ロボット関連銘柄まとめ

ロボット関連銘柄について調べている方も多いと思うので、現在最新のロボット関連銘柄に関する情報を総合的にまとめていく。

ロボット関連銘柄に注目

ロボット関連銘柄001

日経平均株価の上昇と共に株式投資市場が全体的に活況だ。

その中でも新しい動向としてロボット関連銘柄を中心としたテクノロジー関係のテーマ株に相場の関心が着実に高まってきている。

【3444】菊池製作所や【7779】サイバーダインなど以前からずっと追い続けている本命のロボット関連銘柄の株価に確かな強さと手応えを感じることができ、この先も大きな上昇余地があるだろう。

ロボット関連銘柄は来年からも注目必至のテーマ株となるため、今からチェックしておくとよいだろう。

また、株式会社みんかぶ様が運営する「株式投資初心者ガイド」でも、ロボット関連銘柄・人工知能関連銘柄に関するコラムを執筆しているので興味がある方はチェックしてくれ。

ロボット関連銘柄とは?

ここで改めて、ロボット関連銘柄とはどんなものなのかを把握しておこう。

ロボット関連銘柄とは、ロボットの研究・開発・生産・流通・販売などの事業を行っている上場企業を指したテーマ株であり、具体的なロボット関連銘柄としては、【3444】菊池製作所や【7779】サイバーダイン以外にも、小型ロボット「ペッパー」の販売を行っている【9984】ソフトバンクや、2003年からロボットソフトウェアの研究に取り組んでいる【3741】セック、ロボット向けての精密減速機などを手がける【6324】ハーモニックドライブシステムなど、ここ最近の上昇銘柄ランキングにも名を連ねる有力銘柄が数多く存在している。

ロボット関連銘柄リスト

具体的なロボット関連銘柄に該当する個別銘柄を下記に挙げる。どれも成長性に期待がもてる有力企業として個人的に注目を続けている銘柄だ。

【3444】菊池製作所

ロボット関連銘柄を語るうえで菊池製作所は絶対にはずせない銘柄だ。

介護用ロボットの開発や生産で有名なのはもちろん、企業の財源として補助金の受領を有効活用している点など、企業の経営方法の上手さも感じられる注目企業。

その他にも、物流現場にも対応可能なマッスルスーツや救助業務に特化したレスキューロボットなど、様々な需要に向けた専門的なロボット開発を行っている。

福島県南相馬市に新設した同社工場では、これらロボットの生産以外にもドローンの生産も精力的に行っており、生産数・販売数ともに確固たる実績を築いている有力企業。材料による短期的な上昇はもちろん、1年〜10年の長期投資対象としても信頼の置ける大本命のロボット関連銘柄。

【7779】サイバーダイン

サイバーダインはロボットスーツHALで世界的にも有名な日本を代表するロボット関連銘柄だ。

2013年には世界初のロボット治療機器として欧州医療機器指令の適合性評価を受けCEマーキングの認証も取得したことで欧州連合エリアへの販売及び流通を行うことを可能とし、ドイツでも公的労災保険の適用がされるなど、大きな動きを見せているロボット企業。

今後、国内でも介護分野・医療分野へのロボット適用が進み、国の支援による法整備などの下地が整った際には、国内でもサイバーダインのロボット流通が爆発的に加速するだろう。

また、同社代表取締役の山海嘉之氏は、ロボット研究の権威として筑波大学教授を務めている一面も持つ、要注目人物だ。

彼がもっているロボット産業の未来のビジョンには個人的にも共感できる。本命のロボット関連銘柄として今後も追っていく。

【3741】セック

「〜人とロボットが共存する未来を目指して〜」をテーマにロボット産業の中心で活躍している代表的なロボット関連銘柄。

ロボット開発が抱えている問題でもある生産コスト問題を解決するためのロボット用ミドルウェアとして、RT(Robot Technology)の規格化を進めており、この技術が広く普及すればロボットの生産に掛かるコストを抑えることが実現できるため、ロボット産業自体に非常に大きな影響力をもつ企業だ。

また、ロボットのビジネス化を目指すことを明確に提示している企業でもあり、同社が構築するロボット事業による収益構造は信頼できる。

日本ロボット工業会・RSi・ロボットビジネス推進協議会・RTシステムインテグレーション部会・次世代ロボット開発ネットワークRooBo・OMG Roboticsなど、数多くのロボット業界団体に正式加盟している点からも、正真正銘のブレない本命のロボット関連銘柄として相応しい企業成長に期待できる。

【6324】ハーモニックドライブシステム

ハーモニックドライブシステムもロボット関連銘柄の中でも認知度が高く、これまでにも多くのメディアやアナリストの方々にも取り上げられてきた銘柄だ。

その理由として、同社が持つロボット向けの高性能な精密減速機が、ロボット産業界において高い需要を持っていることが大きい。

精密減速機とは、わかりやすく言えばロボットに搭載する重要なパーツ(波動歯車)のことだ。

世界で唯一、ハーモニックドライブシステムだけが波動歯車を量産できる技術を有していることからも、今後も同社が長期にわたって市場をほぼ独占し続けていくだろう。

詳細を書くとかなりの長文になってしまうので割愛するが、同社の波動歯車がいかに凄いのか詳しく知りたい方は「ハーモニックドライブシステム 波動歯車」と検索すると専門的な情報が出てくるので調べてみるとよいだろう。

【6902】デンソー

自動車関連事業で有名なデンソーだが、ロボット関連銘柄としての一面ももっている点に注目しておきたい。

2015年11月26日には、デンソーのグループ会社であるデンソーウェーブが、世界最小クラスの小型ロボットアーム「COBOTTA」をメディア向けに初公開している。

このロボットは人間とロボットが共同で作業をすることをコンセプトに開発されており、人間とロボットの双方の利点を活かした作業に特化していることが伺える。

特筆すべき点として、デンソーの「COBOTTA」は誰もがアプリケーションを開発することが自由に行える様に、プラットフォームの一部がオープン化されるということ。

これは「COBOTTA」の普及、需要の拡大、そしてデンソーの株価上昇にも繋がる要素を秘めているだろう。

今後、大きく注目を集める可能性があるロボット関連銘柄としてチェックしておきたい。

ロボット関連銘柄が期待できる理由

テーマ株として、直近はもちろん、来年にも、その先数年の長期に渡ってもロボット関連銘柄の成長に期待がもてる理由を説明しておく。

NEDOによる市場予測

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)とは、経済産業政の一翼を担う日本最大クラスの公的研究開発マネジメント機関として、エネルギー・環境問題の解決および産業技術力の強化の二つのミッションに取り組む国立研究開発法人だ。

そのNEDOから発表されているロボット産業の市場予測では、2015年に1.6兆円、2020年には2.9兆円、2025年には5.3兆円、2035年には9.7兆円といった数値が算出されており、このデータからも、日本国内のロボット産業が今後さらに拡大し、非常に大きな経済効果を生み出すことを読み取ることができる。

ロボット産業自体が盛り上がるということは、当然その中心に位置するロボット関連銘柄の企業の成長にも繋がり、ロボット関連銘柄全体としての株価上昇や注目度アップにも繋がる。

産業用ロボットの世界シェア1位

意外と知らない方も多いかもしれないが、日本は世界の産業用ロボット市場でシェア1位という確固たる実績をもっている。

【6506】安川電機・【6474】不二越・【6954】ファナック・【7012】川崎重工業・【7951】ヤマハ発動機・【6752】パナソニックなどをはじめとしたロボット関連銘柄企業は、世界に誇る産業用ロボットメーカーなのだ。

これに続くようにその他のロボット関連銘柄企業も世界に視野を向け、シェアを拡げていくことで、日本はロボット大国としてさらにロボット技術を高めていくだろう。

しかし、サービスという観点では、欧米諸国のほうが先行しているのが事実。

わかりやすく言えば、充分な技術やノウハウがあるのにも関わらず、日本国内にはそれをサービス化する基盤がまだ整っていないということだ。

逆に言えば、今後、少なくとも数年以内には日本国内でもロボットサービスが普及していく下地が固められていくだろう。

欧米にならって、ロボットサービスが国内で普及した際には、爆発的にサービス面でのロボット産業の成長が望めるため、これはロボット関連銘柄がまだまだ大きな成長余地を残しているという意味で捉えることができる。

ロボットは需要が高い

株価上昇の要因、企業が成長する要因として、非常に基本的なことではあるが、需要と供給のバランスが重要だ。

需要がなければ企業の業績アップには期待ができないのだが、ロボットの需要は非常に高い。

さらには、介護・医療・福祉・金融・自動運転車・危険区域作業・救助作業・物流現場など非常に多くの分野からの需要があり、さらなる需要増も見込める。

これらの需要があることにより、多くのロボット関連銘柄の業績アップにも当然期待がもてるということだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。