仮想通貨関連銘柄とビットコイン関連銘柄

仮想通貨関連銘柄

今、国内の株式投資市場では仮想通貨関連銘柄の値動きが非常に活発化している。
それもそのはず、先日、金融庁が遂に仮想通貨を「貨幣」として認定し「仮想通貨の法規制案」が話題に上がったため、これまで「モノ」として扱われていた仮想通貨に対する意識が大きく変わろうとしているのだ。

株価とは政治にも敏感に反応する性質をもっているため、この報道により【3696】セレスや【8732】マネーパートナーズグループをはじめとした仮想通貨関連銘柄が軒並み株価を上昇させている。

早耳な投資家や市場の最前線で戦っている投資家の方は、1月に話題に上がったフィンテック関連銘柄祭りの時点で、仮想通貨関連銘柄を把握し、ブロックチェーン関連銘柄など細かく分類してそれぞれの個別銘柄の特徴などを熟知されているかと思うが、今盛り上がっている仮想通貨関連銘柄に乗り遅れてしまっている方や、これからじっくりと投資を開始することを検討している方は、この機会に仮想通貨関連銘柄に関する知識を深めておくとよいのではないだろうか。

仮想通貨関連銘柄とは

仮想通貨関連銘柄とは

仮想通貨関連銘柄とは、その名が示すように仮想通貨ビジネスに関わる事業を展開している上場企業(個別銘柄)を指しており、株式投資市場にはビットコインやリップルなど様々な仮想通貨と関連性のある銘柄が存在している。

仮想通貨関連銘柄の特徴

仮想通貨関連銘柄の最大の特徴と言えば、今現在で言えば、政治や仮想通貨関連法案の行方によって株価に大きな影響を受けることだと言えるだろう。直近でもニュース報道で話題に上がっているように、仮想通貨を貨幣と認めたうえで、どのような法規制が行われていくのかということが、仮想通貨関連銘柄の今後の株価を大きく左右する鍵となるだろう。

仮想通貨関連銘柄のメリット

仮想通貨関連銘柄は、今から将来において非常に多くの魅力やメリットを秘めていると言える。日本国内における仮想通貨の流通量はまだまだ少なく、仮想通貨の存在を認知している国民の数も少ない。ごく一部の先見性の高い投資家の方や、仮想通貨ビジネスに関わっている方以外に、仮想通貨の仕組みやその特性を理解している方は少ないのが現状だ。だからこそ、今後、金融庁が仮想通貨を貨幣と認め、ニュースや新聞などでも仮想通貨に関する報道が増えていけば、自然と世間に仮想通貨が広まっていくことが想定でき、仮想通貨を投資対象として買い出す人も増えていくだろう。そうなれば当然、仮想通貨関連銘柄の株価もグングン上昇していくだろう。さらには、10年後、20年後という未来を考えると、現在の円やドルといった通貨の価値と、リップルやビットコインをはじめとした仮想通貨の価値が大きく変わっている可能性もあり、場合によっては、我々の消費のほとんどは仮想通貨によって行われていく可能性も考えられるだろう。

仮想通貨関連銘柄のリスク

今、話題性もあり、新たなサービスとして、未来の貨幣概念を大幅に変える可能性を持っている点からも大きく注目を浴びている仮想通貨関連銘柄だが、そこに対する投資はリスクが全くないわけではない。
まず、俺が一番注目しているのは、金融庁による仮想通貨関連法案によって、具体的に仮想通貨に対してどのような規制がされていくのかということだ。仮想通貨は既存の通貨と違って、自由度が高かったことがひとつの魅力であったのだが、法規制により、これまでと比較してその自由度が減ってしまうことになれば、仮想通貨自体の流通が勢いをなくすことで、仮想通貨を取り巻くビジネスが衰退してしまう可能性がある。こうなった時に、仮想通貨関連銘柄の株価も当然マイナス影響により下落のリスクがあると言えるのではないだろうか。

仮想通貨関連銘柄リスト

上述した仮想通貨や仮想通貨関連銘柄に関する前置きを踏まえたうえで、具体的な仮想通貨関連銘柄(個別銘柄)をリストアップしてまとめてみた。これまでにもフィンテック関連銘柄やブロックチェーン関連銘柄として取り上げられた銘柄もあるが、改めて仮想通貨関連銘柄としての特徴をチェックしておきたい。

ビットコイン関連銘柄

ビットコイン関連銘柄

ビットコイン関連銘柄は直近でも取引が非常に活況だ。実際にビットコイン関連銘柄の売買を行っている投資家の方や、ビットコインの特性を理解している方であれば、ビットコイン関連銘柄が人気を博している理由も理解していると思うが、仮想通貨に興味が無い方からすれば、まだまだ「ビットコイン=詐欺っぽい?」のようなマイナスイメージの偏見を持っている方が多いようだ。もし、これからビットコイン関連銘柄への投資を行うのであれば、少なくともビットコインという仮想通貨の世界的な流通量やメリットなどを調べてみるとよいだろう。メディアの偏った報道の影響で、仮想通貨=ビットコイン=胡散臭いといったマイナス側面の知識しか無い方が非常に多い。ビットコイン関連銘柄へ株式投資を行うのであれば、ビットコインの仕組みやその仮想通貨の実態について下調べをして理解しておくとよい。

【8732】マネーパートナーズグループ

マネーパートナーズグループは本命のビットコイン関連銘柄として見ている。昨年の夏には世界中でビットコイン取引所を運営しているPayward社(アメリカ)と業務提携するという材料を発表しており、同社のホームページではビットコインのレートも確認することができるなど、正真正銘のビットコイン関連銘柄だ。当然、市場からの注目も強く、強烈な上昇が伺える。長期的にも成長が期待できそうなビットコイン関連銘柄と言えるのではないだろうか。

【3691】リアルワールド

リアルワールドはいわゆるポイントサイトを運営している企業であるが、同社が展開しているポイントサービスで使用されるポイントとビットコインの交換に関する業務提携をBitFlyerと行うという材料が発表されていることからも、ビットコインの流通やビットコインの価値変動によりリアルワールドも直接的な影響を受けることがあるという意味でも、ビットコイン関連銘柄として注目できる企業だろう。かつてマウントゴックスの破綻のニュースでビットコインに関する知識が止まってしまっている方は、今すぐにでもビットコインに関する最新の知識をアップデートしたほうがよいぞ。リアルワールドもビットコイン関連銘柄として株価に大きな変動兆候が見られている。

【3696】セレス

セレスもビットコイン関連銘柄として金融庁による仮想通貨法規制のニュースの影響を株価にダイレクトに反映させている銘柄だ。上記に紹介したリアルワールドと同じく、運営しているポイントサイトのポイントをビットコインと交換できるといったサービスの開発など、仮想通貨、ビットコインの繁栄と共に企業成長が期待できるビットコイン関連銘柄だ。2月25日現在の時点ではかなり値上がりしているので、これからセレスにエントリーを予定している方は株価の変動をよくみてから狙うとよいだろう。

【8508】Jトラスト

Jトラストはビットコイン関連事業の会社をシンガポールに設立する企業であり、その点からもビットコイン関連銘柄として取り上げることが出来る銘柄だ。

【3914】ジグソー

やはりここでも登場したぞ。俺の本命銘柄のジグソーだ。あらゆる次世代テーマに関連しており、今回のビットコイン関連銘柄、仮想通貨関連銘柄としても魅力的な銘柄だ。資本及び業務提携先がビットコインを利用した不動産販売を日本で開始するなど、まだまだ調べがいがあるビットコイン関連銘柄だ。

【3769】GMOペイメントゲートウェイ

GMOペイメントゲートウェイは、ビットコイン関連銘柄(仮想通貨関連銘柄)の中でも、その関連性や事業内容がわかりやすい銘柄だ。ビットコインを利用した決済サービスを展開しているため、多くの説明は不要なビットコイン関連銘柄だ。

【3688】VOYAGE GROUP

VOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)は、ビットコインの化身とでも言うべきBitFlyerと提携しているビットコイン関連銘柄だ。これまで以上に、ビットコイン関連事業への取組が強化されていくことが期待できる点からも、この先も伸びしろがあるビットコイン関連銘柄として注目している。

【6172】メタップス

色々な意味で今後さらに面白くなりそうなビットコイン関連銘柄といえば、メタップスと答えたい。メタップス自体は、日本だけでなく、シンガポール、中国、韓国、香港、台湾といった日本人企業家には馴染みの深いアジア諸国を拠点とした人工知能関連のスマホアプリ事業を展開している企業だが、そのメタップスの代表取締役CEOを務める佐藤航陽氏は、メディアや公の場でビットコインに関する興味深い言及をしている。個人的な捉え方としてはビットコイン関連銘柄としてというよりも、仮想通貨関連銘柄、電子マネー関連銘柄として今後台頭してくる可能性がある企業として注目している。

リップル関連銘柄

リップル関連銘柄

現段階では、国内ではまだ仮想通貨リップル自体の認知度も低いが、世界的な流通量を見ると、リップルは仮想通貨の中でも非常に強い存在だと言えるだろう。まだ未確定な話ではあるが、今後リップルが国内で上場することがあった場合や、リップルへ出資を行う企業や、リップルと提携する企業が現れた場合には、リップル関連銘柄として大きな注目を集めていくだろう。リップルについてまだあまり知識の無い方は、リップル関連銘柄が急浮上した際に見逃すことがないように、この機会にリップルについて学んでおくとよいだろう。

その他の仮想通貨関連銘柄

上記に紹介したリップル、ビットコイン以外にも200種類以上の仮想通貨が存在している。ライトコイン、アルトコイン、ネームコイン、モナコイン、ワールドコイン、マスターコイン、エターナルコインなど、世界で流通している仮想通貨もあれば、国内だけでしか流通していないような仮想通貨まで、様々な仮想通貨がある。これら全てを把握するのはなかなか至難ではあるが、GOOGLEから出資をうけているリップルや、流通総額10億円以上と言われているライトコインに続く、魅力的な仮想通貨が台頭してきた場合には、その仮想通貨の関連銘柄をいち早くチェックして株式投資に応用することができれば、非常に強みとなるだろう。

仮想通貨関連銘柄の将来

今回の仮想通貨関連銘柄特集でも言及したように、仮想通貨関連銘柄は非常に高い将来性を秘めていると言えるだろう。もう一度言うが、少なくとも現時点でビットコインに関する知識がマウントゴックスの破綻のニュースでストップしてしまっている方は、これから早急にビットコインやリップルなど仮想通貨市場の情勢を把握し、仮想通貨関連銘柄が株式投資市場で注目されその株価を伸ばしている背景を知っておくべきだ。

株式投資において、情報の遅さによる乗り遅れは致命的なリスクにもなりかねないぞ。

ウォーレン・バフェット氏の投資哲学である「自分が理解できる事業内容を行っている企業に投資する」ということを意識し、まずは仮想通貨という仕組みを学ぶことからはじめても遅くはない。

常に最新の情報を手に入れ、自分の脳の中にある知識をアップデートしていこう。

「知らない」ことがリスクであり、「知る」ことが己の糧となる。

探究心を忘れるな。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。