ドローン関連銘柄の情報

ドローン関連銘柄について検索している方に対して、ドローン関連銘柄に関する情報を総合的にまとめて紹介する。

ドローン関連銘柄を徹底分析

ドローン関連銘柄

GOOGLEが2017年にドローン宅配を行うといった発表からも、いよいよドローンが本格的に普及する段階まで来ている。

それに伴い、ドローン関連銘柄に対する注目も急増しているので、今回俺がドローン関連銘柄に関する情報を徹底的に分析した結果を是非チェックしてみて欲しい。

ドローン関連銘柄とは?

ドローン関連銘柄とは、今、世界的に関心が高まっているドローンの開発や生産に携わる企業や、ドローンに搭載されるパーツやドローンと組み合わせて使用される機器の開発など、ドローンに関連する事業を展開している上場企業のことを指す。

東証一部、東証二部、ジャスダック、マザーズなどの市場には数多くのドローン関連銘柄が存在しており、既に早耳な投資家達からの注目を集めており、短期的にも、長期的にも大きな利益を狙うことができるテーマ株としてドローン関連銘柄は認知され始めている。

ドローン関連銘柄の魅力

ドローン関連銘柄は、次世代の新たなテクノロジー技術として実に様々な分野において活躍が期待されており、企業としても、マーケットとしても高い成長性をもっていることがドローン関連銘柄の魅力だ。

日経BPクリーンテック研究所が発表した予測によれば、日本国内におけるドローン市場の規模は2030年には1000億円に達すると言われており、ドローン先進国である米国では、今後10年でドローン産業は約10兆円の経済効果を生み出すという予測も出ている。

その他にも、ドローン関連銘柄の魅力として、まだ始動し始めたばかりのマーケットに位置する銘柄となるからこそ、ドローン関連銘柄が様々な材料性を秘めている点も挙げることができる。

材料性が高いドローン関連銘柄

当株ブログを愛読して頂いている情報通な方であれば、既にご存知かと思うが、2015年11月2日にロイターから「googleが2017年にドローン配送を開始」という、ドローン業界における超大型材料が正式に発表された。

また、日本国内でも、政府による新産業育成政策で「ドローンを利用した宅配サービスの商用化」を目指すという発表が出ている。

国土交通省では「ドローンや自動制御のショベルカーなど、最先端技術の利用を義務づける検討に入った」という報道も確認済みだ。

このようにして、大企業がドローン事業に本格的に取り組んでいるという事実に加え、政府がドローンの実用化、商品化を想定した動きを見せていることからも、近い将来、数年以内にはドローンが我々の日常生活の一部として爆発的に普及していくことを読み取ることができる。

そして、上記の材料以外にも、各種ドローン関連銘柄に該当する企業自体からも、様々なIRや材料が発表されていくことにも期待でき、ドローン関連銘柄の将来的な株価上昇に強い期待が持てる。

今後、非常に大きな経済効果を生み出すであろうドローンマーケットで成功をおさめるために、ドローン関連銘柄企業は技術の開発やドローンの商品化に向けて本格始動しているのだ。

多様性を秘めたドローン関連銘柄

ドローン関連銘柄には様々な企業があり、これはドローンの多様性を物語っているという捉え方もできる。

ドローンは農林水産業・行政機関・警備監視・点検・計測・撮影・輸送物流・危険区域作業・土木工事・玩具など、実に幅広い分野での需要があり、それぞれに特化したドローン関連銘柄も存在している。(詳しくは下記のドローン関連銘柄一覧にて紹介していく。)

具体例を挙げるなら、原発事故による福島県の避難区域をはじめとした、人間が立ち入ることができない区域での災害救助や復興支援などの作業における需要があり、ここに携わるドローン関連銘柄は重要だ。

その他にも、ドローンに搭載したカメラを利用した空中撮影を活かしたテレビ番組や映画、東京オリンピックのスポーツ中継の需要もあり、これらに食い込むドローン関連銘柄も注目度が高い。

googleが2017年に開始するドローン宅配も非常に注目度が高いが、ドローンに広告看板やチラシを載せて街中を飛行するといったような新たな広告(気球や飛行船型広告の進化版)、海外で既に開催されているようにドローンを用いたレースやバトルなど、趣味玩具としての可能性など、ドローンは非常に高い魅力を誇っており、これらに特化したドローン関連銘柄も今後、新たに表舞台に上がってくることが予測できる。

このようにして、「需要が高い=企業の成長性に繋がる=株価上昇」といった、株式投資の基本中の基本である方程式にも当て嵌めて考えることができるため、ドローン関連銘柄は株式投資市場で大きな注目を浴びていくテーマ株になると期待している。

ドローン関連銘柄一覧

ドローン関連銘柄リスト

それでは、ドローン関連銘柄として具体的な個別銘柄を下記に紹介していく。本命のドローン関連銘柄からこれから注目しておくべきドローン関連銘柄までこの機会に把握しておくとよいだろう。

本命のドローン関連銘柄

数多くあるドローン関連銘柄の中でも、ドローン関連銘柄の代表的な銘柄としてドローン市場のど真ん中に位置する本命のドローン関連銘柄を紹介する。

【3444】菊池製作所

『本命のドローン関連銘柄と言えば菊池製作所だ。ドローン関連銘柄の象徴的な銘柄として絶対に把握しておきたい。日本国内におけるドローン研究の権威でもある千葉大学の自律制御システム研究所の野波健蔵特別教授と共同でドローンの量産を開始するという発表を出しており、福島県に置かれた工場で年内に400機を製造するといった計画も。放射線計測などにおいてもドローンの需要があり、復興支援+国策+ドローン関連銘柄という認識で、ドローン関連銘柄の中でも株価上昇を支える裏付け要素が多い本命株だ。』

【7272】ヤマハ発動機

『ヤマハ発動機もドローン関連銘柄として期待できる企業だ。オートバイで有名なだけではなく、世界ではドローン関連企業としても非常に有名。農業向けに農薬散布用途で利用されている無人ヘリコプター型のドローン(RMAX)の使用が2015年5月にアメリカで認可された実績も持つ。広大な土地を持つアメリカ農家は、これまでの歴史の中でもいちはやく機械化農業を取り入れるなど、新たなテクノロジーを導入することに寛大だ。今後、アメリカをはじめとした大規模農家に幅広く利用されていくことに期待がもてる本命のドローン関連銘柄だ。』

【7732】トプコン

『土木工事・農林水産・測量計測の分野に特化したドローン関連銘柄はトプコンだろう。ドローンとの組み合わせで空中撮影した画像から広範囲の地形図を作成することができる3D画像計測統合ソフトウェアを販売しており、ドローンの特性である空中撮影という利点を最大限に活かす役割を果たすトプコンの3D画像計測統合ソフトウェアは、今後、ドローンとの組み合わせで幅広く利用されていくことが予測できる。直近1ヶ月(2015年10月〜11月)のチャートでも株価は既に右肩上がり気味となっているので、押し目を狙った利益獲得戦略で攻めたいドローン関連銘柄。』

【2331】総合警備保障

『ALSOK(総合警備保障)のオフィシャルホームページにも記載されているが、ALSOKはドローンへの取組みを積極的に行っている警備・監視・セキュリティ分野に特化したドローン関連銘柄だ。以前からドローンの可能性に注目している企業であり、同社の主事業である警備サービスへのドローン利用はもちろん、2014年10月には空撮分野以外で国内初となるドローンによるメガソーラー施設向けサービスを開始するなど、ドローンの有効活用に非常に前向きな企業。またドローン悪用に対する警備対策やセキュリティにも専門的な強みを発揮することが期待できる注目のドローン関連銘柄だ。』

【2667】イメージワン

『ドローン関連銘柄を語るうえで、イメージワンも外せない企業だ。2011年4月という早い時期からマイクロドーンズ製の小型無人飛行器UAVであるMD4-200とMD-4-1000の2種類のドローン関連製品を販売している。同社UAVの製品は、事前に決められたドローンの飛行ルートに従って自動飛行を行い、指定した撮影ポイントでドローンに搭載したカメラやビデオによる自動撮影ができる仕組みとなっている。』

【3681】ブイキューブ

『ブイキューブは、パイオニアVC株式会社とパートナー企業してドローンを活用した新たなコミュニケーションスタイルの実現を目指した実証実験に取り組んでいる点からも、ドローン関連銘柄として今後注目が高まる可能性が考えられる。また、ドローンの商用利用に必要不可欠な技術開発を行うRapyuta Robotics株式会社(ラピュータロボティクス株式会社)に出資を行っている点にも注目しておきたい。』

以上、ドローン関連銘柄に関する情報をまとめてみた。

当株ブログの記事を読むことで、ドローンに対するイメージや偏見を無くし、ドローン関連銘柄に対する期待できる理由が少しでも伝わったとすれば幸いだ。

日本国内ではドローンに関する報道がやや偏っていることがらも、多くの方がドローンに対して「首相官邸に落下した危険物」「犯罪利用されるテクノロジー」「ドローンは怖い」という、マイナスな印象を持っているのではないだろうか。

しかし、あの事件の後に、ドローンに対する法案整備も進んでおり、現在では日本政府からドローン宅配の商用化を目指すという発表も出ており、ドローンが我々の日常生活に普及する下準備が着実に整えられ始めているのだ。

ここから先は俺がイメージする未来予想だが、ドローン宅配を開始するgoogleに触発され、国内でも日本郵政や楽天、AMAZONなどの大企業がヤマトや佐川のような宅配企業と協力してドローン宅配を開始することも有り得るだろう。

その際には、これから高い技術力と実績を築いていくドローン関連銘柄のいずれかがそこに加わり、長期的には株価10倍のテンバガー銘柄に化けるドローン関連銘柄が表れる可能性もある。

ドローンが我々の日常生活の一部になる日はもう目の前にあるのだ。

LINE@

現在、株王獅子丸のLINE@を配信している。
ブログだけでは明かせない独自の仮想通貨&株情報に加えオススメの仮想通貨や注目のICO、株銘柄などを定期的に配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも登録してもらいたい。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

出川哲朗のTVCMでもお馴染みのコインチェックは使いやすさNo.1の仮想通貨取引所。
初めて仮想通貨を行う人でも直感的な操作ですぐに仮想通貨投資を始めることができる。
取り扱い通貨はビットコイン・リップル・イーサリアムを筆頭に10種類以上と豊富で、そのほとんどが大きく上昇しているのも大きな魅力。
保証サービスもついているため安心感は抜群。
初めての仮想通貨口座開設にまずコインチェックを開設しておこう。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内大手の仮想通貨取引所として大人気のビットフライヤーも忘れずに無料開設しておこう。
ビットフライヤーでは2017年に100倍の急騰を達成したモナコインを買うことができるのが魅力。その他にもこれから急上昇する可能性が高いコインが取り扱われている。
普段の買い物や旅行でもビットコインをもらうことができるお得なサービスもついているため、無料でビットコインを集めることもでき、安心の保証サービスもついている。
仮想通貨は取引所によって取扱のあるコインがそれぞれ違うため、複数の取引所のアカウントを持っているほうが絶対的に有利だ。



ザイフは他取引所と同じくビットコイン売買を中心とした取引も盛んであり、ザイフならではの独自機能としたモナコインによる信用取引やザイフトークンなどの売買も高い人気を集めている。



バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所だ。取扱コイン数の豊富さが魅力であり、日本国内の取引所ではまだ取扱われていない今後100倍期待の仮想通貨を購入することができる。たった数日で5倍から10倍に短期急騰するコインも数多くあるので、必ず口座開設はしておくべきだろう。



Kucoin(クーコイン)は、バイナンスを凌駕する勢いで1日10万人以上が新規口座開設をしている人気急上昇中の取引所。日本語対応にもなっており、初めて海外取引所を利用する初心者の方でも使いやすいと口コミ評価も高い。日本国内の取引所では売買することができない海外有望コインの売買をすぐに行うことができるので、今なら海外との情報格差の無い世界水準の利益を先回りして得ていくこともできる。仮想通貨はスピードが命。今のうちに必ずKucoinの無料口座開設はしておくべきだ。

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。