KLabの決算【本命ソーシャルゲーム関連銘柄】

  • 2,407,536 人のブログ訪問に感謝!

本命ゲーム関連銘柄KLab

FISCOソーシャルレポーターとして当記事の一部をFISCO公式WEBサイト及びFISCOアプリ(Apple版・Android版)に掲載中。

決算間近のソーシャルゲーム関連銘柄として、KLab【3656】を取り上げたい。

KLab【3656】は、スマートフォン用のソーシャルゲームやゲームアプリの開発や販売を行っている企業で、個人的にも本命のゲーム関連銘柄として以前から注目をしている銘柄となるため、明日の決算発表が待ち遠しい。

KLabの決算発表に関する情報や、事業内容、提供するコンテンツサービスの詳細を分析、本命のソーシャルゲーム関連銘柄であるKLabの株価動向を徹底解析していく。

KLabの決算は明日

KLabの決算01

2015/08/06KLab株主半期フォーラム(予定)

2015/08/06第2四半期決算説明会(予定)

2015/08/06第2四半期決算発表(予定)

KLabのオフィシャルホームページに掲載されているIRカレンダーによれば決算発表については上記の予定となっている。

話題性の高い株テーマであるソーシャルゲーム関連銘柄の中でも、本命として中心的存在であるKLabを狙っていくうえで、明日の決算発表はシッカリとチェックしておきたい。

本命ソーシャルゲーム関連銘柄を徹底解析!

本命のソーシャルゲーム関連銘柄として、KLab【3656】の株価動向、企業情報、展開する事業の詳細や特色について分析した。

KLabに関する知識を深めていきたい方に是非チェックして頂きたい。

本命ゲーム関連銘柄01

ソーシャルゲーム関連銘柄が注目される理由

近年、IPHONEやアンドロイドなどのスマホ端末の普及が爆発的に拡大したことで、スマホを利用して遊ぶことができるソーシャルゲームの利用者数も増加し、市場も急速な勢いで成長している。

現在では、ソーシャルゲームの開発に携わるソーシャルゲーム関連銘柄企業から次々と新しいソーシャルゲームが発売され、テレビCMも派手に放送されていることからも、ソーシャルゲーム市場の売上規模は非常に大きく、その利益率も非常に高いものとなっている。

人気のゲームタイトルがブランディングされ、アニメや漫画とのタイアップによるゲーム、ファミコンやプレイステーションで過去に人気を博したゲームの移植など、多種多様なソーシャルゲームが増加し、スマホ利用者に利用されており、今後さらなる成長性を秘めたマーケットであることからも、KLab【3656】をはじめとしたソーシャルゲーム関連銘柄は株式投資市場から大きな注目を集めている。

KLab【3565】の株価チャート

KLab【3565】の株価チャートだ。

本日8月5日の株価チャートの動きを分析すると、明日の決算を前にして、決算期待の思惑買いともとれる値動きも考察することができる。

本命のソーシャルゲーム関連銘柄だからこそ、市場の期待も大きいことがうかがえる。

ソーシャルゲーム関連銘柄の本命になる理由

本命のゲーム関連株01

ミクシィ【2121】、ディーエヌエ【2432】、ユナイテッド【2497】、グリー【3632】などその他にも数多くの銘柄を挙げることができるソーシャルゲーム関連銘柄というテーマの中で、KLab【3656】を本命視している理由は、KLabが提供するゲームの質の高さを評価しているからである。

KLabの手がけるソーシャルゲームコンテンツは、アニメカルチャー、漫画カルチャーとリンクするゲームが多く、それぞれの分野で根強いファン層を獲得しており、アニメ・漫画・ゲームといった各分野でお互いにコンテンツの価値を高めあっているということが最大の特徴だろう。

スマホゲームの数は日に日に増加しており、その中には価値の無いくだらないゲームも数多くある。

このような中で、人気の漫画タイトルやアニメタイトルとのタイアップによるゲームを開発することができるKLabは、他のソーシャルゲーム関連銘柄が持たない魅力を持っており、競争が激しいソーシャルゲーム業界のなかで、勝ち残っていく企業になるはずだ。

ゲーム関連銘柄としての特徴

本命のゲーム関連株02

明日の決算発表を控えるKLabが手がけるゲームの特徴として、

「ラブライブ!」

「BLEACH(ブリーチ)」

「キャプテン翼」

「幽遊白書」

など、人気アニメや人気漫画をゲーム化したスマートフォンゲームを手がけている点に注目しておきたい。

KLabが提供するこれらのゲームは、既にアニメや漫画で熱烈なファン層を生み出している人気のコンテンツをゲーム化しているということで、今後のダウンロード数の続伸にも期待ができる。

日本のアニメ文化や漫画文化は、海外から「COOL JAPAN(クールジャパン)」と呼ばれており、世界中にファン層をもつ作品も多い。

特にブリーチ(BLEACH)は、海外での人気が高いため、今後、KLabが手がけるスマートフォン用ゲームが国内だけでなく、海外にも拡がり、利用者数・ダウンロード数が飛躍的に伸びる可能性もあることに期待ができる。

明日の決算を前にして、ここ数日間の出来高、材料性、話題性、世界展開への期待からも、KLab【3656】は本命のソーシャルゲーム関連銘柄として引き続き注目していきたい。

KLabのゲーム事業を分析

ゲーム関連銘柄を分析

KLabが主事業として展開する各種スマホアプリ、スマホゲーム、ソーシャルゲームの特性やコンテンツの内容、サービスの特性を分析することで、KLabの株価動向や業績を予測するための材料として考えていくことができる。

BLEACH Brave Souls

本命ゲーム関連銘柄KLab01

爽快な3D斬撃アクションでダウンロード数を伸ばしているBLEACH(ブリーチ)は、週刊少年ジャンプで連載を続けている人気漫画のスマートフォン用ゲーム。

漫画に登場する人気キャラクターを自由自在に操作し、育成することができるなど、やり込み要素が強いゲームだ。

ゲームの元ネタになっているBLEACHの漫画は、海外でも人気が高い作品であるため、ゲームコンテンツを世界に向けてリリースすることができるスマホアプリマーケットの特性からも、BLEACHを皮切りにKLabのソーシャルゲームが国内だけではなく、海外でもダウンロード数を伸ばしていく可能性も充分に考えられる。

本命のゲーム関連銘柄であるKLabの今後の株価動向や業績を分析していくうえで、KLabが提供するスマホゲーム「BLEACH」は明日発表されるKLabの決算内容にも影響力のあるコンテンツとして、今後の世界展開にも注目しておきたい。

スマホゲームについて疎い方は、KLabの人気ゲーム「BLEACH」のプロモーション動画もチェックしておくと、KLabの事業内容やサービス内容がよくわかるはずだ。

ラブライブ スクール アイドル フェスティバル

本命ゲーム関連銘柄KLab02

KLabがメイン事業として展開するソーシャルゲーム事業の中で、KLabの収益に大きく貢献しているゲームコンテンツとなるのが「ラブライブ スクール アイドル フェスティバル」だ。

ゲームのジャンル的には、リズムアクション&アドベンチャーといったジャンルに分類されるが、ラブライブが人気を博しているのはそのキャラクター力とラブライブ自体の驚異的なブランディング力にあると言える。

ラブライブは、主人公となる女子高生アイドルグループが人気のアイドルを目指して歌って踊り、その成長と活躍が描かれたアニメで、驚異的な勢いで熱烈なファンを獲得している作品だ。

ラブライブは映画化もされており、その興行収入は2013年にヒットした魔法少女まどか☆マギカが達成した20億8000万円を超えており、異例の大ヒットも記録中だ。

さらには、ラブライブから生まれた楽曲が何曲もポップミュージックランキングに食い込むなど、多方面において莫大な経済効果を生み出している。

そのラブライブのゲームコンテンツを手がけるのがKLabであり、これだけの人気を誇っているラブライブのスマホゲームの人気も圧倒的なものとなっており、不定期に行われるゲームのアップデートもされ、KLabの手がける「ラブライブ」のゲームコンテンツの価値は高まっている。

アイドル・アニメ・萌えキャラ・音楽・映画という分野を網羅しているラブライブのゲームは、ゲーム業界においても大きな経済効果を生み出す金字塔であり、KLabの業績や株価にも大きな影響を与える材料となる。

KLabが手がける「ラブライブ」のプロモーション動画もチェックしておこう。

本命ゲーム関連株KLabの企業情報

ゲーム関連株KLab企業情報

社名

株式会社KLab

事業内容

ゲーム事業

代表取締役社長

真田 哲弥

設立年月日

2000年8月1日

従業員数

575名(2015年6月末)

資本金

44億9044万円(2015年6月末)

株式公開市場

東証一部

本社住所

〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

下記にKLabの公式ツイッターやFacebook、などのリンク先を紹介しておく。
本命のゲーム関連銘柄であるKLab【3656】の株価動向を分析するうえで、重要な材料となるニュースや発表のチェックに役立つはずだ。

KLabのオフィシャルWEBサイト

KLabの公式YOUTUBEチャンネル

KLabの公式FACEBOOKページ

KLab真田社長のTWITTER

KLabの広報TWITTER

KLabの広報ブログ

当ブログでは引き続き、明日の決算発表を控えるソーシャルゲーム関連銘柄の本命KLab【3656】を注視していく。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。