳ございませんでした。

では、本日の事実に関しまして、大塚の方からご説明申し上げます。ちょっと着座にて失礼させていただきたいと思います。

すみません、それでは着座にて失礼いたします。

ネム不正出金の状況報告

(コインチェック大塚)私大塚から、本日どのようなことがあったかという事実を、ご説明させていただきたいと思います。

当日、弊社にて11時25分、残高が異常に減っているところを検知いたしました。

同日11時58分、ネムの入れるのと出すのの送信を一時停止いたしました。

(記者)すみません、もう少し大きい声で話してもらえませんか?もう1回お願いします。

(コインチェック大塚)はい。もう1回、最初からご説明させていただきます。

本日1月26日午前3時ごろ、コインチェックのネムのアドレスから、5億2,300万のNEMが送信されました。

検知した時点でのレートで換算しますと、約580億円に相当いたします。

同日弊社にて、11時25分、ネムの残高が異常に減っていることを検知。

同日11時58分、ネムの入出送金を一時停止しました。同日12時52分、NEMの売買自体を停止。

16時33分、日本円を含む全通過出金・送信を一時停止しております。

17時23分、ビットコイン以外すべての通貨の売買を、出金・送信停止しております。

本事象に関しましては、金融庁ならびに警視庁へ報告済みになっております。

また、ネム財団およびネムの取り扱いを行っている国内外の取引所と連携を行い、送信されたネムの追跡および売買停止要請を実施済みでございます。

私どもからの事実関係のご報告は、以上となります。

被害総額は580億円

(朝日新聞)すみません、朝日新聞からうかがってもよろしいでしょうか?580億円というのは、すべて顧客の資産という理解でよろしいでしょうか。あと被害に遭った方の人数というのは、どれぐらいの人数なんでしょうか?

(コインチェック大塚)まず580億円分に関しては顧客の資産でございます。

人数に関しましては、現在調査しておりまして、何名の方が対象になるかというのは、今調査中でございます。

(記者)規模感みたいなものはわかりますか。

(コインチェック大塚)まだ把握できておりません。調査中でございます。

(広報担当)ほかのご質問、挙手いただいて媒体のお名前と(質問者の)お名前をお名乗りすることはできますでしょうか。

(毎日新聞)毎日新聞のオカといいます。

喪失した580億円なんですけども、もし顧客のものだとして、何かしら補償するような考えはあるんでしょうか。

また、そもそも補償する材料と言いますか、そういう力があるんでしょうか。

あともう1つ、御社はまだ仮想通貨取引業者として金融庁に登録されていないと思うんですけれども、今、申請中だと思うんですが、TVCMなどで年末等もけっこう宣伝されていますけれども、経営者としてセキュリティ対策とかよりも、そういう宣伝とか、どういう印象をお持ちなのかどうか、その3点お願いします。

(コインチェック大塚)ちょっと1点ずつご説明というか、ご回答させていただきます。

まず1点目、流出したネムの補償に関しましては、補償なども含めて、現在検討をさせていただいております。

まずはお客さまの保護を最優先に検討しておりまして、対応中でございます。

(記者)最大580億円分を補償することになると思うんですけれども、そもそも、それだけの財務と言いますか、財政余裕はあるんでしょうか。

(コインチェック大塚)まずは本日は、財務的にどれほどの影響を与えるかというところと、我々の財務状況等を確認中の精査をしている状況でして、当社といたしましては、お客さまにできる限りご迷惑をかけることのないように、確認ができ次第、対応をご報告させていただきたいと思っております。

(記者)3点目は、仮想通貨交換業者の登録の精査中だと思うんですけども、審査にもセキュリティ対策とかも含まれると思うんですけども、そういうのがまだ登録していないうちにいろいろCMとかにお金をかけていらっしゃいましたけども、経営判断として、こういった事態を招いたことと、何かしら関係があるのかどうかをお伺いしたいです。

(コインチェック大塚)もし私で大丈夫であればなんですけども、セキュリティ関係に関しましては、何よりも最優先で行なっておりましたというところであります。

仮想通貨交換業者の登録も含めて、そちらを最優先でやっていたということは認識しております。

ハッキングに対するセキュリティ

(日経新聞)日本経済新聞のヨシノと申します。

2点あるんですけれども、去年から、とくに韓国で通過取引所が相当ハッキングされていたということがありましたが、そういう情報をご存知だと思うんですが、それでも警戒はされていなかったのかということです。

(コインチェック大塚)それに関しましては、もちろん私たちも把握をしておりまして、十分対応しております。

(記者)今回の発端としてはハッキングと見てらっしゃるのかどうかと、怪しいメールとかが従業員に届いたとか、そういう事実はあるのか。そのへんちょっと教えていただけますか。

(コインチェック大塚)現時点では、そのようにメールが従業員に届いているかという事実は確認できておりません。

ただ、そこがどういう状況から起こっているのかというのを、まさに今対応確認、原因の追究をしている状況でございます。

(記者)ハッキングの可能性は?

(コインチェック大塚)そこも含めて、今どういう状況かという事実を確認している状況でございます。

ネム以外の仮想通貨の被害は現在無い

(記者)ネム以外の通貨、リップルなどはいかがでしょうか。

(コインチェック大塚)ネム以外の通貨に関しましては、今のところハッキング等、何か起こっているということは確認されてはおりません。

(記者)東洋経済です。お客さんの資産の管理の仕方はコールドウォレットで管理してたのかどうか、ということについて教えてください。

(コインチェック大塚)今回の管理に関しましては、ホットウォレットに入ってございました。

(記者)ホットウォレット?

では、オンラインで管理していたということですか?

(コインチェック大塚)はい。

(記者)コールドウォレットで管理しなかった理由というのは?

(コインチェック大塚)コールドウォレットに関しては、管理を進めていたのですが、そこまで至ってなかったです。

(記者)システム的に無理だったと?

(コインチェック大塚)システム的に難易度が非常に高いということです。

(記者)オンラインのところで管理していて抜かれた、出ていったということですね。

(コインチェック大塚)はい。

(TBS)TBSのミサワです。

こちらはハッキングということでよろしいのでしょうか?

先ほどからあいまいな感じにしていますけど。

(コインチェック大塚)まあ、不正アクセスということでございます。

(記者)外部からの不正なアクセス?

(コインチェック大塚)はい。

ネム財団との話し合い

(時事通信)時事通信のミヤザキと申します。

今回の取引を取り消す、ハードフォークという方法は、ネム財団のほうに要請する気はあるのでしょうか? 

(コインチェック大塚)まず、ハードフォークするかどうかは、私たちで決めることではございません。

それもふくめて、先ほどの話の中で、起こったことについてネム財団にも僕もふくめて相談をしました。

ただ財団としては、「ハードフォークはできかねる」ということでございます。

(読売新聞)読売新聞です。

一部機能停止とありますが、いつまで機能を停止する予定ですか?

(コインチェック大塚)安全にお客様に提供できるということを確認でき次第再開になりますので、今のところ未定でございます。

(記者)現時点では目処は立っていないと。

(コインチェック大塚)はい。

CEO和田氏の説明

(日経新聞)日経新聞のモロトミと申します。

なかなか、大塚取締役も、金融のバックグラウンドがない中で事業を引っ張ってきたと思います。認識が甘かったんじゃないかと思われますが、ぜひ和田社長にコメントをいただければと思います。

(コインチェック和田)確かに私たちは、金融の経験がない中ではありますが、セキュリティやその他、CFOとしては保険会社出身のものが勤務しております。

そういったところもふくめまして、私たち自身ではたしかに金融の経験は浅かったものの、外部の手だったり、従業員の手を借りることで、そちらについての知見を高め、経営をしておりました。

(記者)マウントゴックス事件が過去にあったと思います。

それだけに、二度目はありえないという意識があったと思います。

それに耐えうるような社内の体制だったり、技術系の投資だったりは十分だったのでしょうか?

(コインチェック大塚)まあ、私たちのできるかぎりの十分な対応で、やらせていただきました。

(東洋経済)東洋経済です。

先ほど質問のあった、投資の優先順位というところなんですが、ぜひ和田代表にお伺いしたいのですが、やはりオンラインで保管すべきじゃないものをオフラインにしなかった、この手間を惜しんで12月上旬から大々的なテレビCMを打って、そこの投資の優先順位に対して、何か反省とか後悔とか、そういったところはありませんか?

(コインチェック和田)はい。

たしかに、このような事態に陥ってしまったことについては、深く反省しています。

(読売新聞)読売新聞のトツカと申します。

NEM以外を持っている顧客の資産というのは、どういう状況が起きようと、分別管理がされていれば、御社の今後の状況に関わらず、全額戻るという理解でよろしいでしょうか?

(コインチェック和田)その点に関しては、今回のNEMの補償もふくめて、現在会社として対応方法を検討中でございます。

(記者)御社が扱っている仮想通貨の種類、あとは取引の規模、あとはネム以外の保有されている資産は日本円にしてどれくらいなんでしょうか?

(コインチェック大塚)いくつかあったと思うのですが、まずは種類ですかね。仮想通貨は13種類を取り扱っております。

(記者)取引の規模は?

(コインチェック大塚)取引の規模に関しましては今、正しい数字を確認しておりまして、後ほどわかり次第、ご報告させていただければと思っております。

(記者)ネム以外の取引の割合というのはだいたいどれくらいなんでしょうか?

(コインチェック大塚)ちょっとそこも、どれくらいの割合なのかというところまでは正確な数字が出ていないので、今確認中でございます。

コインチェック本社前現場レポート

記者会見が行われた1月26日(金)23:30、俺はコインチェックの本社前で現場の様子をこの目で確認を行ってきたぞ。

本社前の様子

コインチェック本社前には数名の警察官も。

報道メディア関係者や顧客が集合。

コインチェック本社の裏口にも多くの人だかりが。

報道メディア関係者の慌ただしい様子も目立ったが、現場は静かに緊迫していたが、記者会見が終わると一気に人は去り、いつも通りの静かな夜へと戻った。

今回のコインチェックの事件から、『コインチェックが倒産・破産するのか?それとも事業継続をするのか?復旧はいつになるのか?』という問いの答えについて個人的な見解と未来の先読みをこちらのブログ記事にまとめたので気になる方は是非チェックして欲しい。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『コインチェック記者会見の全文内容と現場レポート』へのコメント

  1. 名前:真斗 投稿日:2018/01/27(土) 04:38:30 ID:4b645331c 返信

    コインチェックの記者会見見ました。色々な解釈ができそうですが、僕はコインチェックはそこまで危機的ではないのかなと思いましたよ。さらなる続報が楽しみです先生。

  2. 名前:ひろ 投稿日:2018/01/27(土) 21:57:07 ID:4b645331c 返信

    先生!お疲れ様です!
    僕らのかわりに現場の様子を見て頂いて嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です