サイバーセキュリティ関連銘柄 注目銘柄とは?

投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう
現在では当たり前のようにコンピュータを使い快適な生活を送っている。ただ、なかにはウイルスなどを送り込むなどし、コンピュータデータを破壊されることも。それを防ぐのが、「サイバーセキュリティ」だ。そこで今回は、「サイバーセキュリティ」業界で注目したい銘柄を紹介する。

サイバーセキュリティ

hacker-1944688_960_720

「サイバーセキュリティ」とは、コンピュータへの不法侵入を防ぐためのセキュリティだ。ウイルスを送り込まれたり、情報を読み取られるという行動を未然に防ぐことで、情報漏洩などをなくすことを指す。

具体例を挙げると、セキュリティソフトを使った防御だ。しかし、最近ではコンピュータへ侵入する手法が巧妙化されており、既存の「サイバーセキュリティ」では、守れない場合も起こっている。

そのため、いかに速い速度で、サイバーセキュリティの技術を向上させていくかもポイント。日本では、2016年からマイナンバー制度も導入された。部外者がコンピュータ内に侵入されると、国民の情報がばら撒かれる恐れもある。世界中から、情報を狙われているという意識を持ち、情報管理をしていってもらいたいものだ。

深刻なECサイト被害

hacker-1952027_960_720

インターネット上で、買い物など売買を行えるサイトのことを「ECサイト」というが、その被害が多いことが分かった。トレンドマイクロの調査によると、半数近くがサイバー攻撃を受けたことがあると答えたのだ(2016年12月27日~28日調査)。

しかも、そのうち70%近い人が、実際に被害を受けた経験があるのだ。つまり、全体の35%近くの人が、被害に遭っているということになる。よって、私たちにも身近なものであるということを意識しておかなければならないだろう。

特に、最近ではブログなど自分のホームページを持っている人も増えている。そのため、場合によっては更新したものが書き換えられたりして、自らのイメージを損なってしまう恐れもある。サイバーセキュリティをしっかりすることで、いくつかは防げるだろう。

ワードプレスも被害をたくさん受けている!?

cyber-glasses-1938449_960_720

ブログ更新やホームページ作成のツールとして、最近使用されているのが「ワードプレス(WordPress)」だ。アフィリエイトをやっている人は使っているかもしれない。実は、ワイドプレスに脆弱性があるという情報が何者かによってばら撒かれた。しかも、そこから5日間で3000件近い攻撃を受けていることが分かった。

つまり、ワードプレスを使っている人たちも、他人ごとではないことを認識しておかなければならないだろう。今後も、今以上に協力性を持つウイルスなどを生み出し、サイバー攻撃をしてくる人たちも増えることが予想される。

また、現在では「情報戦争」と呼ばれる言葉もある。これは自分の情報を守り、相手の情報を錯乱させるかで自国が勝っていくというものだ。今後も、ますます白熱していくことだろう。

注目のサイバーセキュリティ銘柄

俺が注目しているサイバーセキュリティ銘柄を紹介するので参考にしてもらいたい。

【4344】ソースネクスト

格安なウイルス対策ソフトを販売しているのが「ソースネクスト」だ。1980円払ってダウンロードしてしまえば、そのパソコンが壊れない限りは無制限に使うことができる。今後も価格破壊をしてくれるのではと注目している。

【3676】ハーツユナイテッドグループ

ハーツユナイテッドグループは、実際にコンピュータ内部の不具合などについて調べてくれ、それに合った製品をアドバイスしてくれる会社だ。そのため、頼りになる会社だと言えるだろう。コンピュータに詳しくない人は助かるはずだ。

【2326】デジタルアーツ

情報漏洩を防ぐことをメインに事業を展開している会社が「デジタルアーツ」だ。ホームページを見る以上、企業だけではなく官公庁や学校向けに製品を販売していることが予想できる。そのため、大口の取引先も多そうだ。

【2327】新日鉄住金ソリューションズ

金融から製造まで、色々な業種の会社に対応したシステムを提供するのが「新日鉄住金ソリューションズ」だ。会社の規模が大きいため、簡単にはつぶれないはず。安定性を長期的に求める人は、ぜひ検討してほしい会社だ。

【3788】GMOクラウド

ここ数年で存在を出してきたのが「GMOクラウド」だ。GMOグループといえば、たくさんの会社を持っているため、この会社が他社へ売却されない限りは安全だろう。しかも、メジャーになりつつある「クラウド」の形態に対応しようとしているため、時代と完璧にマッチすれば頼もしい会社だ。

【3762】テクマトリックス

テクマトリックスも情報セキュリティソフトなどの販売を行っている会社だ。ここの会社は、たくさんのスポンサーと、大きなイベントを開くこともしている。しかも、その内容には有名人を読んでのトークショーなども行っているため、存在感が大きい会社だと思う。

【4704】トレンドマイクロ

最後に紹介するのが「トレンドマイクロ」だ。長年、セキュリティソフトを提供している会社として有名で、競合他社のなかでも販売実績は相当高い。主力商品でもある「ウイルスバスター」は、今後も世の中に広め続け活躍してくれるだろう。

まとめ

grid-871475_960_720

コンピュータを使用し、事業を起こしている人はサイバーセキュリティの利用は必須だ。しかも世界中でコンピュータが使われ始めているため、今後も需要は広がると見ている。サイバーセキュリティ関連銘柄を購入する際は、何がトレンドなのかしっかりと把握する必要があるだろう。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。



▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です