マイナンバー関連銘柄をチェック

マイナンバー関連株総合情報

2016年1月のマイナンバー制度開始を前にして、マイナンバー関連銘柄の情報を調べている方も多いだろう。マイナンバー関連銘柄に関する知識を深めたい方は是非この記事をチェックして欲しい。怒濤の勢いで日本株が売られている今、マイナンバー関連銘柄は絶好の仕込み時でもある。郵政上場と並んで2015年の大本命テーマ株であるマイナンバー関連銘柄に乗り遅れないように、マイナンバー関連銘柄に対する情報を改めて把握しておくべきだ。

マイナンバー関連銘柄について

マイナンバー関連株

いよいよ今月から個人へのマイナンバーの通知がはじまることにより、マイナンバー制度への関心が高まっていくことはもちろん、マイナンバー関連銘柄の値動きも活発化していくだろう。これまでにも、マイナンバー改正法案の発表など、マイナンバーに関するニュース報道に敏感に株価が反応を示してきた本命のマイナンバー関連銘柄以外にも、出遅れのマイナンバー関連銘柄や見落とされているマイナンバー関連銘柄など、多くのマイナンバー関連銘柄が本格的に動き出す時がいよいよ来ている。

マイナンバー関連銘柄の特徴

マイナンバー関連株の特徴

当ブログで過去に何度も取り上げてきたが、マイナンバー関連銘柄は、マイナンバー制度に関連するニュースや、マイナンバー関連法案の改正などに株価が反応を示しやすいという特徴を持っている。その他にも、2016年1月のマイナンバー制度開始が近づくにつれ、国民のマイナンバーに対する意識が高まり、必然的に株式投資市場でも旬なテーマ株として株式投資市場の関心を集めていくだろう。現在から年末、年明けにかけてさらに売買代金は増加していくことも考えられる。マイナンバーは国策案件となるだけに、マイナンバー関連銘柄の中心的存在となる本命株は安定した株価上昇を期待することもできるだろう。

マイナンバー関連銘柄の狙い方

マイナンバー関連株を狙う

マイナンバー関連銘柄の狙い方がわからないという方に対して、個人的なマイナンバー関連銘柄の狙い方を語ると、マイナンバー関連銘柄の効果的な狙い方とは、「早めに仕込む」ということに尽きるだろう。既にもう10月であり、マイナンバーの通知も始まる。9月にはマイナンバー改正法案により相場のなかでマイナンバー関連銘柄への意識が一段と高まっている気配も。ココから先も、テレビや新聞、雑誌など、あらゆるメディアにおいてマイナンバー制度に関する報道が増えていくだろう。だからこそ、大手メディアが大々的に「マイナンバー関連銘柄に注目!」と騒がれる前に、先回りにして早めにマイナンバー関連銘柄を仕込んでおくのが賢明だろう。現在の相場が不安定であることは事実だが、マイナンバー関連銘柄は国策だ。国策に売り無しという言葉があるように、この相場状況の中でも力強い株価上昇を見せる可能性は充分に秘めている。

マイナンバー関連銘柄のリスク

マイナンバー関連株のリスク

マイナンバー関連銘柄への投資を行ううえで、テーマ株という特性上、今後マイナンバー関連銘柄に対する注目が集まるに連れ、相場が過熱感を帯びてくることで、マイナンバー関連銘柄の株価が本来の適正な株価以上に値上がりしていくこともあるため、株価が上がったからといってただ喜んでいると、急激な下落でダメージを喰らうこともあるだろう。このリスクを回避するためには、常に現在の株価が本来の適正な株価に対してどのような状態にあるのか、何故過熱しているのか、誰が買っているのか、個人なのか、機関なのか、など、冷静に株価分析を行っていくとよいだろう。株価は上がれば必ず下がるということ忘れずに、マイナンバー関連銘柄への投資戦略を練っていきたいところだ。

本命のマイナンバー関連株

本命マイナンバー関連株

様々なメディアやアナリストにも取り上げられることが多い、本命のマイナンバー関連銘柄についておさらいしておこう。NTTデータ、日立製作所、野村総合研究所などは、国内だけではなく海外からも注目を集めている重要なマイナンバー関連銘柄だ。

【9613】NTTデータ

本命のマイナンバー関連銘柄として多くの投資家が思い浮かべるのは【9613】NTTデータだろう。2015年7月には、中小企業・会計事務所向けのマイナンバーソリューションの提供を開始するという正式な発表も出ている。NTTデータがマイナンバー関連銘柄として注目を集める理由のひとつとして、NTTデータが提供している「データ管理の達人」に注目したい。現在でも1万人以上のユーザーに利用されている税務申告所作成ソフトの新たなラインラップであり、マイナンバーに対応する税務業に必要なデータの管理収集に長けたソフトだ。NTTデータに対する企業としての信頼度はもちろん、マイナンバー制度の運用開始に伴い高い需要が発生することが想定できる。本命のマイナンバー関連株として必ずチェックしておきたい銘柄だ。

【6501】日立製作所

本命のマイナンバー関連銘柄としてNTTデータと並んで語られることも多い【6501】日立製作所も、マイナンバー関連銘柄を把握するうえで絶対に外すことができない重要な銘柄だ。2015年7月にはマイナンバー制度への対応に必要な業務をワンストップで代行する事業者向けのマイナンバー対応BPOサービスの販売を開始しており、今後マイナンバー制度が本格始動する際には日立製作所の提供するマイナンバー関連業務の成長が望める。本命のマイナンバー関連銘柄としてNTTデータと似た様な値動きを見せていくことが予測できそうだ。

【4307】野村総合研究所

野村総合研究所も本命のマイナンバー関連銘柄として注目されている。証券会社や銀行、保険会社などの金融機関が抱える顧客のマイナンバーと、事業会社におけるマイナンバーの登録や管理が中心か。NTTデータや日立製作所と比較すると、金融機関よりのマイナンバー関連銘柄といったイメージだろうか。いずれにせよ、本命のマイナンバー関連銘柄であることに間違いはない。

注目急増のマイナンバー関連株

マイナンバー関連株に注目

ここにきてさらに注目が急増しているマイナンバー関連銘柄を幾つか紹介したいと思う。直近でマイナンバー制度に関するサービスの発表などが増えているため、好要因として材料視されているマイナンバー関連銘柄が次々と台頭してきている。

【4344】ソースネクスト

ソースネクストは2015年10月2日からマイナンバーの収集・管理・破棄を安全に行うことができるマイナンバー管理サービス「MFクラウドマイナンバー」の発売を行うという材料を持ったマイナンバー関連銘柄だ。充実したマイナンバー管理サービスにより、多くの投資家から株価上昇の期待が寄せられているマイナンバー関連銘柄だと言える。ソースネクストのマイナンバー関連事業が拡大していけば、本命のマイナンバー関連銘柄として株式投資市場の注目を大きく集める可能性もあるだろう。

【3839】ODK

ODKは、2015年9月30日に発表されたマイナンバー管理システムの提供開始が材料となり、マイナンバー関連株として注目が急増している銘柄だ。ODKが提供するマイナンバー管理システムは、高い水準のセキュリティ技術を活用することで、マイナンバーの保管や管理の運用及び保守を行っていく。ODKのマイナンバー管理システムに対する需要が高まれば、企業としての成長にも期待ができ、今後さらに注目が高まっていくマイナンバー関連銘柄の中でも、セキュリティ関連のマイナンバー関連銘柄として大注目だ。

【9719】SCSK

SCSKも注目が高まりつつあるマイナンバー関連株だ。安全管理措置などを中心としたマイナンバー管理に特化した個人番号管理システムを提供する期待の銘柄。SCSKが提供するマイナンバー管理システムの名称は「ProActive E2」であり、マイナンバー制度の運用開始に伴い、多岐に渡り需要増の見込みだ。株価上昇に妙味があるマイナンバー関連株として覚えておきたい。

マイナンバー通知が株価に影響

マイナンバー通知に関する報道がテレビでも行われており、その様子をYOUTUBEでも確認することができる。

何度も言うが、10月からマイナンバーの通知がいよいよはじまるのだ。

それにより、マイナンバーへの意識は必然的に高まる。そしてマイナンバー関連銘柄への意識も当然高まる。株は思惑で買われ結果で売られるという性質をもつため、マイナンバー関連銘柄への思惑はさらに膨れ上がっていくだろう。だからこそ、冷静な判断をしつつも旬なテーマ株としてマイナンバー関連銘柄に乗り遅れることがないように、このチャンスを絶対に掴みにいこう。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。