ニンテンドースイッチ関連銘柄 関連銘柄紹介

投資家の兄弟たちよ、調子はいかがだろうか?
ここ数年、任天堂がジワジワ復活してきている気がする。そんななか、今年「switch」と呼ばれるものを発売した。これが、もしかすると色々な場所で根付くかもしれないのだ。そこで今回は、「switch」の概要と共に関連銘柄を紹介する。

ニンテンドースイッチ

nintendo-switch-2005277_960_720

任天堂switchとは、3月3日に発売されたゲーム機本体だ。しかも、この商品は今までのとは違う。それは、ゲーム機1台で3パターン楽しめるということだ。

1つ目は、「テレビゲーム(スーパーファミコンみたいな感覚)」として、2つ目は「テーブルゲーム」として、そして3つ目は「携帯ゲーム」として利用できるのだ。つまり、自分がどういう気分なのか?どういう環境なのか?によって使い分けが可能になる。

そのため、外出をしていてもゲームを気軽に楽しめる。さらに、コントローラーの取り外しなども付いており、持ち運びもとても便利だ。しかも、「ローカル通信」と呼ばれる機能を使えば、最大8台でプレイすることができるため、仲間と楽しむのもアリだろう。

ニンテンドースイッチの販売台数が凄い!

illustrator-2092779_960_720

現在では、パソコンや携帯電話でも時間をつぶせるため、ゲーム機の販売台数は減っている。それでも、「switch」は、発売から3日間で33万台を突破したというのだ。しかも、価格が29980円(税抜)と比較的高いにも関わらずだ。

さらにすごいのが、任天堂は2017年3月末までに200万もの数を出荷しようとしている。ちなみにだが、以前任天堂より発売されていた「スーパーファミコン」は、国内で累計1700万台販売したと言われている。

つまり、1ヶ月でスーパーファミコンの生涯発売台数の10%以上の台数を販売しようとしているのだ。どれだけすごいことを成し遂げようとしているのかよく分かる。今後、たくさんの人に買ってもらうためにどう工夫するかが見物だ。

任天堂の今後の課題とは?

bowser-1912623_960_720

任天堂は、長らくの間大ヒット商品を生み出すことができていなかった。先日、「ポケモンGO」が出てきてから調子は良くなったみたいだが、それでもまだまだ油断は禁物だ。

やはり、今回のゲーム機をいかに長い期間根付かせることができるかが勝負になるだろう。現在では、便利な世の中になった一方で、色々なものが出てきているから移り変わりも激しい。

そのため、「switch」販売後の戦略がとても大事になってくるだろう。そうでないと、また任天堂暗黒の時代に入りかねない。また、昔は子供向けに販売することが多かったが現在では家族でゲームをする家庭も増えてきた。老若男女に楽しんでもらえるゲーム開発をすることが、今後生き残るために必須ではないかと思う。

注目のニンテンドースイッチ関連銘柄

注目されているニンテンドースイッチ関連銘柄だが、俺が注目しているものを紹介するぞ。

【7974】任天堂

まずは主役の「任天堂」だ。「switch」販売で、完全に息を吹き返した気がする。今後、どういう展開に持っていくかが楽しみだ。ただ、1株あたりは高額なため、少し株価が落ちてからの購入をおすすめする。そうしないと、大きな損失を抱える可能性が高くなるだろう。

【8369】京都銀行

「京都銀行」は、地方銀行だが任天堂との結びつきも強い。というのも、任天堂の本社が京都にあるためだ。今回の売上金が京都銀行へ仮に入ることを考えれば、銀行側は「ウハウハ」だろう。今後も京都銀行は「switch」の売り上げを伸ばしてほしいと願っているはずだ。

【6658】シライ電子工業

「シライ電子工業」も、「switch」に何かしら関わっているのではないか?と言われている。そのため、今後も任天堂との結びつきも強くなることが予想される。ただ、このブームが去ったときに、どうすべきか考えないと業績悪化へとつながるかもしれない。

【7022】サノヤスホールディングス

「サノヤスホールディングス」といえば、「ポケモンGO」の時期に話題となった。そのため、今回も任天堂との関わり度合は大きいだろう。ただ、実際にはどこまで関わっているのかは分からないため、慎重に売買した方が良いと思う。

【7552】ハピネット

「ハピネット」は、玩具の卸売業としての会社だ。そのため、ゲームなどを店頭へ運ぶ役割もしている。たくさん販売台数が増えれば、その分店頭へ卸す量も増えるため儲かる。人気がどのくらい続くか見ながら購入したいものだ。

【3134】Hamee

最後に紹介するのが「Hamee」だ。スマホなどのケースを販売している会社だ。もしかしたら、「switch」関連のキャラクターをデザインとして使用するかもしれない。おそらく、任天堂との共同販売になると思うが、どれぐらい長い期間のブームを起こせるかが勝負になるだろう。

まとめ

gaming-1557358_960_720

ニンテンドースイッチはしばらくの間は話題となる。ただ、このブームの終焉がいつ来るかも同時に予想しておかなければならない。「swtich」を持っている人が増えれば、自然と購入する人も減る。それをどうクリアしていくかが、今後の任天堂にとって大きな課題となるだろう。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。



▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です