ポケモンGO関連銘柄

  • 2,427,627 人のブログ訪問に感謝!

ポケモンGO関連銘柄が株式投資市場で大きな話題を呼んでいる。その売買高もとんでもない金額になっている。空前のポケモンGO関連銘柄ブームといっても過言ではないだろう。
早耳な読者の皆様は、既にポケモンGO関連銘柄の売買を行っているところだと思うが、改めてポケモンGO関連銘柄の特性や今後の株価動向などについて分析していきたいと思う。ポケモンGO関連銘柄に関する情報を調べている方は是非チェックして見て欲しい。

ポケモンGO関連銘柄とは

ポケモンGO関連銘柄

ポケモンGO関連銘柄を語るうえで、まずはじめに「ポケモンGO」について説明をしておこう。ポケモンGOとは、ポケモン×Niantic×任天堂によるスマホ向けゲームのことで、日本国内より海外が先行する形で、世界に向けて配信が開始されており、早くも世界各国でダウンロードが加速しているゲームだ。海外での大盛況ぶりからもポケモンGOによる非常に大きな経済効果が期待できる。このマーケットの動向により株価に影響を受ける銘柄が、ポケモンGO関連銘柄だ。ポケモンシリーズをご存知の方はわかると思うが、このゲームは日本での人気だけではなく、アメリカをはじめとした海外からの人気も熱狂しているだけあって、ポケモン関連銘柄は投資家から大きな注目を集めていることがわかる。

現時点でポケモンGO関連銘柄についてまだよく理解できていない方や、「ポケモンGOって何なの?」という疑問がある方は、下記に紹介するポケモンGOの公式CM動画をチェックしておくとよいだろう。

いかがだろうか?この動画を見れば、ポケモンGOがどのようなものであり、ポケモンGO関連銘柄が如何に将来的な可能性を秘めているのか直感的に伝わるはずだ。

ポケモンGO関連銘柄一覧

ポケモンGO関連銘柄一覧

ポケモンGO関連銘柄として代表的な個別銘柄を下記にリスト化して紹介する。どの銘柄もポケモンGOの発売によりリアルタイムに大きな影響を受けていることが伺える。ポケモンGOの開発に関連する銘柄や、ポケモンGOの攻略に関連する銘柄など、様々な銘柄があるのでしっかり把握しておきたい。

本命のポケモンGO関連銘柄

数多くあるポケモンGO関連銘柄の中でも本命視できる銘柄を厳選してまとめた。

【7974】任天堂

大本命であり本家本元のポケモンGO関連銘柄と言えるのが任天堂だ。その企業名は日本を代表するゲーム企業として世界各国に知れ渡っており、ポケモンGOを取り巻くマーケットの恩恵を大きく享受するだろう。ポケモンGO以外にも数多くのゲーム開発を手がけていることからも、海外投資家にも良く知られており、まさに過熱中のポケモンGO関連銘柄だと言える。

【8369】京都銀行

上記に紹介した任天堂の大株主となっているのが京都銀行だ。本命のポケモンGO関連銘柄として任天堂が好影響を受ければ、その大株主である京都銀行への恩恵も想定することは容易だろう。任天堂と併せてチェックしておきたいポケモンGO関連銘柄だ。

【2432】DeNA

DeNAは、ポケモンGOの開発にあたって提携を結んでいるポケモンGO関連銘柄だ。こちらも本命のポケモンGO関連銘柄として多くの投資家から注目を集めていることがわかる。

【4676】フジメディア

フジメディアの子会社もポケモンGOの開発に対する出資を行っているため、ポケモンGO関連銘柄として取り上げておきたい。他の関連銘柄に比べてやや値動きは重たくなりそうな気配もするが注目しておきたい。

版権等のポケモンGO関連銘柄

ポケモンGOの版権を用いるなどして、玩具や関連グッズの開発・販売に携わる期待ができる銘柄をまとめた。

【7867】タカラトミー

タカラトミーはポケモンの版権(おもちゃの権利)を保有しているポケモンGO関連銘柄だ。ポケモンGOが子供向けゲームという点からも、同じく子供向けのおもちゃ及びグッズ開発を手がけるポケモンGO関連銘柄は大きな影響が期待できる。ゲームから派生した玩具が人気を呼ぶのはこれまでの歴史の中でもある程度証明されていることなのではないだろうか。個人的にも期待視しているポケモンGO関連銘柄だ。

【2215】第一屋製パン

ポケモンGOに登場するキャラクターを利用したパン・食品の開発販売という点から、ポケモンGO関連銘柄として把握しておきたい。この商品は子供向けのパンだと考えら、人気が再燃することも有り得るだろう。たかがポケモンキャラのパンを作っている企業だと侮るなかれ。

【7022】サノヤスHD

サノヤスHDと繋がる子会社は、ポケモンEXPOジムを運営していることはご存知だろうか?このようにポケモンの版権を用いた事業を展開している企業もポケモンGO関連銘柄として当然把握しておくべきだろう。ポケモンGOの過熱ぶりからポケモンGO関連銘柄として株価に影響を受けることが想定できる。

【2702】日本マクドナルド

思惑のポケモンGO関連銘柄だと言って過言ではないだろう。そして、可能性としてとんでもないことが起こり得るポケモンGO関連銘柄になるという見方もできる。マクドナルドは世界展開をしているファーストフードチェーン。そのマクドナルドが、ポケモンGOの版権に絡む商品販売やグッズに携わることになれば、その効果は世界を巻き込むだろう。しかし、7月19日(火)14時現在では、まだマクドナルドが正式にポケモンGO関連銘柄として版権を用いる情報は確認できていない。しかし、疑惑と期待として、ポケモンGOのコード解析を行ったあるオーストラリア人によると、そのコードの中にMcDonald`sという文字を発見したとのこと。つまり、既にマクドナルドがポケモンGOのスポンサーになることが決まっているのではないかという読みだ。このニュースもあって、大盛況な売買が伺えるポケモンGO関連銘柄となっている。

任天堂関連銘柄

任天堂関連銘柄も話題急上昇中の銘柄だ。当記事で特集して取り上げている【ポケモンGO関連銘柄】と同じ銘柄を指して多くの方が注目しているため、今知っておくべき重要な株式投資ワードだと言えるだろう。

任天堂関連銘柄とは

任天堂関連銘柄とはその名の通り、【7974】任天堂と関係性を持つ個別銘柄を指しており、具体的には任天堂と業務提携や資本提携を結んでいる企業や、注目が急増している任天堂のスマホゲーム「ポケモンGO」が展開するマーケットに関わる企業が挙げられる。ポケモンGO関連銘柄の中でも、任天堂と特別に深い繋がりを持つ企業を任天堂関連銘柄として捉えておくとよいだろう。任天堂の株主でもある【8369】京都銀行や、任天堂と業務提携及び資本提携を結んでいる【2432】ディーエヌエー、などが任天堂と直接的に関係のある任天堂関連銘柄だ。

基本的なことではあるが、任天堂は日本の文化として世界的に認められているゲーム産業の分野において、日本一と言っても過言ではないほど有名な企業。海外でも「Nintendo」と言えば、誰もが知っているはずだ。その任天堂と提携する企業は当然海外からも注目されており、多くの海外投資家も任天堂関連銘柄を投資対象として注視している。

なぜ注目されるのか?

ポケモンGO関連銘柄の情報

ポケモンGO関連銘柄及び任天堂関連銘柄がなぜここまで投資家から注目をされているのか、その理由を分析してみた。ポケモンGOはアプリ内課金で収入を得るモデルとなっているが、画期的な点としてスポンサーロケーションが搭載されるという噂があるようだ。7月19日(火)14時現在では、まだ海外に比べると日本国内でのポケモンGOのマーケティングは遅れているようにも感じるが、海外ではポケモンGOのローンチが進んでいるという見方もできる。こういった点に着目した投資家は、ポケモンGO関連銘柄の今後の成長やマーケットとして確立されていくことを先読みしていると言えるだろう。

その他にも多角的な視点から大きな期待を持つ事が出来るポケモンGO関連銘柄。
イギリスのEU離脱で沈んだ株式投資市場の起爆剤として早くも多方面に影響を与えていることが伺える。また、画期的な次世代ARゲームとなるポケモンGOを手がける任天堂という企業の将来に対する期待からも、任天堂及び任天堂関連銘柄は世界に大きく知られている。

動画もチェック

ポケモンGO関連銘柄についてより深く知ることができる動画を紹介しておこう。

下記の動画は、アメリカの有名なセレブ歌手であるジャスティンビーバーがポケモンGOに夢中になっているところを撮影された動画だ。このように、アメリカのセレブ達もポケモンGOを利用していることはもちろんだが、注目したいのは、ジャスティンビーバーのようなスーパースターがその場にいることにも目をくれず、ポケモンGOに夢中になっている人々の様子だ。

この動画は海外のニュースサイトでも取り上げられている動画だ。撮影者は一般人によるものと思われるが、ローンチが先行している海外でもポケモンGOの人気と熱狂がよくわかる。つまり、ここから派生するマーケットの経済効果とポケモンGO関連銘柄の魅力がよくわかるだろう。

その他にもポケモンGO関連銘柄を知るために参考となる動画はYOUTUBEに多数UPされている。7月19日の時点ではまだ日本ではローンチが開始されていないため、日本人による動画はほとんど見つからないが、「POKEMON GO」と英語で検索をすれば、海外のポケモンGO事情までよくわかる動画が大量にあるぞ。ポケモンGO関連銘柄に投資を行っているのは日本人だけではなく、海外からも当然注目が集まっているのにも納得がいく。ポケモンGOは日本だけのものではなく、世界的なムーブメントだ。ポケモンGO関連銘柄についてより深く知るためにも、海外の状況もしっかりと学んでおくと、まさに鬼に金棒といった自信もつくはずだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。