コンセッション関連銘柄

コンセッション関連銘柄1

アベノミクスの成長戦略でも語られているコンセッション方式は文字通り国策となる。そこに色濃く関わるコンセッション関連銘柄についても知識を深めていこう。

コンセッション方式とは?

コンセッション方式がどのような仕組みなのかまずは理解しておこう。

公共施設等運営権制度

コンセッション方式(公共施設等運営権制度)とは、収益性のある公共施設関連の運営事業に関して、所有権は公的機関としたまま民間の事業者が公共施設の運営を行う制度のことを指す言葉だ。

インフラ関連がコンセッションの本命

コンセッション方式では、主に高速道路、空港、上下水道などの公共施設が対象となる見込み。いずれも利用に対して料金徴収が発生する収益性のある公共事業だ。これらの公共施設の運営を民間事業者が行うことで、新たなサービスの充実と大きなマーケットが生まれる可能性も高い。そこに関わるコンセッション関連銘柄は是非ともチェックしておきたい。

コンセッション方式の運営権

コンセッション方式において、民間事業者は公共施設の事業を運営することができる権利となる【運営権】を購入し、公共施設の運営を行っていく。つまり、コンセッション関連銘柄としてあがるのは、この公共施設の運営権を購入する企業や、運営権を購入した企業と関連の強い企業となる。市場からの関心も必然的にコンセッション関連銘柄に集まるだろう。

コンセッション方式のメリット

コンセッション方式が現実に導入されると、一体どんなメリットが生まれるのか考えてみよう。またコンセッション関連銘柄にどのような影響を与えるのかも考察していく。

公的機関のメリット

コンセッション方式において、発注者にあたる公的機関のメリットは、民間の事業者に公共施設の運営を任せる事で、財政の負担が軽減されることが挙げられる。その他にも、公共施設の整備や維持・管理にかかる費用を軽減したまま公共施設を所有することができる。民間の事業者(コンセッション関連銘柄企業)に販売した運営権の対価として収益を得ることもできるのがメリットになってくるだろう。

民間事業者のメリット

民間事業者がコンセッション方式においてどのようなメリットがあるかというと、これまでは公共施設の運営と言えば、公的機関のみが行うことができる特権であり、公共施設の運営を行いたくても不可能とされていた。それがコンセッション方式の導入により民間事業者が公共施設を運営することができるようになると、マーケットとして新しい市場が確立され、民間事業者がもつ経営ノウハウを活かすことで、公共施設の収益を大幅に伸ばすことができる可能性を秘めている。利用者にとっても、サービスの充実が図られるため、公共施設の存在価値がこれまでとは違った高い付加価値がつくモノに成り得る可能性も。こういった背景からも、コンセッション関連銘柄は高い成長性を秘めることになる。

アベノミクスの本命コンセッション

アベノミクス及び成長戦略における目玉として注目されているコンセッション方式。その中でも、特に収益性の向上の可能性を持つ空港事業。仙台空港、関西空港など地方の空港がコンセッションと強く関連する可能性をもっている。これらの事業に携わるコンセッション関連銘柄は絶対にチェックしておくべき国策銘柄となるだろう。

コンセッション方式と特区

政府によるコンセッション方式と経済特区のダブル戦略が実現すれば、アベノミクスの第三の矢と言われている地方創世が本格化するだろう。2020年の東京オリンピックの影響からも、全世界中から日本に注目が集まる今だからこそ、地方の経済の活性化や再生を行うまたとないチャンスが到来する。コンセッション関連銘柄はこれらの恩恵をダイレクトに享受することでその株価も大幅に上がることが考えられる。

空港関連コンセッションの動画

コンセッション方式や空港事業のコンセッションに関する動画もチェックしておくとよいだろう。

コンセッション関連銘柄の数々

コンセッション方式の導入によりコンセッション関連銘柄の候補となるのは具体的にどのような企業なのか考えてみると、やはりコンセッションの主な対象として挙げられている空港関連銘柄、道路関連銘柄、水道関連銘柄、インフラ関連銘柄などが中心となってくるだろう。

本命のコンセッション関連銘柄

個人的に、どの個別銘柄がコンセッション関連銘柄の本命となってくるかだいたいの目処と察しはついてきている。

もったいぶるわけではないが、コンセッション関連銘柄として注目しておきたい個別銘柄の情報は後日また、この株ブログに書いていきたいと思う。楽しみにお待ち頂きたい。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。