マイナス金利対策

  • 2,428,020 人のブログ訪問に感謝!

マイナス金利対策

マイナス金利対策について調べている方へ向けて、マイナス金利対策に関する情報をまとめた。

1月29日に行われた日銀金融政策決定会合にてマイナス金利政策の導入が決定し、2月16日からいよいよマイナス金利政策が導入された。

様々なメディアでも「マイナス金利対策をどうする!?」などといった特集が組まれており、多くの国民がマイナス金利対策についてどうすればよいのか考えている様子だと思う。

直近のテレビニュースでも「マイナス金利対策でたんす預金」や「マイナス金利対策には不動産投資」などと言った報道も行われているのを目の当たりにしているが、果たして本当にそれらは正しいのだろうか?

このようなマイナス金利対策に俺は大きな違和感を感じている。

同じく違和感を感じている方もいるはずだ。

そこで今回、俺が提唱する「本当のマイナス金利対策」について書いていきたいと思う。

マイナス金利対策に興味がある方は是非ともチェックしてくれ。

マイナス金利対策とは?

マイナス金利対策とは

マイナス金利対策とは、文字通りマイナス金利政策の対策として、これまで銀行に預金していた資産を別の方法で保有又は資産運用することを指す。

マイナス金利政策の導入により、銀行などの預金金利の引き下げが大きな話題となっており、多くの預金者が今後の不安を感じているのが現状だ。

これにより、マイナス金利対策として、預金を行う金融機関を乗り換えたりするなど、資産が減ってしまうことを防ぐ対策が今求められている。

具体的なマイナス金利対策

マイナス金利対策案

ご存知の通り、たんす預金、不動産投資、金などへの投資、株式投資など、マイナス金利対策として様々な方法が論じられているが、それぞれの具体的なメリットやデメリットなどについても詳しく紹介していく。

たんす預金

マイナス金利対策たんす預金

テレビやネットのニュースでも目にしたが、「マイナス金利対策のために銀行の預金を引き出して自宅の金庫に保管する人が増えている」という報道があるが、ハッキリ言ってたんす預金はマイナス金利対策として無謀すぎるだろう。

俺自身、今日の午前中に買い物の用事があり、近所のホームセンターに足を運びその事実を目の当たりにしたのだが、「マイナス金利対策をしましょう!」といったキャッチフレーズで金庫の販売を促進するかのようなキャンペーンが行われていた。

本当にこれで、マイナス金利対策のために金庫を購入する人が多いというのが信じ難いが、それが事実だということだろう。

本ブログの読者様や俺を応援してくれているファンの方、賢明な投資家の方であれば「マイナス金利対策にたんす預金をする」ということについて、本当にそれが正しいことなのかどうかわかっていると思うが、改めてマイナス金利対策にたんす預金を選択することがどういうことなのかまとめてみた。

たんす預金とは、金庫を購入して、自宅に現金を保管するということだが、デメリットとして空き巣などの泥棒、住居侵入による強盗、不慮の火事、大地震など、想定外のリスクが起こった時に、その財産の全てが消失してしまうというとても危険なリスクを抱えている。

日本は治安の良い国として認知されているが、全国で空き巣や強盗の発生件数が年間何件起こっているのかを考えてみれば、とても危険だと思う。また、地震や災害のリスクも否めない。かの阪神大震災や東北大地震のことを考えると、金庫ひとつで財産を守りきれるとは到底思えない。

むしろマイナス金利対策にたんす預金を選択するということが、自らリスクを背負う危険な行為だと感じてならない。

たんす預金をするということは、ただ現金を眠らせているだけということで、今までの銀行預金と比較しても進歩がないどころか、消失してしまうというリスクが増える分、逆に退化しているのではないだろうか。

「資産を預金するのが当たり前の時代」から、「資産は運用をして当たり前の時代」へと切り替わる今、マイナス金利対策としてたんす預金が正しい選択とは到底思えない。

マイナス金利対策にたんす預金は不適切だと思う。

不動産投資

マイナス金利対策不動産投資

マイナス金利対策として、マイナス金利の導入により業界が活況する不動産に注目し、銀行に預金していた資産を使って不動産投資を行うということだが、これもハッキリ言って現実的なことではないだろう。

マイナス金利政策の導入により、不動産業界に資金が流れ込んでいくということが起こり得る可能性はあると思うが、だからといって、マイナス金利対策をきっかけに今から不動産投資をはじめようと思える方は実際には稀なのではないだろうか。

そもそも、不動産投資を本格的に行うためにはある程度の資金が必要にもなり、それ以外にも知識や経験など、投資スキルがあってこそ成功を掴むことができるものだと思う。

銀行に預金していた5000万円を引き出したから、5000万円で不動産投資をやって簡単に成功するとは思えない。デメリットとして、失敗した場合に大きく資産を目減りさせてしまうリスクもあるため、安易に、今日から不動産投資を始めてみようかなといった感じで開始できるものではないだろう。

そう考えると、マイナス金利対策として不動産投資を選択するということは現実的ではないと思う。

株式投資

マイナス金利対策株式投資

俺の考えとしては、マイナス金利対策をするなら株式投資一択だ。

「えっ!?株式投資!?暴落しているし怖くて株なんて嫌だよ」と思う方もいるかもしれないが、そういう方に対して、「あなたは目の前の相場しか見えていないからそう思ってしまっているんだ」と俺は言いたい。

確かに事実として、2月は日経平均株価が大幅に下落しているが、もっと長期的な視野をもって考えてみて欲しい。

例えば、今から4年後の2020年には我が国日本は東京オリンピックという超ビッグイベントを控えている。

多くのアナリストの方も語っているが、俺の予測でもほぼ間違いなく2020年に向けて日本経済は上昇へと向かい、過去類を見ない程の大きな飛躍を遂げると信じている。

これを前提として、今の日経平均株価をはじめとした経済状況は、将来にビッグジャンプをするために大きく力を溜めている状態であり、力いっぱい弓をひいている状態にあるのではないだろうか。

実際に、今の株式投資市場には本来の企業価値と比較して割安になっている優良銘柄がゴロゴロ転がっている。

これは、2000年代初頭に起こったITバブル崩壊やリーマンショック時の状況にも酷似しており、あの時、数多くの銘柄が急騰し、テンバガー(10倍)銘柄が続出し、そこで大きく財を築いた投資家が生まれた。

それと同じチャンスが今、株式投資にあると信じている。

「マイナス金利対策をどうしよう…」とお迷いの方は、マイナス金利対策に株式投資を選択してみてはいかがだろうか?

マイナス金利対策まとめ

株王獅子丸image

某メディアでも報じられているように、日銀がマイナス金利を適用するにあたり、政策として国民の投資や消費を活発化させるという狙いが見え、マイナス金利とは国策であることからも、その効果は時間を経つごとにあらわれてくるだろう。

実際に、今回のマイナス金利をきっかけに、これまでに銀行預金しかしていなかった資産を投資で運用してみようという人は今後増えていくはずだ。

これを株式投資におきかえて考えてみれば、株式投資市場に新たに参入する投資家が増えることで、株式投資市場が活況することが考えられるということ。

多くの投資家が株を買うことで、日経平均株価の上昇にも繋がっていくだろうし、株式投資を行う投資家にとってマイナス金利とは好要因に働く可能性も強いだろう。

そして、まだ株式投資が未経年な方は、今から株式投資をスタートするということもとても素晴らしいことだと思う。

少ない資金からもスタートすることができ、為替やその他の投資と比べても極端なリスクが少なく、経済の勉強にもなるため、株式投資をすることで得られるメリットは大きい。

さらには、株式投資は人口も多いため、その情報や勉強をするためのツールが豊富にある。

書店で株式投資入門の本を買うのもよいだろうし、プロ投資顧問にどの銘柄を買ってどの銘柄を売ればよいか教えてもらうのも手軽だろう。セミナーなどの勉強会に参加すれば、これまで出会わなかった新たな人達との出会いもあり、人脈も世界観も拡がっていく。

銀行預金だけをして、ひとりで通帳の残高を見てにやついたり、悲しんだり、悩んだりしているのはとても寂しいこと。

株式投資には無限の可能性と大きなチャンスがあり、その喜びや失敗を共有できる仲間を作ることだってできる。

相談相手が欲しければ俺に言ってくれても構わない。

マイナス金利対策には株式投資。

俺はおすすめするぞ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。