リニア中央新幹線関連銘柄から見る注目銘柄

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。
リニア中央新幹線関連銘柄で少し動きがありそうだ。リニア中央新幹線が2027年に品川~名古屋間で誕生する予定だ。もし完成すれば時速500kmで走る鉄道が誕生する。そのため、現在の東海道新幹線のおよそ半分の時間で名古屋まで行くことができる。今回は、リニア中央新幹線に便乗して買っておきたいリニア中央新幹線関連銘柄について紹介していこうと思う。

リニア中央新幹線

linear_motor_car_mlx01-1

そもそもリニア中央新幹線とは、東京から神奈川、山梨、長野を通って、名古屋、新大阪まで行く近未来型の乗り物だ。東海道新幹線が走っている場所より山側を通るため、トンネルも相当多くなると言われている。そのため、いろいろな技術を駆使した工事を行わなければならない。

しかし実際にリニア中央新幹線が実際開通すれば、東海道新幹線が運休になった際の代わりの手段として使うこともできるため、社会的にもとても良い働きをしてくれるだろう。ただ東海道新幹線とは違い、人口が少ない街ばかりに駅があるため、利用客数がどうなるかが重要なカギとなる。また東海道新幹線の利用客も減る可能性が高いため、その辺りも気になるところだ。

リニア中央新幹線「名古屋駅」の工事が始まる

train-1707143_960_720

名古屋駅はリニア中央新幹線のなかでも、三大工事難所として挙げられている場所だ。そこの工事着工が、ついに2016年12月19日から開始された。地下30mの場所にリニア中央新幹線のホームができる予定のため、慎重な工事が必要となる。また、地下には昔の名古屋駅に残っていた障害物なども埋められているため、掘っていくのも難しい。

たくさんの会社が絡んでいることも間違いなく、いろいろな場所でお金が動いていることは確かだ。現在、名古屋は魅力度がない街の代表格とも言われているが、来年には新しい商業施設もできるため、リニア中央新幹線ができたら発展すること可能性が高いだろう。

「名古屋から新大阪」の開業年を前倒しする予定だと発表

img_c4dc0c83c8c023ffc21eeb06803d400c473425

当初は、新大阪までリニア中央新幹線が開通する年が「2045年」だと言われていた。しかし、この度3兆円の融資を鉄道・運輸機構に申請した。その結果、最大で8年短縮することが可能だと発表され注目されている。つまり2037年の開業に間に合うかもしれないのだ。

しかし、工事が難しいことも予想されているため、そこまで早くさせるのは難しいと思う。また東海地震や首都圏大地震などが起こってしまうと、工事も止まってしまう恐れもある。何も起こらないことを祈るばかりだ。東京~名古屋~大阪と日本の三大都市を通る新鉄道として早く機能してほしいものだ。

本命のリニア中央新幹線関連銘柄

数多くあるリニア中央新幹線関連銘柄の中から俺が本命だと思うものを紹介する。

【9022】東海旅客鉄道

リニア中央新幹線を開通させるJR東海こと「東海旅客鉄道」は売上が伸びる可能性もある。しかも、今まで山梨や長野から在来線の特急列車を使っていた人がリニア中央新幹線を使うとなると、同じルートでも交通費も上がるため売上増につながるだろう。このことからリニア中央新幹線関連銘柄の本命だと考える。

注目のリニア中央新幹線関連銘柄

【1719】安藤ハザマ

リニア中央新幹線の品川駅付近の工事をうけもつことが決まった。そのため、売上増につながるだろう。しかも品川駅の工事となるとかなりの大規模工事になる。ほかのリニア中央新幹線の駅と比べ工事費用も比較的高額な工事費が予想されるため注目度抜群のリニア中央新幹線関連銘柄だ。

【8802】三菱地所

品川駅と名古屋駅近くに大規模なビルを持っている。そのため、オフィスの移転をして来る企業も増えることが考えられる。特に、長野などリニア中央新幹線付近に会社を持っている人たちは、名古屋や品川へ移転する確率も高くなるだろう。このことかリニア中央新幹線関連銘柄として注目できる。

【1815】鉄建建設

「鉄建建設」も建設に携わっている。開業時にリニア中央新幹線が走る線路だけではなく、実験で走行している線路やトンネルの建設も行っている。そのため、リニア中央新幹線には、なくてはならない会社となっているのだ。このことからリニア中央新幹線関連銘柄として外せないだろう。

【5802】住友電気工業

リニアモーターカーに使われる「超導電線」の受注が期待される企業だ。これが実際に使用されると、電気代の軽減にもつながる。そのためリニア中央新幹線で実用されると、それ以外の施設でも使われることが増えることも予想される。リニア中央新幹線関連銘柄として期待していいだろう。

【8801】三井不動産

「三井不動産」は今回のリニア中央新幹線の開設を機に、名古屋駅周辺の複合ビルの建設を行う予定だ。しかも、名鉄や近鉄などさまざまな会社と組んでいるため、良いものが出来上がりそう。ビルにオフィスがたくさん入れば収入増も期待できるだろう。このためリニア中央新幹線関連銘柄として注目できる

【6297】鉱研工業

地下を掘ったり、地質調査の機器を扱っている大手が「鉱研工業」だ。リニア中央新幹線の工事では地下を掘ることもたくさんある。そのため、自社のボーリング機器が大活躍だ。工事が完了するまでは、しばらく需要も多いとみたためリニア中央新幹線関連銘柄としておすすめだ。

まとめ

816e7510b22e4962bc88fc1754ab950d_l

リニア中央新幹線についての関連銘柄は、いろいろな視点から見るとたくさんある。ただし、工事の時期によって注目すべき関連銘柄は、どんどん移り変わるため様子を見守ろう。ぜひ株投資を行なおうと考えている人は、ニュースを気にしてみることでリニア中央新幹線関連銘柄も自然と絞れてくるはずだ。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です