データセンター関連銘柄 注目銘柄を紹介

ごきげんよう、株王獅子丸だ。調子はいかがだろうか?
現在では、世界中でシステム化が進んでいる。それを支えているのが「データセンター」だ。これがあることで、コンピュータを使った作業もスムーズにできているのだ。そこで今回は、データセンターの内容と関連株について紹介していく。

データセンター

board-453758_960_720

データセンターとは、コンピュータに関するサーバや通信装置などを設置したスペースのことだ。分かりやすく言うならコンピュータシステムの「核」となる部分だと言っても良いだろう。これがあることで、コンピュータをとても便利に使える。

例えば、地震などが起こりコンピュータのデータが飛んでしまったというときであっても、データセンター内にあるサーバがバックアップをとってくれてたおかげで、仕事への支障も最小限に抑えられるため、大損失を防ぐことも可能だ。

また、ネット通信においてもこれがあることで、スピーディーな速度で利用できるという面もあり、現在ではなくてはならない存在になっている。そのため、現在ではたくさんの会社が利用しているのだ。今後も、インターネットは無くならないことが予想されるため、なくてはならないはずだ。

アメリカのクラウドサービスがデータセンター開設へ

paris-674964_960_720

アメリカでも、日本と同じようにクラウドサービスは進んでいる。そんななか、クラウドサービスを運営している「Virtustream」は、日本のデータセンターから自社のサービスを広げていくということが発表された。

しかも、すごいのが「NTTコミュニケーションズ」や「EMCジャパン」の大手と協力するということだ。これが実現することで、日本にまた新たなサービスが広がっていく可能性もあり、今後のコンピュータ事情も少し変わってくるかもしれない。

また、NTTコミュニケーションズと言えば、国内の通信業界においてとても強い力を持っている。そのため、今後は業界内の勢力図も一気に変わるかもしれない。日米両国の個性が出ることを期待している。

富士通が重大発表!

berlin-86190_960_720

データセンター施設内で使われている「光モジュール」について富士通から重大発表がされた。なんと、データ通信を現在の消費電力量と比べ30~55%で動作できる回路を開発したというのが分かった。

しかも、トロント大学との共同開発ということもあり、とても期待できる。これが実現されれば、データ通信速度を上げることもできるし電気代も場合によっては安くなる。そのため、仕事の効率化やコストカットにもつながるだろう。

特に、今後の日本では人口も減っていくため、業界によっては企業の売上も下がるところが増えていくことが予想される。しかも、現在では従業員を減らしている会社も多い。そういう場所にとっては、このシステムは役立つと言えるだろう。

注目のデータセンター関連銘柄

株式市場に多数存在するデータデンター関連銘柄の中から俺が注目している銘柄を紹介するのしっかりチェックしてもらいたい。

【1959】九電工

「九電工」では、データセンターの構築などを行っており、放送局や通信局などをはじめ、たくさんの場所で活躍している。福岡に本社を持っている会社だが、従業員数は6000人を超える。そのため、安定性もあると思いおすすめした。

【2768】双日

「双日」もデータセンター事業を行っている。しかも、現在では事業を拡大しているため、今後も期待したい会社だ。しかも、データセンターの事業を行ってもうすぐ10年経とうとしているため、安定した運営が続いていると言えるだろう。

【3778】さくらインターネット

創業20年と割と浅い企業が「さくらインターネット」。ただ、グループ企業もたくさん持っており割と安定性もある。さらに、データセンターなどシステム関連についてのエキスパートも集まっていて、業界内でも信頼している会社だ。

【4307】野村総合研究所

「野村総合研究所」と言えば、色々な調査をしている会社というイメージを持っている人もいるだろう。しかし実は、自社でデータセンターも運営しているのだ。さらに、「野村ブランド」と言うのはやはり大きい。今後も活躍するだろう。

【4689】ヤフー

「ヤフー」と言えば、インターネットを日本に広めた企業だと言っても良いだろう。ヤフーは「IDCフロンティア」と協力してデータセンターの運営をしている。今後もヤフーが処理するデータ量も増えることが予想されるため重要な企業となるだろう。

【6501】日立製作所

「日立製作所」は、まさに「何でも屋」と言っても良いほどあらゆる事業を展開している。もちろんデータセンターも自社で運営しており、各部門に生かしていることだろう。今後も、事業間同士の相乗効果により会社は成長するはずだ。

【6702】富士通

最後に紹介するのが「富士通」だ。この会社は、まさにシステムに特化した大企業だと言っても良いだろう。エンジニアも充実しており、すぐに対応してくれるイメージだ。今後は、どれだけ多くの企業にデータセンターを提供できるかが勝負だろう。

まとめ

kunsthalle-weishaupt-829511_960_720

データセンターは、今後も増えていくことが予想される。やはり、インターネットを使うのが当たり前になっている世の中になっている以上、見えないゴールに向かってシステムの進化が続くだろう。今後は、データセンターの運営や内容がどう変わるか見ていきたいと思う。

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です