パンダ関連銘柄

パンダ関連銘柄

smile-2223186_960_720

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。株王獅子丸だ。
今回は久しぶりに明るい話題だ。6月12日に、上野動物公園のジャイアントパンダ「シンシン」が赤ちゃんパンダを出産したぞ。この影響でパンダ関連商品や、上野動物公園周辺の飲食店やショッピングセンターの関連銘柄が急騰しているぞ。今回はパンダ関連銘柄に注目していこう。

これがパンダ関連銘柄だ

まずは俺が注目しているパンダ関連銘柄を下記にまとめた。各種のパンダ関連銘柄に対する個人的な見解や分析も交えて紹介しておく。銘柄の数は多くはないが、今後急騰する可能性を秘めているのでしっかりチャックしてもらいたい。

【8181】東天紅

東天紅は、創業50年以上の中華料理老舗だ。日本料理「海燕亭」やブライダル事業なども手掛けている。上野にも店舗があり、赤ちゃんパンダが誕生を受けて株価は急騰した。赤ちゃんパンダを一目見たいと上野への客足が増えればさらに急騰する可能性があることから注目できるパンダ関連銘柄でないだろうか。

【9734】精養軒

精養軒は、フランス料理店を長年営んでおり、上野には老舗の「上野精養軒」、さらに都内百貨店などにレストランやカフェを出店している。こちらも赤ちゃんパンダの誕生ニュースを受けて急騰した銘柄だ。東天紅と同様に上野への観光客が増加すれば収益が上がり株価も上昇すると考えられる。十分注目できるパンダ関連銘柄だ。

【8252】丸井グループ

丸井グループは、言わずと知れたショッピングセンターを全国展開している企業だ。現状株価は落ち着いているが、今後丸井グループもその他銘柄と同様に上野への観光客が増加すると予想されることから注目を集める銘柄となるだろう。

パンダ関連銘柄ニュース

fall-1636872_960_720

パンダ関連銘柄についてのニュースを紹介しておこう。

上野動物公園赤ちゃんパンダ誕生

6月12日に上野動物園のジャイアントパンダ「リーリー」と「シンシン」の間に赤ちゃんパンダが誕生した。今日で生後4日となる。現在の健康状態は良好ということで、体重147グラム、体長14.3センチと確認が取れているようだ。気になる性別だが今現在ではまだ確認はできていないようだ。

赤ちゃんパンダの誕生は、2012年以来の5年ぶりということだ。前回誕生した赤ちゃんは生後6日で亡くなってしまったと大変残念な結果になってしまった。今回の赤ちゃんは今後の成長を慎重に見守っていきたいところだな。

赤ちゃんパンダの経済効果

6月12日に上野動物公園に、5年ぶりの赤ちゃんパンダが生まれたとの報道があり、次の日13日には上野動物公園に一目赤ちゃんパンダが見たいと多くの来場者が訪れた。テレビでもニュースで取り上げられ一気に日本中が明るくなったな。さらにパンダ関連銘柄の株価も急騰しており今後の動きに注目だ。

気になる経済効果だが、赤ちゃんパンダの直接効果で約147億円となる見込みだ。直接効果とは、赤ちゃんパンダを見に来た来場者が直接消費する金額のことを言う。例えば、来場者の入園料、飲食費、宿泊費などだ。さらに、これにお土産などグッズ代も含まれてくる。これが約147億円となる見込みだ。

次に一次波及効果もあるな。一次波及効果とは、例えば赤ちゃんパンダのグッズやお土産を作っている業者の売り上げが伸びることを一次波及効果と言うぞ。このような一次波及効果が1年間に約75億円あると予想されている。

最後に関係してくるのが二次波及効果だ。二次波及効果とは、上野動物公園の従業員の勤務時間が増え給料が増えることによる消費のことを言う。このような形で生まれる経済効果を二次波及効果と言うぞ。この二次波及効果が1年間に約45億円にもなると言われている。

赤ちゃんパンダの経済効果として、直接効果、一次波及効果、二次波及効果を全て足して約267億円となる計算になるな。これだけでも十分すごい数字なのがわかる。

パンダ関連銘柄まとめ

赤ちゃんパンダが誕生したことを受けて、パンダ関連銘柄が急騰している。今後、名前の公募だったり、一般客への公開など、今後のイベントは目白押しとなっている。現在の株価は落ち着いているが今後のイベントを考えるとまだまだ期待できるテーマ株ではないだろうか?

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です