カジノ法案関連銘柄 法案成立で急上昇する銘柄

ごきげんよう、株王獅子丸だ。
カジノ法案が14日の参院本会議に続き、衆院本会議でも可決されたことでついに成立が決定した。第1号の開設だが、早くても2022年~23年になるとみている関係者が多い模様だ。

政府が急ピッチで決めなければならないのが、場所や参加企業の選定になるだろう。この参加企業候補に上がってくると思われる銘柄を今回は予想してみたい。

まずはカジノ法案について少し話しておこう。

cazinokanrenmeigara1

カジノ法案

「カジノ法案」の正式名称は「IR推進法案」とだいぶカジノと掛け離れた名称となっているが、IRとは英語で「Integrated Resort」の略であり、日本語訳では「統合型リゾート」となる。

この「統合型リゾート」とは、娯楽施設や飲食施設、宿泊施設などの様々な施設が合わさったエンターテインメント施設のことをいう。そう、娯楽施設の中には、もちろんカジノが含まれているのだ。

そして忘れてはいけないことを一つ、諸君らに伝えておこう。

カジノと刑法

日本におけるカジノは現在違法となっている。
これは刑法で「賭博罪」として禁止されているからである。

今年の4月にバトミントン男子の桃田賢斗選手と田児賢一選手が、違法カジノ店に足を運んだことによって賭博罪で捕まったことはまだ記憶に新しい。

では、賭博罪に問われるはずの競馬・宝くじ・パチンコ等は、何故「公営ギャンブル」と呼ばれ公に認められているのか?
これは、それぞれに特別法が定められていることにより、刑法の対象外となっているからだ。

今回もそれと同様、カジノ法案が可決されたことによって、従来の公営ギャンブルと同じく特別法が定めらたという事になる。結果、「統合型リゾート」によるカジノは違法とはならなくなったのだ。

このカジノ法案に関しては約10年間議論が続いていたが、ここでようやく終止符が打たれたと言えよう。

カジノ法案関連銘柄

【4681】リゾートトラスト

リゾートホテルは、高級ホテル「エクシブ」やシティホテル「ホテルトラスティ」などを運営していることからも、国内におけるリゾート会員権のシェアはトップを誇り、会員制リゾートホテルで首位となっている企業だ。
また、日本経済新聞社が発行している日経MJのサービス業総合調査によると「2010年まで会員制リゾートクラブ部門19年連続売上高No.1」との調査結果がでている。

近年では、過剰投資によって破綻した企業から物件を買収することでも事業の拡大をしている。

参加企業の選定でかなり有力になってくるのではないだろうか。

【9713】ロイヤルホテル

関西の迎賓館と呼ばれるているリーガロイヤルホテルなど、「リーガロイヤル」の名が付く高級ホテルを展開している。
「統合型リゾート」の候補地にあがっている大阪「夢洲(ゆめしま)」は、インフラ整備をはじめ雇用や集客も見込めるなど、経済効果は5兆円超という試算があり、候補地としてかなり有力な場所となっている。

これらを踏まえると、参加企業の選定候補にロイヤルホテルが有力となってくる。

【9708】帝国ホテル

高級ホテルの中でも日本を代表するホテルの一つと言っても過言ではない。

また、「統合型リゾート」を建設することで外国人観光客が増えることが予想できる。
それを考えれば、外国人顧客の多い同社が候補に挙がってくることは間違いないだろう。

また、フランク・ロイド・ライト設計のライト館など、歴史あるホテルがあったことでも有名だ。

【9723】京都ホテル

京都の名門ホテルとして京都では有名なホテル会社だ。
また、経営再建策の一環としてホテル業界の御三家ホテルオークラとの業務提携をしている。

御三家ホテルオークラが上場していないことから同社を選んだが、京都ホテルの主要株主でホテルオークラは同社の株を31.66%保有しているなど関係が深い。

【1812】鹿島

超高層ビル・耐震・原発など先端分野に強いことで知られている建設業界大手企業だ。
そんな鹿島は現地企業との合弁で、シンガポールのセントーサ島で海外リゾートの設計・施工を請け負った実績がある。「統合型リゾート」の実績としても注目しておきたい。

カジノにおける経済効果

カジノ開業前の時点で、施設建設やインフラ設備などから約1兆4711億円の経済効果が得られると試算されている。
さらにこれに雇用や集客を見込めば、最終的な経済効果は5兆円ほどになるのでは…と試算されているようだ。

開業後も年間8億円の効果が見込めることからも、雇用創出にも注目が集まっている。

「カジノ法案」が可決したことによる、これからの日本に期待したいところだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


元SBI証券マーケットアナリスト『相場の福の神 藤本誠之公式 必勝仮想通貨塾』は、仮想通貨の正しい知識と情報を求めるあなたに自信をもってオススメする日本最大級の仮想通貨コミュニティ&スクールだ。簡単メールアドレス登録で今すぐ”仮想通貨3STEPバイブル”を無料で入手することができ、仮想通貨やICOの相談ができる”仮想通貨診断”も利用することができる。正真正銘の本物のプロである藤本誠之氏が発信する仮想通貨情報は絶対必見の価値があるぞ。



あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です