ブロックチェーン関連銘柄

ブロックチェーン関連銘柄

予測通り2016年は早くも波乱の乱高下相場となっているが、そんな相場に左右されることなく、今圧倒的な強さを誇っているのがフィンテック関連銘柄でありその核心となるのがブロックチェーン関連銘柄だ。
はっきり言って、売りトレンドとも表現することができるこの過酷な相場の中でもブロックチェーン関連銘柄は株価上昇の勢いが止まらない。
今回、フィンテック関連銘柄、ブロックチェーン関連銘柄に関する考察をまとめていくので、これらに関する情報を探している方は是非チェックしてみるとよいだろう。当ページにて詳しく説明していくが、間違いなく今、フィンテック、ブロックチェーン、テックビューロ、Orbといったキーワードは株式投資市場におけるバズワードになっており、これらのキーワードが株価急騰の起爆剤になっているということだ。

ブロックチェーン関連銘柄とは?

ブロックチェーン関連銘柄とは、フィンテックにおいて重要視されている仮想通貨や電子マネーのセキュリティ及び管理システムとして有望なテックビューロ社による「プライベートブロックチェーン」、Orb社の「パブリックブロックチェーン」の技術開発やサービス提供に関連する個別銘柄を指す。ブロックチェーンという専門技術に関する説明は難解な部分もあるため後述していくが、ブログ読者の皆さんもご存知の通り、昨年12月末から現在(2016年1月)にかけてほぼ毎日連続でストップ高を記録し株価10倍も間近な【3778】さくらインターネットもブロックチェーン関連銘柄として代表的な銘柄だ。今、ブロックチェーン関連銘柄が株式投資市場で最も注目を浴びていると言っても過言ではない。

ブロックチェーン関連銘柄リスト

注目度が高く有力なブロックチェーン関連銘柄を紹介しよう。既に株価が暴騰している銘柄も幾つかあるが、本命のブロックチェーン関連銘柄、出遅れのブロックチェーン関連銘柄など、2016年の重要なテーマ株としてまだまだチャンスがある投資対象だ。数々の銘柄があるが、大きくわけて、テックビューロ社のプライベートブロックチェーンと関連する企業、Orb社のパブリックブロックチェーンと関連する企業にグループわけして整理することもできる。

テックビューロ関連銘柄

ブロックチェーン関連銘柄の中でも、テックビューロ社との関係性が強い銘柄をテックビューロ関連銘柄として細分化して紹介する。下記動画はテックビューロ社のブロックチェーン基板プラットフォーム「mijin」についてわかりやすく説明されたYOUTUBE動画だ。ブロックチェーン関連銘柄、フィンテック関連銘柄、ブロックチェーン技術そのものに関する知識を深めたい方はチェックしておくとよいだろう。

【3778】さくらインターネット

「現在の株式投資市場でお祭り状態となっているフィンテック祭り、ブロックチェーン祭りの中心であり、本命のブロックチェーン関連銘柄として数多くの投資家が売買取引を行っているのがさくらインターネットだ。なぜ、ここまでさくらインターネットが注目されているかというと、テックビューロ社が開発するプライベートブロックチェーンのクラウドサービスを実用可能なレベルで一般に無料提供を世界初で開始したことにある。ブロックチェーンの先駆けとして世界中から注目を集め、代表的なブロックチェーン関連銘柄としてまだまだ株価上昇の余地も高いだろう。」

【3690】ロックオン

「ロックオンもテックビューロ社のブロックチェーン技術をいち早く導入している正真正銘のブロックチェーン関連銘柄だ。需要が高まり続けているEコマース事業において、ブロックチェーン技術を取り入れることで、Eコマース事業にかかるコストを3分の1程度まで大幅に軽減させるというとんでもない革命をロックオンが起こしていく可能性は大。これによりロックオンの主力であるEC-CUBEの需要は更に高まり、業績アップはもちろん、世界に先駆けた企業へと成長していくだろう。ブロックチェーン関連銘柄の中でも非常に信頼性が高く、将来性、成長性が強く見込める銘柄だと言えるだろう。」

【2315】SJI

「1月12日にテックビューロ社のブロックチェーン技術のフィンテック実証実験を開始したという特大ニュースを発表したSJI。これにより大注目のブロックチェーン関連銘柄として大化けした銘柄だ。これまで投資家から見向きもされていなかった同銘柄の株価は瞬時に急騰し、相場の資金が集中した。SJIは見えない部分が多い企業だと思われがちではあるが、金融分野でのシステム開発においては確かな実績を持っており、最先端の技術であるブロックチェーンを応用することで、次世代の金融システム開発が可能となり、大幅に収益性を高めていくことが想定できる。他の銘柄に比べまだまだ大穴株的な要素を秘めているブロックチェーン関連銘柄として注視しておきたい。」

【6634】ネクスグループ

「上記に説明したSJIと資本業務提携を締結したことで、話題の渦中であるブロックチェーン関連銘柄として急浮上したのがネクスグループだ。簡単に言えば、テックビューロ社、SJI社、ネクスグループ社は1セットでブロックチェーン事業に取組んでいくという捉え方をしてもよいだろう。SJIと同じくブロックチェーン関連銘柄として投資家からの強い買いはまだまだ入る可能性もある。そして新たな材料発表にも期待を持つこともできるため、今後もIR情報を含めて追い続けておくべきブロックチェーン関連銘柄だろう。」

【3807】フィスコ

「これまでに説明した、SJI、ネクスグループの親会社にあたるのがフィスコだ。子会社であるネクスグループとSJIの資本業務提携、そしてテックビューロ社のブロックチェーン技術を用いたフィンテック事業の拡大といった好材料の恩恵を大きく受けていくことが想定できる。これまでにも、子会社の大幅な成長により親会社の株価も大幅に上昇した事例は数多く在り、ネクスグループ、SJI、フィスコの関係性からも同じく期待ができる。フィンテック関連銘柄・ブロックチェーン関連銘柄として多くの投資家から影響力が強い企業として今後も注目されていくだろう。」

【3853】インフォテリア

「インフォテリアもテックビューロ社と直接的な事業提携を発表している有力なブロックチェーン関連銘柄だ。具体的には、テックビューロ社とインフォテリア社が持つソフトウェアを組み合わせ連携させるための専用の接続アダプタの開発を行い、現在実証実験も行われている。そしてその商品化及び販売は2016年4月から開始されるとのことだ。ブロックチェーンの雄であるテックビューロ社と確固たる協業関係を結んでいるブロックチェーン関連銘柄として覚えておきたい。これから始まる金融IT革命の発端となる大注目株だと言えるだろう。」

【3917】アイリッジ

「アイリッジはテックビューロ社との事業提携により、フィンテックとO2Oの融合を行うブロックチェーン関連銘柄だ。ブロックチェーンを活用することでアイリッジは信頼性が高い最先端のフィンテック関連のスマホ向けアプリケーションの開発などを行っていくことが可能になったと言える。今後、爆発的に普及し金融業界に大きな革命を起こすフィンテックの中で、実用性の高いアプリ開発に成功すればアイリッジは企業として大きな成長を遂げ、株式投資の対象として株価も大きく上げていくだろう。この視点からも、ブロックチェーン・アプリといったキーワードを含むアイリッジからの次なる材料発表が次の段階の急騰の鍵となるだろう。ブロックチェーン関連銘柄を探るうえで必ずおさえておきたい銘柄のひとつ。」

Orb関連銘柄

上記に紹介したテックビューロ関連銘柄と対極をなしているのが、Orb関連銘柄だ。Orb関連銘柄とは、ブロックチェーン関連銘柄のなかでも、Orb社との関連性が強い銘柄を細分化したものだ。下記動画はOrbのパブリックブロックチェーンについて詳しく説明されているYOUTUBE動画だ。Orb関連銘柄・ブロックチェーン関連銘柄・フィンテック関連銘柄についてより深く理解したい方はチェックしておくとよいだろう。

【3696】セレス

「個人的にも大本命なブロックチェーン関連銘柄・ビットコイン関連銘柄・フィンテック関連銘柄として注目しているのがセレスだ。2015年8月にビットコインとの事業提携を発表、同年9月には株式会社Orbの株式を第三者割当増資により取得したという発表も出しており、近年着実にフィンテック業界の中心的企業として株式投資市場でも注目度を高めている企業だ。テックビューロ社のプライベートブロックチェーンに対して、Orb社はパブリックブロックチェーン技術を有しており、ブロックチェーンマーケットにおいてテックビューロ社の対抗勢力的な存在として群雄割拠していると捉えることもできる。そのOrb社とセットでセレスをチェックしておきたい。ブロックチェーン関連銘柄全体の株価上昇を牽引しているような印象も受ける。」

【3691】リアルワールド

「リアルワールドは、昨年のニュースなどでも知名度を確実に上げたビットコインブロックチェーンに色濃く関わるブロックチェーン関連銘柄だ。ビットコインブロックチェーンのサービス提供を行っているBitFlyer社との業務提携が正式に発表されたことで、ビットコイン関連のブロックチェーン関連銘柄として大きくスポットを浴びている。今後もリアルワールドの株価変動の鍵を握るキーワードとして、フィンテック・ビットコイン・ブロックチェーン・BitFlyer社について知識を深めておくとよいだろう。」

【2489】アドウェイズ

「アドウェイズは、ブロックチェーン技術においてテックビューロ社と対極をなすOrb社へ出資を行っている企業であり、その点からブロックチェーン関連銘柄として取り上げることができる。今回のブロックチェーン関連銘柄特集の記事の中でも何度も出てくるOrb社とは、ブロックチェーン技術を利用した独自の認証技術をベースにした非中央集権型クラウドコンピューティングシステムを有しており、誰もが簡単にブロックチェーンを利用した仮想通貨を発行することができるSmartCoinを発表している。簡単にまとめれば、ブロックチェーンマーケットを牽引しているOrb社の業績が上がれば、出資を行っているアドウェイズもその恩恵を受けるという捉え方でもよいだろう。まだまだこれから面白くなるブロックチェーン関連銘柄は間違いなく2016年の株式投資市場の重要テーマだ。」

ブロックチェーン関連銘柄が注目される理由

ブロックチェーン関連銘柄がなぜこんなにも注目されているのか、なぜブロックチェーン関連銘柄の株価が軒並み急上昇しているのか、その理由について知りたい方も多いと思うので説明しておく。
大きな印象としてブロックチェーンは仮想通貨に付随するシステム技術として捉えている投資家も多いと思うが、仮想通貨以外にも拡張性があるという点が、ブロックチェーン関連銘柄に注目を集めている大きな理由だろう。
例えば、読者の皆さんにも身近な株式投資とブロックチェーンの関係性について考えてみよう。
現在であれば、株の取引をするためには証券会社を利用して証券取引所で株の売買を行わなければならないが、ブロックチェーンを株式投資に利用することができれば、証券会社も証券取引所を介さず、完全に自分自身だけで株式投資の売買及び管理を行っていくことができるということ。
別の例えで、不動産の契約に置き換えて考えると、現在では全て契約書という紙ベースに印鑑とサインをして管理しなければならないが、ブロックチェーンを利用することで、紙ベースで手続きを行う必要がなく契約の全てをブロックチェーン上で完結させることも可能になるということ。
こういった側面からも、ブロックチェーンは決して仮想通貨だけに留まらず、あらゆる分野へ拡張融合していく無限の可能性を秘めた革新的技術だ。
だからこそ、ブロックチェーン関連銘柄の将来性は非常に明るく、長期的にはテンバガーとして株価を10倍以上まで伸ばす銘柄も当たり前になることだって有り得る。かつてのyahoo株を超える勢いで、史上最高峰の株価成長を遂げる企業が台頭する可能性もある。
だからこそ、現在、ブロックチェーン関連銘柄が注目され、先見性の高い投資家から強く買われているということだ。

ブロックチェーン関連銘柄をより深く知る

ここまでブロックチェーン関連銘柄について説明を記述してきたが、ブロックチェーンというシステム自体が新しいモノであるため、いまいち把握しきれない、理解できない、難しいと感じている読者の方もいるかと思われる。
そんな方のために、まずはブロックチェーン関連銘柄と確実に密接な関係にある重要なキーワードであるテックビューロ・Orb・ビットコインの3つのキーワードを覚えておくとよいだろう。自分で物事を調べるのが好きな方は、ひたすらググって情報を自分なりに整理して構築していくことで、ブロックチェーン関連銘柄に関する知識を深め、フィンテックをより理解し、経済の未来を読んでいく力を身につけていくこともできるだろう。
しかし、自分で調べるのが苦手、もっと手っ取り早くブロックチェーン関連銘柄やフィンテック関連銘柄の要点を把握してしまいたいという方は、投資顧問などの金融のプロに聞いてみるのが一番早いだろう。
実際に俺も、必要に応じてプロ投資顧問から情報を得ることもある。
例えばだが、下記に紹介している投資顧問は無料で相談を受け付けてくれるので、メールか電話で「ブロックチェーン関連銘柄やフィンテック関連銘柄について詳しく教えて欲しい」だったり、「次に上がるブロックチェーン関連銘柄はどれ?」などと聞くと、無料でしっかりと教えてくれる。改めてこういうサービスは便利だなと感じている今日この頃だ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。