ビットコインの暴落デメリット

今日の仮想通貨市場はなかなかのジェットコースターだった。

だが、例えればあの乱高下は【握力テスト】だ。

握っている銘柄を臆さずに握りしめていれば、ひとまずの価格は戻る。

とはいえ俺はリップルを中心にガチホしているため、これまで何度も経験した握力テストに慣れている。

今日の乱高下もただ強く握りしめておくだけ。精神面的にも非常に良い。

仮想通貨投資をまだ始めたばかりの方は、握ったら離さないということを覚えておくと良いだろう。

下手に売買を繰り返すことは手数料を毟り取られてしまい、株と違ってボラが非常に大きい。

安値で掴んだ仮想通貨はまずは離さずに握っておくという手法を覚えておくと良いだろう。

ビットコインのデメリット

さてそれでは本題に入ろう。今日の下げ相場の最中に、ビットコインが抱える欠点や今後のデメリットについてまとめてみた。仮想通貨バブルだと、仮想通貨が儲かるという良い面ばかりが取り沙汰されているが、資産を増やすためにはリスクとデメリットを把握しておく必要がある。ビットコインのデメリットについて知りたい方は是非チェックしておくと良いだろう。

ビットコインの送金詰まり

ビットコインの欠点・デメリットとしてまず最もきになる点は、以前から様々な仮想通貨メディアでも話題に上がっているが、ビットコインの送金詰まり、つまり、未確認取引の件数が日に日に増えていることだ。

まだ仮想通貨投資を始めたばかりの人は、送金詰まりがなぜデメリットなのかもわからないと思うのでわかりやすく説明していこう。

ビットコインの送金詰まりとは

ビットコインの送金詰まりとは、その名の通り、ビットコインを送金した際に、送金作業が詰まってしまい、送金が完了するまでに時間がかかってしまうことを指すものだ。

ちなみにビットコインの送金詰まりの件数(未確認取引件数)はhttps://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactionsでリアルタイムに確認することができる。

上記のリンク先ではリアルタイムな今現状の数値しか見ることができないので、次は下記のチャート図を見て欲しい。

これは、同じくblockchainというサイトの中に掲載されている、Mempool Size(メンプールサイズ)というものだ。このチャートが何かと言うと、ユーザーがビットコインの送信を行った件数を現すもので、1年間や全期間でこのチャートを見ると、Mempool Sizeが右肩上がりに上昇していることがわかるはずだ。

この2つのデータから何が言いたいかというと、ただでさえ現状の送金詰まり件数が増えているのにも関わらず、世界中でビットコインの送信が行われる件数が増えている。つまり、このままではビットコインの送金詰まりがさらに増えてしまい、ビットコインの送金時間がさらにかかってしまうようになる恐れがあるということだ。これはビットコインの価値にとっても非常にデメリット。

送金が詰まるとなぜ良くないのか

上述した説明で、ビットコインの送金詰まりが今後の問題になるということにまだピンと来ていない方もいるかもしれないので、ビットコインの送金詰まりがなぜ悪いことなのかを説明しておこう。

ビットコインの送金が詰まると、ビットコインの送金に時間がかかってしまうということは先ほど話したが、この詰まりが増え続けていくと、永遠に処理されずに送金されないまま止まってしまうことも起こり得るということ。

例えば、あなたのビジネスパートナーがイギリスに住んでいたとして、イギリスに1000万円分のお金を送らなければならず、あなたがビットコインで送金をしたとしよう。送金時には1時間後には1000万円がイギリスまで届くということであなたは送金したが、そのタイミングでビットコインの送金詰まりが異常に膨れ上がった場合、2時間経っても、10時間経っても、24時間が経っても送金した1000万円が届かない状態が続いてしまい、最悪の場合、1年経っても、10年経ってもその1000万円が詰まったまま止まってしまうという恐れがあるということだ。

大げさな例えかもしれないが、このようなことからもビットコインの送金詰まりは仮想通貨の機能性としてはとても高性能とは言い難く、今後のビットコインの価値を維持する上でのデメリット要素となるのだ。

本来、仮想通貨(ビットコイン)は、投資対象として作られた訳ではない。

世界中への送金作業を、既存の金融機関(銀行)などを介さずに行うことができるというメリットがあるものなのだが、その送金に致命的なロスがあるとなると、ビットコインは仮想通貨として欠陥品として見られていく可能性がある。

そうなった場合に、ビットコインの市場価値は下がり、他の性能が良い仮想通貨へと投資資金が移動してしまい、ビットコインの価格暴落を引き起こすことになりかねない。

送金詰まりの解決策

ビットコインの送金詰まりの解決策は、ストレートに言ってしまえば無い。

既に現在の送金件数に耐えられず、送金詰まりが発生し、送金の遅延が出てしまっていることを、完全に解決する能力がビットコインには無いのだ。

苦肉の策ともとれるが、ビットコインの送金詰まりを他の方法で解決する策として、ビットコインで送金を行う人が減れば良いということで、ビットコインからビットコインキャッシュという新しいコインが生まれた。

ビットコインキャッシュはビットコインに比べ、送金性能が高い。

世の中の多くの人がビットコインではなく、ビットコインキャッシュで送金を行ってくれれば、ビットコインの送金件数も減らせるという策だ。

だいぶ簡単にまとめてしまったがわかりやすくいうと、ビットコインの送金詰まりを解決するための残された方法はこれしかないと言われている。

しかし、そこには盲点がある。

ビットコインではなく他の仮想通貨で送金をすれば良いと世の中が動いた時に、必ずしもビットコインキャッシュが選ばれる訳でもなく、リップルやイーサリアム、その他にも送金能力においてビットコインより優れているコインは山ほどある。

ビットコインを送金に使わず、他の仮想通貨での送金が増えていけば、実質的にビットコインから他のコインが主流となっていってしまう。

そうなれば、ビットコインの存在価値が無くなってしまう。

送金にも使えない、ハッキングもされたという傷もある、といったように悪い面ばかりで、存在価値がもし残るとしたら「仮想通貨を世界に知らしめた功績」「世界で初の高額価値がついた仮想通貨」といった骨董的価値しかそこには無くなってしまうだろう。

このようにして、ビットコインは仮想通貨として欠点とデメリットを抱えた仮想通貨なのだ。

ビットコインの性能はあげられない?

ビットコインの開発者はたくさんいるのに、なぜビットコイン自体の性能をアップデートして改善しないのか?という疑問を持った方もいるだろう。

実際に、優秀な開発者達が本気でビットコインの性能向上を測ればそれは可能なことなのかもしれないと言われているが、ビットコインからハードフォークにより派生したビットコインキャッシュとの確執や、さらに新たに生まれたビットコインゴールド、ビットコインダイヤなど、今後もビットコインの分岐は続く模様で、開発者達がビットコインの性能向上のために集結するということが無いという気配になっている。

ビットコインの価値は下がる?

本来であれば、銀行の送金スピードより仮想通貨の送金スピードが早く手数料もかからないからこそ、仮想通貨が魅力的な技術だということだったのだが、それらが銀行よりも劣るとなれば、ビットコインは本当の意味でただの投機対象、又は骨董品としての価値しかつかなくなるだろう。

2017年は仮想通貨バブルの年だと言われる通り、このようなビットコインの実質的な欠点やデメリットを知ろうともせず、ビットコインを買えば儲かるだろうというギャンブル感覚で投機が続いている。もしくは、デメリットは知っているけれども、それでも価値が上がり投資利益を得られるから買っているという人もいるだろう。

この事象は株に置き換えれば、思惑だけで上がっているということだ。

株は思惑で買われ事実で売られる。

現在まで思惑で買われていたビットコインだが、デメリットや欠点があるという事実を知り、大量の売りが出た場合には、ビットコインの価格は急落するだろう。

しかし、俺は、今現時点で今すぐにビットコインが一瞬にして崩壊するとは思わない。

まだバブルは存在しているため、投機的な利益を得るチャンスは多量にある。

しかし、投機ではなく投資を行う場合には、ビットコイン以外にも選択肢はたくさんあるということを覚えておくと良いだろう。

俺は、早い段階でリップルに目をつけ、リップルを中心とした仮想通貨投資を行なっている。

ビットコインを否定する訳では無いが、まだ仮想通貨を始めたばかりの方や、仮想通貨の本質を知らずに投機を行なっている人は、一度、リップルとビットコインの性能を比較してみると良いだろう。

なぜ俺がビットコインではなくリップルを選んでいるか、その理由がわかるはずだ。

さて、このクリスマスシーズンはまだまだ仮想通貨市場が乱高下しそうな気配だ。

ビットコインだけではなくその他の仮想通貨にも同じことが言えるが、投資対象とする仮想通貨の特性をよく理解し、欠点とデメリットを知った上で投資をすることで、最悪のリスクを避けられる可能性を少しでもあげておこう。

せっかく、この仮想通貨バブルが起こっている時代に生まれているのだから、そのチャンスと恩恵を最大限に得るのが投資家冥利に尽きるだろう。

これから仮想通貨投資を行う方や、既に行なっている方も、皆で勝とう。

検討を祈る。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

『ビットコインの暴落デメリット』へのコメント

  1. 名前:ビットコイン 否定派 投稿日:2017/12/24(日) 16:07:03 ID:44105967c 返信

    ビットコインは株王獅子丸さんが予想したよーに、確かに値動きの雲行きがあやしいですよね
    ビットコインのデメリットや欠点が問題視されてきているのがわかりました

  2. 名前:ビットコイン不安です 投稿日:2017/12/25(月) 23:57:34 ID:bf657a58e 返信

    ビットコインの暴落について検索していてこのブログに辿り着きました。
    自分が不安視していたことを書かれていたので、勉強になりました。

    どこがでお見かけしたと思ったら、雑誌のSPAで株王獅子丸さんの記事を読んでいました笑

    ブログはブックマークしましたので、これからも読ませて頂きますね!

  3. 名前:鈴木 投稿日:2017/12/26(火) 22:23:08 ID:680225e60 返信

    ビットコインは190万円台でこの前高値で買ってしまいました。

    仮想通貨も株と同じで、買い時をしっかり見極めないといけないですね。

    株王獅子丸さんのブログやLINE@を見て、改めてハッと気付きました。

    こんなことを言うのも変ですが、ありがとうございます株王獅子丸さん!

    ビットコインは送金つまりとか気になりますが、時間をかけてでも伸びて欲しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です