仮想通貨仕手情報【仕手コイン】

2018年に入り、今まで以上に仮想通貨の仕手情報が今まで以上に増えている。

今回は仮想通貨の仕手情報についてわかりやすく説明しておこう。

仮想通貨の仕手とは

仮想通貨の仕手とは、仕手筋と言われる投資家(投機筋)が意図的に特定の仮想通貨に大量の資金を集中させることで、対象の仮想通貨の価格を急激に釣り上げる行為のことを指す。

仕手行為は株式投資の世界では有名な手法であり、世界中に様々な仕手筋集団が存在しているが、仮想通貨市場においても同じく、仮想通貨によって仕手を行う仕手筋が存在している。

仕手筋は目をつけた特定の仮想通貨に対して意図的な価格操縦を行うことで、成功時には莫大な利益を手にし、一般の個人投資家でも仕手の買い上げから生じた上昇トレンドに乗流ことができれば、その恩恵を得ることはできるが、急激な価格変動により相応のリスクも存在する。

これまで、仮想通貨市場ではビットコインなどの時価総額の高い仮想通貨に多くの投資家の注目が集まっていたが、バイナンスやKUCOIN(クーコイン)などの海外取引所で取扱われている時価総額の低い仮想通貨(いわゆる草コイン)が仕手筋の対象となる機会も増えている。

ただでさえ投機的な一面が大きい仮想通貨だからこそ、仕手化しやすい仮想通貨が数多く存在しており、これから先も次々と仕手化する仮想通貨が増えていくだろう。

仕手コイン(仕手仮想通貨)とは

仕手コインとは、上記に説明した仕手筋が介入している仮想通貨、または仕手筋の介入が示唆される仮想通貨のことだ。

仕手コインの値動きは特徴的で、正式な材料発表や公式な上昇材料が何もない状態なのにも関わらず、何故か急激に資金が集中して買い上げられていき、仕手コインの価格が仕手筋による目標価格まで達すると、仕手筋が一気に仮想通貨を売ることにより、今度は価格が一気に急落していく。

また、仕手筋が空売りを巧妙に利用することで、ピーク時まで買い上げられて価格が高騰した仮想通貨の価格を一気に急落させ、圧倒的な売りの量に弱気になった投資家が次々と売りを行う現象も起こりやすく、このような点からも仕手コインの値動きは非常に激しいものとなる。

これまでにも海外取引所のコインエクスチェンジで取扱われているXPなどが仕手が介入した代表的な仮想通貨(仕手コイン)として語られることが多い。

仮想通貨の仕手の手口

仕手筋が行う仮想通貨の仕手行為の手口についても詳しく説明しておこう。

仕手仮想通貨の選別

仕手筋がまず最初に行っていることは、仕手を仕掛ける仮想通貨をどの仮想通貨にするかという選別だ。

これまでに仕手化した仮想通貨(仕手コイン)の特徴を改めて分析してみると、知名度がまだ少なく、価格がずっと低迷したままの安い仮想通貨(草コイン)に目を付けていることが多い。

価格が安いコインは少ない資金でも大量に枚数を確保することができ、価格の上昇時に得られる利益も大きくなるため、仕手筋に仕手コインとして選ばれやすい傾向がある。

仕手コインへの仕込み

仕手筋は、どの仮想通貨に仕手を仕掛けるかを決めたら、ターゲットとした仕手コインへの仕込みを始める。

この時、一気に大量に買い集めてしまうと、取引高が急増してしまい目立ってしまうため、それを避けるために仕手筋達は時間をかけてゆっくり少しづつ仕手コインを買い集めていく。

このようにして、仕手筋は仕手コインの価格が上がらないよう、第三者が見ても自然なチャートが形成されているように仕手コインの仕込みを行なっていくケースが多い。

仕手コインの周知

仕手筋は狙い定めた仮想通貨への仕込みを完了させると、次にその仮想通貨をより多くの人に買い上げてもらうために様々な手法を用いて仕手コインを広めていく。

例えば「この仮想通貨は事情があって○円まで高騰する」「もうすぐこの仮想通貨に大型材料が出る」「この仮想通貨には大物の大型資金が入っている」「極秘情報でこの仮想通貨は10倍になる」と言った話で信用や期待を煽って仕手コインを買わせていくことも。

しかし、中には本当に材料や確かな情報があり、本当に急騰期待の仮想通貨をさらに仕手化させて高騰させると言ったケースもある。

仕手コインの価格吊り上げ

上記の流れでターゲットの仮想通貨を仕手化する準備が整った段階で、仕手筋は仕手コインの価格吊り上げを行う。

この時には、今までのように目立たない買い方ではなく、一気に多額な資金を投入し、取引高を何倍にも急増させる。

対象となった仮想通貨の上値が軽い場合には、一気に価格は跳ね上がり、取引所の値上がり上位ランキングに食い込み、一気にその仮想通貨が認知され、仕手に関わっていない一般層からの買いも呼び寄せるような状態を作り上げる。

仕手コイン価格の調整

仕手筋は、仕手コインの価格が想定以上に上がり過ぎてしまうと、あからさまな仕手コインとしてバレバレになってしまい、一般層からも警戒されてしまうため、場合によっては調整のための売りを入れて価格の高騰を段階付けて調整することもある。

仕手コインの利確売り逃げ

一番最初に仕込んでいる仕手筋は、仕込んだ仮想通貨の価格が十分に上がり、目的の利益が確保できた時点で、一気に利確を行って売り逃げる。

仕手筋が売り逃げたあとは、その後に仕手に参加した人や、いわゆるイナゴと呼ばれる一般層の投資家達がババ抜きやチキンレースのような感覚で売買が行われていく現象になりやすい。

上記に説明したこのような代表的な手口を用いて仕手筋は仮想通貨に仕手を仕掛け、仕手コインで大きな利益を狙っているということを覚えておくと良いだろう。

仕手化しやすい仮想通貨

仮想通貨には様々な種類のコインがあるが、その中でも仕手筋に狙われやすいコインとは一体どういう仮想通貨なのか?

仕手化しやすい仮想通貨の特徴についても分析した結果を詳しく説明しておこう。

取引高の小さな仮想通貨

仕手化しやすい仮想通貨の特徴や条件としてまず挙げられるのは、時価総額が少なく取引高が小さい仮想通貨であるという点だろう。

つまり、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの時価総額トップ3に並ぶような大型の仮想通貨ではなく、バイナンスやクーコインなどで売買されているいわゆる草コインが仕手化しやすいと言える。

なぜなら、取引高の小さい仮想通貨は、大量の買い資金を集中させた時に、一気に上値がハネ上がりやすい傾向があるからだと言える。

将来性に乏しい仮想通貨

将来性が乏しい仮想通貨は、一般的な投資対象としてみれば価値が低いものであり、「こんな仮想通貨は売ってしまえ」と売られやすく、仕手筋や仕手グループからすれば逆に仕手を仕掛けやすい仮想通貨ということにもなる。

知名度の低い仮想通貨

知名度の低い仮想通貨も仕手化しやすい。

知名度が低い=取引高が小さいということにもなり、先に説明したように、仕手を仕掛けた際の上値が大きく取りやすいという理由から仕手筋に狙われやすい。

つまり、仕手筋がコントロールできる資金量で価格を大きく動かしやすい仮想通貨ほど、仕手コイン化する可能性が高いと言える。

バイナンスの仕手仮想通貨

90種類以上の豊富な種類の仮想通貨を取扱っているバイナンスは、取引高がまだ小さく、価格も小さい草コインの宝庫として知られているが、見方を変えれば、仕手コインがひしめき、仮想通貨の仕手が仕掛けられやすい取引所のひとつだ。

他にも海外取引所には仕手化しやすい仮想通貨を取扱う取引所があるが、一番わかりやすいのはバイナンスだろう。

もちろん、バイナンスにも優良な仮想通貨は当然あるが、仕手コインがあるのも事実。

仮想通貨の仕手情報で仕手コインによる超短期利益を求める方は、バイナンスを覗いて見るときっと面白いだろう。

仕手仮想通貨で利益を狙う方法

ここまでの説明で既にお気づきかと思うが、仕手筋が仕掛ける仕手仮想通貨には、価格が一気に高騰するという魅力と、高騰した後に一気に下落するというリスクを併せ持っている。

これらを十分に理解した上で、「俺は仕手化した仮想通貨で利益を狙いたい!」というチャレンジ精神が豊富な方もいると思うので、決して薦める訳ではないが、仕手仮想通貨で利益を狙う方法についても簡単に説明しておこう。

仕手仮想通貨で短期急騰利益を狙うために必要なことは、情報力だ。

そして、情報を入手する、仕手に気づくスピード。

この2つに自信があるという方であれば、仕手筋が絡む仕手コインで上手に利益を得て資産を増やしていくこともできるだろう。

つまり、仮想通貨の仕手情報を正しく入手できる環境にあれば、仕手化した仮想通貨で投機的に利益を狙うことはできるということだ。

しかし、買い時や売り時を一歩間違えてしまうと、大きな損失も被りかねないので十分に注意して欲しい。

仮想通貨の仕手は違法?

仮想通貨の仕手が違法か合法かという点について気になっている方も多いと思うので、個人的な見解を書いておこう。

まず、仕手とは、非常にグレーなものであり、白黒はっきりつけるのが法的にも難しい部分だろう。

ましてや、株のような金融商品として法律で認められているものに対する仕手は違法性が高いが、現在の法律で仮想通貨はモノとして扱われているため、仮想通貨の仕手行為が違法か合法かという点については賛否両論がある。

仮想通貨の風説の流布

仕手行為を違法か合法か判断するにあたり、多くの方が「風説の流布」という法律違反行為をイメージされると思うが、風説の流布とは、金融商品取引法に含まれる法律だ。

つまり、金融商品に関する法律であり、仮想通貨は金融商品として認められていないため、現在の法律では仮想通貨の仕手に対して風説の流布という法律をあてはめることも難しいと言う意見もある。

風説の流布について、金融商品取引法の原文を確認すると、「有価証券の価格変動を目的として…」といった表現もあるので、仮想通貨は有価証券ではないことからも、金融商品取引法上での風説の流布が仮想通貨の仕手行為を罰する法律には当たらないと言うことにもなるのではないだろうか。

しかし、風説の流布は不正競争防止法第2条にも関わっており、競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知し流布する行為としては、仮想通貨の仕手は違法として捉えられる可能性も十分にあるだろう。

遅かれ早かれ、仮想通貨の仕手行為が社会問題化してくれば、仮想通貨の仕手に対する専門的な法律が今後作成されていくこともあるだろう。

仮想通貨の仕手情報まとめ

「仮想通貨の動きがまるで読めない。」

パソコンやスマホを立ち上げて仮想通貨の価格状況を確認すると、昨日までの上昇基調が一変し、予想だにしていなかった暴落や暴騰…。

“一寸先は闇”という言葉があるが、仮想通貨取引をしていると数秒先さえわからないと言った迷走状態に陥る方も少なくないだろう。

相場が堅調な上向きであれば、誰でも簡単に仮想通貨で稼ぐことができるが、難しい相場展開になってくると自信がなくなってしまう方もいるだろう。

しかし、例えどのような相場環境であったとしても仮想通貨の勝負の世界で勝利をおさめている人がいる。

その一部に、今回のテーマとして取り上げた「仮想通貨の仕手」という存在がある。

従来、仮想通貨の仕手情報を用いた投資法はあだ華的な存在として敬遠されがちなものであり、仕手筋という存在が意図的に仮想通貨の価格を操作してしまうため、その術中にハマってしまえば恐ろしいリスクも背負うことになってしまう。

しかし、仕手化した仮想通貨を利用して、つまり仮想通貨の仕手情報を巧妙に利用した超短期の勝負というものもある。

仕手コイン特有の価格の変動を見極めることができれば、わずか数分、早ければ数秒で元手資金を大きく増やすことも夢ではない。

激しい値動きがあれば、それだけ儲けのチャンスが増えるということであるからこそ、仮想通貨の仕手情報を利用した投資は現在の仮想通貨市場の環境で力を発揮する投資法の一つとして解釈することもできる。

当記事で、仮想通貨の仕手に関する基本的な知識や、仕手筋の手口、仕手化した仮想通貨の見分け方などについても説明をしたが、まずは仮想通貨の仕手の本質についてしっかりと理解しておくことが大切だ。

その次に、仕手コインで利益を狙うためには仕手化した仮想通貨の判断基準、リスク管理の視点など、絶対に見落としてはいけない大切なポイントもある。

推奨するわけではないが、角度を変えて見れば、仕手仮想通貨ほど魅力的な仮想通貨はないと思う方もいるように、一旦動き出せば大きな値幅で超短期の大型利益を得られる可能性を秘めている。

当ブログを愛読頂いているあなたに大きな利益が授かることを願う。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『仮想通貨仕手情報【仕手コイン】』へのコメント

  1. 名前:たろ 投稿日:2018/01/17(水) 22:58:21 ID:f8eb1d958 返信

    バイナンスとクーコインは仕手の仮想通貨の宝庫ですよね

  2. 名前:かじ 投稿日:2018/01/17(水) 23:04:09 ID:f8eb1d958 返信

    仮想通貨の仕手情報さがしてます!

  3. 名前:こんの 投稿日:2018/02/03(土) 16:00:00 ID:42b33c1f7 返信

    仮想通貨仕手情報ありますねぇ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です