リップルがIDT CorporationとMercuryFXと提携

リップルが公式サイトで企業提携を発表。今回リップルが新たに提携を結ぶのはIDT CorporationとMercuryFXだ。

リップルが企業提携を公式発表

リップル(XRP)とIDT CorporationとMercuryFXとの提携についてリップル公式サイトから発表された内容を取り急ぎ日本語訳にして下記に記しておく。

新興市場や主要廊下で送金市場が成長するにつれて、リアルタイムで透明かつ確実な支払いを行う必要性も増しています。

実際、高所得国への流れを含む世界的な送金は2017年に5,960億ドルと推定された。

賑やかな送金市場に対応するため、RippleはIDT CorporationとMercuryFXの2つの新しいパートナーがxRapidを使用して小口送金と企業取引を迅速に解決することを発表したことを誇りに思います。

両社は、MoneyGramとCuallixに参加しています.Cuallixは、支払いフローにXRPを使用して、グローバル支払いのオンデマンド流動性を可能にします。

MercuryFXとIDTはXRPを使用して顧客体験を向上させます

IDTとMercuryFXはどちらもユニークな顧客とビジネスモデルを持っています。しかし、彼らは顧客の経験を継続的に改善するという共通の目標を共有しています。

世界有数の外貨両替業者であるMercuryFXにとっては、小口送金の現状に挑戦することに重点が置かれています。 MercuryFXは、リップルのグローバルな支払いにおける摩擦を減らすという目的と同様に、支払いをリアルタイムで動かし、より効率的で透明な顧客体験を提供することを支援したいと考えています。

「リップル、XRP、およびファット通貨は、グローブに手を入れてください。私たちが一緒にやっていることは、国際決済である摩擦のない取引のための最良の使用例の1つを実現することです。 xRapidにより、私たちは顧客の競争力を高め、毎年数千万ドルを節約し、通貨交換とグローバル決済のコストを削減することができます。

「デジタル資産は高速なトランザクション速度を約束しますが、XRPはビットコインを含むすべてよりもはるかに高速です。数時間から数日で決済時間をわずか3秒以下に短縮することで、何十億ドルもの不要な仲介手数料が削減されます」とMercury FXのCEOで創業者のAlastair Constance氏は述べています。

個人間のオンライン送金を促進する上場企業であるIDTの目標は、顧客が低コストのグローバルな支払いを確実に送付できるようにすることです。

IDFのコンシューマーペイメント事業担当シニアバイスプレジデントのAlfredo O’Haganは次のように述べています。「当社のBOSS Revolution国際送金ビジネスは、日常的にデジタル資産を利用して、決済プロセスの一環として、

「オンデマンド流動性のためにRippleのxRapidソリューションをパイロットすることに興奮しています。我々は、xRapidがより多くの取引をリアルタイムかつ低コストで解決できると期待しています。

インターネットの価値に貢献している決済プロバイダ

オンデマンド流動性ソリューションxRapidを通じて、XRPが制度的に採用されるにつれて、価値あるインターネット(IoV)を構築するための真の進歩が示されています。

IoVは、リップルの長期的ビジョンであり、今日の情報の流れと同じように、即座に金を動かすことです。

xRapidとXRPにより、金融機関は、コストのかかる仲介業者または仕向地通貨での資金調達済みのNostro口座の必要性を排除できます。

現在、これらの支払いプロバイダは、低コストでリアルタイムの支払いを送信することができますが、顧客は支払い状況を把握できます。

「XRPがビットコインやその他のデジタル資産よりも高速で効率的であることは秘密です。それは3秒で1ペニーの割合で落ち着きます」とRippleのCEO、Brad Garlinghouseは述べています。 IDT CorporationやMercuryFXのような決済プロバイダは、XRPがビジネスや顧客のために何をすることができるのかを理解しているため、早い段階で動いています。われわれは、それらを価値のインターネットの最前線におくことに興奮している」

xRapidが金融機関のオンデマンド流動性の源泉を助け、リアルタイム支払いを送る方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Mercury FXとは

リップルと提携するマーキュリーFX(https://www.mercury-fx.com)とは、2007年に設立されたグローバル通貨のスペシャリストとして国際的な送金を行う企業。顧客が世界中のどこにいても迅速かつ安い手数料で安全な送金サービスを展開。

IDT Corporationとは

リップルと提携するIDT Corporation(http://www.idt.net)とは、1990年に設立されたコミュニケーション&決済サービスを展開する企業。世界中に顧客を持ち、国際音声コミュニケーションサービスの業界において世界をリードする企業。

今回のIDT corporationとマーキュリーFXとのリップルの提携について質問や詳しく聞きたいことがあれば無料LINE@で聞いてくれれば詳しく答えるぞ。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『リップルがIDT CorporationとMercuryFXと提携』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2018/01/25(木) 00:42:58 ID:ac6ce52f9 返信

    リップルの2社企業提携ってこれのことだったんでしょうかね

    自分はIDTとマーキュリーは初めて知りました。

    海外では有名なのでしょうか?

  2. 名前: 投稿日:2018/01/25(木) 00:49:27 ID:ac6ce52f9 返信

    送金系の企業っぽいっすね

    先週ライン登録しましたが色々いつもありがとうございます。

  3. 名前:つき 投稿日:2018/01/25(木) 01:03:05 ID:ac6ce52f9 返信

    この提携は海外だとどーいう風に受け止められてるんだろ?

  4. 名前:ペンシル 投稿日:2018/01/25(木) 03:17:23 ID:ac6ce52f9 返信

    悪い材料ではないよなーリップルは次から次にいろんな提携出すからなーIDT corporationとmercuryFXも好材料だよー

  5. 名前:札幌キング 投稿日:2018/01/25(木) 14:07:03 ID:ac6ce52f9 返信

    獅子丸先生はいつもリップルの情報早いですねとても参考になります

  6. 名前:ヘキサゴン 投稿日:2018/02/02(金) 22:44:30 ID:06a8fc182 返信

    リップルの次の提携に期待してます
    LINE@でもいつも無料で色々と教えてもらえて助かってますよー!株王さん!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です