デジタルポスト関連銘柄が始動開始

デジタルポスト関連銘柄

読みが当たった。

遂にデジタルポスト関連銘柄が動き出した。この時を待っていた。

先見性の高い投資家の方は昨年のうちから【2352】エイジアや【2321】ソフトフロントなどのデジタルポスト関連銘柄に玉を仕込んでいたかと思うので、この株価上昇を待っていた方も多いだろう。

もちろん俺も、昨年2015年9月10日に当ブログでデジタルポスト関連銘柄について取り上げた時から追い続けていたので、本日の急騰の恩恵を掴むことができた。

デジタルポスト関連銘柄の株価が軒並み上昇し始めた大きな要因は、先日1月14日、日本郵政グループからデジタルメッセージサービス「MyPost(マイポスト)」がテスト的に提供を開始するという発表が公式に出たことを好材料と捉え、相場が敏感な反応を見せている。

このように、材料発表による急騰こそが、テーマ株へ中長期投資を行う醍醐味だと改めて実感。

デジタルポスト関連銘柄一覧

上述したように、日本郵政グループがプレスリリースを出したデジタルメッセージサービスの名称は、マイポストと名付けられており、今後、デジタルポスト関連銘柄、マイポスト関連銘柄といったテーマ株として下記に紹介する銘柄に相場の関心がさらに集まっていく予感がしている。

【2352】エイジア

「デジタルポスト関連銘柄として本日1月15日にも注目が急増しているのがエイジアだ。同社のオフィシャルホームページでも公式ソースを確認することができるように、デジタルポスト株式会社が提供するデジタルポストサービスのために、メール共有管理システムWEBCAS mailecenter及びメール配信システムWEBCAS e-mailを提供しており、デジタルポスト社とかなり密接な関係にあるデジタルポスト関連銘柄だ。」

【4845】フュージョンパートナー

「上記に紹介したエイジア株を大量保有しているのがフュージョンパートナー。公式なソースでは、エイジアとの業務提携に向けた検討のためにエイジア株を大量保有しているという情報が確認できる。エイジアと共にデジタルポストサービスに関わってきそうな注目のデジタルポスト関連銘柄として注視している。本日1月15日にも多くの投資家から注目を浴びている様子がうかがえ、日経ラジオでも大きく同社が取り上げられていたこともあり、1月15日以降の注目が増えることも予測できる。」

【2321】ソフトフロント

「昨年9月に書いた記事でも紹介しているが、デジタルポストサービスの核となるデジタルポスト株式会社への出資を行っているのがソフトフロント。公式なソースからもデジタルポスト株式会社の大株主としてハッキリとソフトフロントの存在を確認することができる。デジタルポストサービスの普及や関連材料の発表の際にはいち早く株価に反応を示すデジタルポスト関連銘柄だ。絶対にチェックしておくべきだろう。同社の取締役副社長である佐藤健太郎氏はデジタルポスト株式会社の取締役として名を連ねていることも面白い。」

【3753】フライトホールディングス

「フライトホールディングスもデジタルポスト株式会社に出資を行い株主として君臨しているデジタルポスト関連銘柄だ。デジタルポスト株式会社の取締役として同社の執行役員である金浩樹氏の名前も確認することができる。日本郵政のマイポスト、デジタルポスト株式会社といったキーワードが同社の株価変動の鍵を握っているのではないだろうか。1月14日のマイポストの材料発表で当然同社も株価が急騰している。」

【7814】日本創発グループ

「日本創発グループもデジタルポスト株式会社の主要株主であり、その他のデジタルポスト関連銘柄と同じく1月14日に日本郵便から出たマイポストに関する発表を材料として力強い買いが入ったことが観測出来る。今後も注目のデジタルポスト関連銘柄だと言えるだろう。」

【3113】Oakキャピタル

「デジタルポスト関連銘柄を語るうえでOakキャピタルも絶対にはずすことができない銘柄だ。その根拠として、デジタルポスト株式会社の最高顧問はOakキャピタル代表取締役会長兼CEOである竹井博康氏であり、同じくデジタルポスト株式会社の監査役にもOakキャピタル取締役管理本部長兼財務経理部長である秋田勉氏が名を連ねている。そしてもちろん、同社はデジタルポスト株式会社の大株主でもある。」

デジタルポスト株式会社

上記に紹介した銘柄がデジタルポスト関連銘柄であることを裏付ける根拠のひとつとして、デジタルポスト株式会社のオフィシャルホームページの企業情報ページには下記の情報が記載されている。少なくともこれらのオフィシャルソースを掘り下げていくことで、主要なデジタルポスト関連銘柄を探ることはできる。

会社名デジタルポスト株式会社
設立年月日2011年(平成23年)9月9日

◆株主構成
Oakキャピタル株式会社43.82%
株式会社ソフトフロント26.22%
株式会社フライトホールディングス14.98%
東京リスマチック株式会社14.98%

◆人的構成
代表者代表取締役社長 磯村康典
役員・顧問取締役会長 宇田好文(元NTTドコモ代表取締役副社長)
代表取締役社長 磯村康典
取締役 細田和宏
取締役 佐藤健太郎(ソフトフロント取締役副社長)
取締役 金浩樹(フライトホールディングス執行役員)
監査役 秋田勉(Oakキャピタル取締役管理本部長 兼 財務経理部長)
監査役 伊藤祐之(公認会計士)
最高顧問 竹井博康(Oakキャピタル代表取締役会長兼CEO)

◆主要取引先
・印刷・郵送インフラ
日本郵便株式会社
富士フイルム株式会社及びグループ会社
東京リスマチック株式会社

・IT基盤・セキュリティ
株式会社日立システムズ
ニフティ株式会社
合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ

・決済
三菱UFJニコス株式会社
ソフトバンクペイメントサービス株式会社
楽天株式会社
株式会社ネットプロテクションズ

マイポスト関連銘柄

1月14日に日本郵便から発表されたマイポストに直接的に関わるマイポスト関連銘柄については現在スクリーニング中だ。こちらのマイポストに関する発表の内容から、気になるキーワードを掘り下げて調査している。このマイポストサービスを動かすのが、日本郵政グループであること、そして政府による電子私書箱検討、マイナンバーと電子私書箱、デジタルポスト、マイポストの関連性など、この先まだまだ面白い銘柄が出てきそうな予感がしている。

デジタルポスト関連銘柄に中長期投資

以前からこの株ブログの読者を愛読して頂いている方であれば、既にご存知かと思うが、俺の基本的な投資スタイルである中長期投資にデジタルポスト関連銘柄は向いていると感じている。この先まだまだ大きな材料性を秘めていること、日本郵政グループ、政府などといった大きな影響力をもった機関との関連性があること、実際に我々の日常生活にデジタルポストサービスが馴染みやすいモノだと感じていることなどからも、堅実な投資対象として今後も本命視していくつもりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。