マイナンバー関連銘柄速報

マイナンバー関連銘柄image

世界同時株安に揺れる東京株式投資市場の中で、マイナンバー関連銘柄への注目が確かに強まってきている。2015年から2016年を跨いで大きく注目されていくマイナンバー関連銘柄の最新情報について、ここで改めて細部まで考察し、マイナンバー関連銘柄に関する知識を深めておくのがよいだろう。

マイナンバー関連銘柄の最新情報

いよいよ今年の10月から、マイナンバー制度が本格的に動き出す。10月になると、住民票を有する日本国民ひとりひとりに12桁のマイナンバーが通知されるのだ。それにあわせて、マイナンバーを通じたサイバーセキュリティに携わる関連銘柄やマイナンバーのシステム運用に関わる関連銘柄など、様々なマイナンバー関連銘柄に対して市場の関心がさらに強まりそうな気配だ。また、9月3日には改正マイナンバー法が成立したことで、新聞やテレビ、株式投資情報サイトなど、各種メディアにおいて再度マイナンバー関連銘柄が取り上げられる機会が増えてくるだろう。マイナンバー関連銘柄について調べている方は、下記のマイナンバー関連銘柄の最新情報を是非チェックして欲しい。

改正マイナンバー法が成立

https://www.youtube.com/watch?v=hHKCRAUSEUc

マイナンバー関連銘柄の株価動向を探るうえで、マイナンバー法及びマイナンバー改正法案の内容は非常に重要だ。9月3日に衆議院本会議にて改正マイナンバー法案が可決したことで、マイナンバー関連銘柄へも強い影響が出ており、ニュース報道の直後からマイナンバー関連銘柄の株価が軒並みに上昇した。まだマイナンバー改正法案の内容を把握できていない方は、上記のYOUTUBE動画をチェックしておくとよいだろう。マイナンバー改正法案の具体的な内容としては、平成30年からは銀行口座などの預金口座にも任意でマイナンバー番号を適用することが決まり、マイナンバーの活用範囲がさらに拡大する見込みとなった。その他に、医療面においても、予防接種や健康診断の履歴や結果もマイナンバーを通じて情報共有することになるようだ。今回の改正マイナンバー法案の成立により、我々国民の資産管理、納税状況、医療情報など非常に広範囲に渡ってマイナンバーが利用されていく目処がたったといえる。これにより、マイナンバー関連銘柄への注目がさらに高まり、マイナンバー関連銘柄の需要の高まりや、マイナンバー関連銘柄の株価上昇にも繋がっていく好材料となっていくだろう。

ITBook【3742】

ITBookは以前から本命のマイナンバー関連銘柄として当ブログでも取り上げてきたが、9月3日の改正マイナンバー法が衆議院本会議で成立されたニュースに対しても、即座に株価が反応したマイナンバー関連銘柄だ。中国経済の崩壊への懸念から不安感が漂う現在の株式投資市場のなかで、マイナンバー関連銘柄の中でも有力なITBookは、9月3日の後場からも大きく株価を上昇させた。個人投資家や機関からも力強く買われていることが伺える重要なマイナンバー関連銘柄として、引き続きITBookの株価動向を注視していきたい。

フライトホールディングス【3753】

フライトホールディングスも、改正マイナンバー法案が可決が大きく報じられた9月3日に大きく株価を伸ばしたマイナンバー関連銘柄だ。急激な株価上昇の背景には、マイナンバー制度の関連案件でシステム開発の大型案件を見込んだ思惑買いも感じられる。ITBookなどと並んで、マイナンバー関連のニュースに対してこれまでにも敏感に反応を示してきたマイナンバー関連銘柄だけに、今後も目を離さずしっかりとチェックしておきたい銘柄だ。

セキュアヴェイル【3042】


マイナンバー関連銘柄のなかでも、セキュリティ部門の関連銘柄として注目が高いのがセキュアヴェイルだ。コンピューターを利用して管理されるマイナンバーをサイバー攻撃やハッカーから守るために、セキュアヴェイルのセキュリティ技術の需要が高まり、株式投資市場から注目を集めているのは必然なことだと言っても過言ではないだろう。他のマイナンバー関連銘柄と同じくして、9月3日の改正マイナンバー法のニュースの報道後に、強く買いが入ったマイナンバー関連銘柄だ。セキュアヴェイルのオフィシャルWEBサイトはコチラ

エコミック【3802】


エコミックは、法人向けにマイナンバー制度に対応した給与計算や年末調整など、企業の税務処理に関わるまいナンバーサービスの提供を行っているマイナンバー関連銘柄だ。エコミックが提供する、初期導入コスト0円というマイナンバーサービスは、マイナンバー制度への対応を迫られる数多くの企業からの需要が高まる可能性が強いと見ている。改正マイナンバー法案の影響から、9月3日の株価は前日比+17.86%という上昇を見せた。今後の成長性にも期待がもてため、本命視していくことができるマイナンバー関連銘柄のひとつだ。マイナンバー関連銘柄で利益を狙うことを考えているのであれば、エコミックのマイナンバーサービスの詳細についてもチェックしておこう。

まだまだ盛り上がるマイナンバー関連銘柄

マイナンバー関連銘柄と改正法案

乱高下する世界経済と日経平均株価に揉まれるカタチで難しい相場となっている現在の株式投資市場だが、9月3日の改正マイナンバー法案のニュースのように、好材料が出れば、上記に紹介したような本命テーマ株の主力銘柄にしっかりと注目は集まる相場となっていると言える。その中でも、マイナンバー制度は非常に多岐に渡る分野への影響力も強く、マイナンバーに関連する銘柄が広範囲にあるため、マイナンバー関連のニュースは今後まだまだたくさん発表されていくだろう。そして、今回の改正マイナンバー法案のように、報道されるマイナンバー関連のニュースが好材料として市場に受け取られれば、マイナンバー関連銘柄への注目が高まり、マイナンバー関連銘柄の株価はまだまだ上昇余地があるとみている。個人的な感想として、現段階では、マイナンバー関連銘柄の盛り上がりはまだまだ序章に過ぎない。これからさらに本格的にマイナンバー関連銘柄の株価が動いていくだろう。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。